ぎっくり腰専門

渋谷区 ぎっくり腰 整体|ぎっくり腰の専門のアークス整体院

コラム:ぎっくり腰の一番の恐怖とは

渋谷区へと24時間体勢でぎっくり腰の往診に駆けつけております。

〔目次〕このページの各章の概要を紹介して行きます。興味をお持ちになられた部分をご覧になってください。

◆第一章

渋谷区とぎっくり腰の関係

  1. CM渋谷区とぎっくり腰の関係渋谷区は坂道が多くて足腰の負担を招く。太腿の裏の筋肉が固くなって起こるタイトハムストリングスによるぎっくり腰が多いです。渋谷区に特化したのがアークス整体院です。

ぎっくり腰の施術依頼はこちらぎっくり腰の治療依頼でしたら→090-2413-0651電話1本で緊急出張します。24時間対応


◆第二章

ぎっくり腰の一番の恐怖

  1. 概要:痛みによる先の見えない不安が人を過剰な対応に駆り立ててしまう。
  2. 質問:ぎっくり腰の一番の恐怖とは?
  3. 回答このまま二度と立てなくなるのではという不安、痛みは恐怖に陥る
  4. 不安とは?先が見えない思い
  5. 不安がもたらす影響の例体験談、過剰な対応をしてしまった。
  6. なぜ過剰な対応をしたのか?恐怖から解放されたいという気持ちになり冷静さを失ったから。

◆第三章

椎間板がつぶれるぎっくり腰

  1. 概要:稀な背骨の軟骨のクッションが潰れるぎっくり腰は昔は手術が必要だといわれたけど実際には寝ているうちに治る
  2. 椎間板がつぶれるぎっくり腰背骨の軟骨の椎間板というクッションにまつわる内容です。
  3. 内容椎間板が押しつぶされて内容物の髄核が突出して神経を刺激する。かつては手術になるといわれていた
  4. 新しい説突出した髄核は、周囲の組織に吸収されるため自然治癒が可能。ただし、期間の目処が立たない。
  5. 対策ぎっくり腰の初期にしっかりと整体をご利用いただくこと

◆第四章

「狭窄症(背骨が狭まるぎっくり腰)にエアロバイクは?」

  1. 概要:高齢者が陥る狭窄症という腰痛では、運動療法は腰痛効果よりも、転倒対策を一番に考慮しよう。
  2. 質問背骨が狭まるぎっくり腰(腰を曲げて、杖に寄り掛からねば腰や足が辛くなる症状)。エアロバイクの負荷は治療に効果がありますか?
  3. 回答病気が治るかどうかではなく高齢者の運動では絶対の条件がある。
  4. 条件とは?絶対に気をつけるべきことが安全性
  5. 安全性で最も肝心なことは?転倒事故、特に足の筋力の低下を伴うから
  6. 期待できる効果腰痛よりも内科疾患や循環器疾患の予防
  7. 腰への効果は?無理な負担を掛けないことが目的。腰自体を鍛えるならば水中ウォーキングの方が良い
  8. 水泳で鍛える注意痛みの出ない優しい関節範囲で行う。足を沢山動かして、全身の血流を活発化させれば、腰部も改善して行く
  9. CM渋谷区のぎっくり腰の整体でしたらアークス整体院へぎっくり腰のときには緊急連絡をお待ちしております。

渋谷区のぎっくり腰の整体はぎっくり腰専門へ

渋谷区と申しますと東京23区内の中ではもっともぎっくり腰が多いエリアであることはご存知でしょうか?私どももプライベートで渋谷区に出かけるときにはあの坂道の急峻な地形はやはり足腰に答えます。若い人の人口比率が昔から高く、坂道なので若者にとっては地価が安く暮らし安いという意味で急速に若者人口が膨らんで、また出会いとにぎやかな暮らしを求めて全国から若者が集まってきますので若者の町として発展を遂げた背景があります。しかし、日常生活で足腰を酷使しますのでどうしても太腿や腰の筋力を酷使してしまい筋肉が慢性的に固くなってしまうのです。渋谷区と申しますのはセンター街あたりが平地になっておりますが、それ以外のエリアはほとんど坂道で構成されることから下半身の筋肉の緊張からタイトハムストリングスという病態を引き起こして腰を屈めたり反らしたりしたときに下半身の筋肉が腰部の動きを妨げてしまい抵抗が加わることで腰が痛め安いと言われているわけです。渋谷区の皆様にとって少しでも快適な日々を過ごしていただけるように日中は電車での移動、そして夜間や深夜ならば車での移動ができます。緊急のときにはいつでもアークス整体院へとご連絡なさってください。

電話1本で 緊急出動致します。ぎっくり腰

メニューに戻る

〔第一章〕質問:ぎっくり腰の一番の恐怖とは?

渋谷区の皆様、ぎっくり腰についていくつかお話をさせていただきたいと思います。第一章のテーマとしてはぎっくり腰に陥ったときになにが一番の恐怖なのかについてです。ぎっくり腰になられた方に共通することは、突然何の前触れもなく激痛に襲われてしまい、立ち上がることもできなくなりますよね。どんな恐怖があるのでしょうか?

メニューに戻る

回答:このまま二度と立てなくなるのではという不安、痛みは恐怖に陥る

最大の恐怖はやはり、
「もう二度と立ちあがれなくなってしまうのでは?」
という不安に襲われてしまうことです。
痛みというものは、人を恐怖に陥れます。私自身も整体師になる前にはぎっくり腰を何度も経験したことがあります。私の場合は突然の痛みによって歩くことはできましたが、腰が痛くてまったく腰を屈めることができませんでした。

そして、痛みから生じる不安が

「このまま立てなくなって障害者になってしまうのでは?」
「何かの重篤な病気なのでは?」
と、得体の知れない心配を抱かせてしまうのです。

メニューに戻る

不安とは?先が見えない思い

そして、病院に行ってみたものの特にシップを渡されるだけで何にもしてもらうこともできず、思わず医師に訪ねてしまいました。

「これは治るんですか?」
すると医師はこのように答えるのです。
「骨には異常ないし大したこと無いから、大丈夫だよ」

この一声を聞いてようやく安心しましたが、やはりいつまでこれが続くのかと思うと不安に思うことは無理もありません。

メニューに戻る

不安がもたらす影響の例:体験談

ぎっくり腰以外にも、学校の部活動で膝の靭帯を損傷したことがあります。このときも闇雲に不安に駆られました。痛みによって全く歩くことができなくなってしまい、本当ならば包帯と簡単な針金シーネ、もしくはテーピング固定を1週間すれば患部の炎症が治まり済むようなものであっても、障害に対しての無知から数万円するような丈夫なコルセットを奨められて購入してしまいました。しかし、そういった多額のコストを掛けても数週間後に痛みが完全に収まればまったく使わなくなるものだったのです。

メニューに戻る

なぜ過剰な対応をしたのか?恐怖から解放されたいという気持ちになり冷静さを失ったから。

多くの場合は患者様にとって前触れもなく激痛に襲われることで本当に不安な毎日を余儀なくされます。もしもこの恐怖から開放されるのならばたとえお金がある程度かかっても構わないこのような気持ちにさえさせてしまうのが痛みであるのです。

しかし、冷静になって考えていただきたいのです、なぜ我々のような専門家が世の中に存在するのかということを。

もしもこのような不安をお持ちでしたら、ぜひとも当院までご相談くださいませ。

メニューに戻る

椎間板がつぶれるぎっくり腰に関して

ぎっくり腰というのは腰部に発生した重度の激痛発作のことです。これによって痛みが発生して、立ち上がることが困難になって若い年齢にも関わらず寝たきりの生活を余儀なくされてしまうこともあります。

そして、これに陥ったときに必ず頭をよぎるのは椎間板ヘルニアではございませんでしょうか?

メニューに戻る

内容:椎間板が押しつぶされて髄核が突出して神経を刺激する。この病気は、かつては手術になるといわれていた

この病気は、腰にある椎間板という組織が無理な体勢によって腰椎の椎体間で押しつぶされてしまい線維輪と呼ばれる周囲の組織が破断してしまい椎間板の中の髄核が、突出することで腰部の神経を刺激してしまい、立てなくなってしまうものです。

この病気に陥ってしまったときに、昔は痛みが数週間経っても引かぬ場合は手術をせねば治らないといわれておりました。というのも腰痛が発生した直後は、その部位で炎症が発生しているからです。ところが、炎症が3週間ほどで完全に収まってしまえば腰部の椎間板から生じる痛みはそれ以上改善することはありえないと考えられていたからです。

メニューに戻る

新しい説:突出した髄核は、周囲の組織に吸収されるため自然治癒が可能。ただし、期間の目処が立たない。

ところが、近年ではこの脱出した椎間板も自然治癒で回復が得られることが研究によって明らかにされました、これによって手術以外の選択肢の幅も広がったのです。

この吸収に要する期間は、人それぞれで、数ヶ月から長い場合は数年掛かってしまうこともあるのです。

つまり、炎症期が収まって腫れが引いても痛みがある場合は、コルセットなどで固定して痛みが我慢できるところまで収まれば良いのですが、吸収されるまでの期間の目途が立ちませんので痛みが酷ければ、今の現状では手術を第一選択されることが多いことも事実であるのです。

メニューに戻る

対策:ぎっくり腰の初期にしっかりと整体をご利用いただくこと

もっとも大切なことは痛みが軽度なうちに整体をご利用していただくことであります、ここで注意すべきことは整体にも幾つか種類がございまして、リラクゼーションや気持ちよさを目的としたものでは大した効果を得ることには繋がらないということです。ぎっくり腰の予防を目的とした術式をお選びになっていただくことが重要となるのです。

アークス整体豊島院はぎっくり腰の専門整体院ですので是非ともご安心してご利用くださいませ。

メニューに戻る

質問:背骨が狭まるぎっくり腰(腰を曲げて、杖に寄り掛からねば腰や足が辛くなる症状)。エアロバイクの負荷は治療に効果がありますか?

アークス整体院は日本全国の腰痛患者様からのぎっくり腰や腰痛など腰に関してのお悩みのお便りを受け付けております。今回に関しましては腰痛疾患の中でもご高齢者に多い背骨が狭まるぎっくり腰(腰部脊柱管狭窄症)というものです。

この病気というものはご高齢者が腰を曲げている最も大きな原因に関係しております。彼らは腰を屈めて折らねば足が痺れてしまったり腰やお尻などが痛くなったりと辛くなってしまうのです。このような症状を改善するためにエアロバイクでの運動負荷は効果が期待できるのか?というお悩みです。

メニューに戻る

回答:病気が治るかどうかではなく高齢者の運動では絶対の条件がある。

ではこれについてお答えいたしますと、まずエアロバイクが良いとか水泳が良いとかいう方法論は別の問題としてご高齢者の場合では非常に気をつけることがあります。若い人と異なり絶対に気をつける条件が存在するのです。

メニューに戻る

条件とは?絶対に気をつけるべきことが安全性

その絶対に気をつけるべきことは何なのかと申しますとそれが安全性になります。もちろん若い人でもこれは大切なことですが、若い人には自然治癒力がありますので、仮に多少のケガなどを負っても大事には至りません。しかし、ご高齢者の場合にはそういうわけには行きません。若い人ならば軽いかすり傷程度のものであっても体力や体の構造の弱まっている方々ならば取り返しの付かぬことになるのです。

メニューに戻る

安全性で最も肝心なことは?転倒事故、特に足の筋力の低下を伴うから。安定性に優れるなら良い。

そして、さまざま気をつけることがあるのですが特に気をつけることが転倒事故です。急に立ち上がったりしますと転倒してしまいます。それまで何年も掛けて体をいたわってきたのにたった1回転んでしまったことにより骨が折れて寝たきりの生活になってしまうことなど決して珍しくありません。ですから、ご高齢者の場合は、運動をすることによってどのように効率的に体を鍛え上げるかということよりも優先すべきことが転ばぬようにすることなのです。

そして、この病気ではとくに足や下半身の筋力の低下を伴います。そのため立った状態で行うようなトレーニングなどでは足元が安定せずふらついて転んでしまうこともあります。したがいまして、転倒の危険性がないエアロバイクなど安定性の優れたメニューを行うのです。

メニューに戻る

効果:腰痛よりも内科疾患や循環器疾患の予防

このようなメニューというものは腰を治すというよりも、足腰の衰えたご高齢者に陥りがちな運動器(骨・関節)疾患にともなう内臓などの機能低下や循環器系などの負担増加、高血圧・心臓などの負担軽減などによって内科疾患や循環器疾患など病気全般の予防につながります。もちろん足を鍛えることで腰の筋肉の負担の軽減にもつながることでしょう。

メニューに戻る

腰への効果:無理な負担を掛けないことが目的。腰自体を鍛えるならば水中ウォーキングの方が良い

では、腰そのものの強化に関しましてはどうかと申しますと、実は腰そのものはそれほど鍛えることができません。

もしも、皆様が腰を強化したいと御考えになられるのでしたら、腰のツイストや前後屈などを沢山行う、水泳のバタフライやクロールなどを行わねばそれほど鍛えられません。

しかし、すでに腰の骨や関節が衰えていらっしゃるのでしたらそのような大きな腰の動きは大変危険です。したがって水中ウォーキングが一般的には推奨されます。

メニューに戻る

水泳で鍛える注意:痛みの出ない優しい関節範囲で行う。足を沢山動かして、全身の血流を活発化させれば、腰部も改善して行く

ですから、もし仮に行うとしたら痛みの出ない範囲で優しくドルフィンキックなどの運動を取り入れたりビート板を使って常に片手を板に乗せた状態で優しくクロール動作をするなど、関節可動域を無理の無い範囲で鍛える必要があります。

エアロバイクというものは上半身を前傾させて、体重を前方により掛けた状態で行うことができますので、基本的には腰の筋肉はそれほど使いません。しかし、足という大きな筋肉を使いますので足の筋肉がミルキングアクション(血液を拍出するためのポンプの作用)を担いますので腰部に循環する血流を結果的に増大させて腰部の代謝を改善し、腰を強化することにはつながります。長期的に続けることで腰の脆弱化した状態から回復させることにはつながるでしょう。

メニューに戻る

渋谷区のぎっくり腰の整体でしたらアークス整体院へ

それではここまでご覧になってくださいましてありがとうございました。渋谷区でぎっくり腰になられてしまわれたときにはアークス整体院がすぐにでも駆けつけますのでどうかご安心してご利用なさってくださいませ。

メニューに戻る

恐怖

  1. どういった恐怖があるの?最大の恐怖は無知、いつまでこの状態が続くのかと闇雲に不安を抱いてしまう。
  2. ぎっくり腰は恐怖体験による回避行動が再発をまねく 痛い経験をすると過度に恐怖心を抱いて極端な逃避反射、回避行動、動かない生活習慣を取るようになり腰痛を再発させやすくなる。
  3. ぎっくり腰の恐怖最大の恐怖は無知であること。予期せぬことなので全く心の準備が出来ていないため不安を抱く
  4. 想像力が腰痛を起こす人は知らないことを過度に恐れ、不安を抱くもの。最悪の想像をすることでストレスを蓄積して腰を患うこともある。
  5. 無知からの脱却について腰痛患者の最大の問題点は無知から過剰な恐怖心を抱いてしまうこと。恐怖心の多くは学習によって克服することができる。
  6. 腰痛患者の運動の恐怖について足腰が衰えると歩くときのバランスが不安定で転倒の恐怖から運動療法が出来ない。
  7. 転んだら骨折しそうで怖い高齢者に多い骨折は手首、腕の付け根、股関節、背骨の4箇所です。

原因別

きっかけ①スポーツ、②生活場面、③交通事故・怪我、④家事労務、⑤クシャミ、⑥共通

腰痛メカニズム●原因概要、●腰痛メカニズム、●筋肉メカニクス、●ボディーメカニクス

ヘルニアヘルニア(●新説、●過去説、●運動、●きっかけ、●気をつけたいこと、●症状、●対応、)

椎間板、腰部脊柱管狭窄症椎間板(●腰痛と椎間板、●腰部椎間板)、腰部脊柱管狭窄症(●狭窄症、●症状、●対応)

坐骨神経痛①●坐骨神経痛、●筋トレ・運動、●筋肉、●判別が必要な病気、●股関節疾患の判別、●仙腸関節障害との関係

坐骨神経痛②●兆候、●一般症状、 ●随伴症状(坐骨神経痛だけの特有のものでない症状)、●対応、●セルフケア、●生活習慣、●医療機関の実情

持上げ動作●きっかけ、●持ち上げ・持ち運び、●持上げる方法、●無理のある考え方、●考え方、●持上げる仕事、 ●抱っこ腰痛)

体型●やせ型の力学的要因、●痩せ型、●肥満、●その他体型

力学●力学、●慣性、●偏り

筋肉(総論)●筋肉と腰痛、●深層筋、●筋肉全般(腰痛と関係しないもの)、●筋肉量、●腰部筋群

筋肉(個別筋)●背筋、●下後鋸筋、●多裂筋、●腰方形筋、●腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)、●大腿四頭筋、●ハムストリングス、●中殿筋、●臀筋群、●腹筋、●高齢者と腹筋

内科●内科・内臓、●心臓・血管・脈管系、●胃腸、●糖尿病・血糖、●自律神経(交感神経・副交感神経)、●呼吸器系、●風邪・感染症、●遺伝、●その他原因、●原因が分からない

高齢者関連●腰痛の仕組み、●腰痛対策、●筋肉・筋力、●その他、●骨粗しょう症

女性・子供●女性、妊娠、●産後、●子供

心理①腰痛(考え方、ストレス、心因性の特徴、心理的影響)、●治療の考え方、●思考回路・思考パターン、●主義・思想・価値感、●ストレス、●恐怖

心理②●怒り対策、●感情、●対人関係、●防衛機制、●不安、●心理分析、●メンタルケア、●その他心理、●行動指針、●精神病、●脳医学

自然●季節・時期・自然要因、●寒さ、●暑さ、●朝方・早朝、

店舗案内事務的内容・店舗案内

最新ページ最近書いた内容を書き溜めておく場所

基本★基礎知識編、★痛み科学

原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

重点ページ

※特に力を入れて書いたページ(登場人物はすべてフィクションです)

  1. ぎっくり腰で立てない理由脊柱が硬直し、柱のようになる。背中を丸められないと、体がテコでいう不利な状態になってしまう。足に体重移動ができないため立てない。
  2. 30代漫画家男性のぎっくり腰長時間腰掛けて漫画を執筆する男性、座り続けると筋肉の協調性が損なわれてわずかに歩いただけで腰を患うことがある。
  3. ぎっくり腰の一番の恐怖とは?「いつまでこの痛みが続くのか」先が見えない痛みの不安が、人を恐怖に駆り立ててしまう。
  4. トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった便秘がちの女性では排便に力を使い果たしてぎっくり腰を起こすことがある。潔癖症で便座に腰掛けられない人は腰を患う。    
  5. デッドリフトで腰を痛めた30代男性仕事の休日の日にトレーニングジムで体を鍛えようとして逆に腰を患ってしまう。
  6. 建築デザインをする男性のぎっくり腰東京オリンピックに向けて建設ラッシュが続く中で過労からもたらされたぎっくり腰だった。関節可動域が明らかに低すぎるケース
  7. 仕事の出張でぎっくり腰になった荷物を持上げてぎっくり腰になる典型。しかし、軽い荷物でも、自分の体重を含めた重量に着目する。上半身の重みが一番の凶器
  8. 中国人観光客、モンファさんの症例言葉が通じない外国人であっても決して失礼は許されない。ぎっくり腰の治療はコミュニケーションは必須です。
  9. ぎっくり腰のときの寝返りの方法両手両膝を持上げたり、テコのように使うと楽に寝返りが打てる。介護テクニック
  10. ぎっくり腰になったらどうするのか?慌てて救急車を呼ばないように気をつけましょうね。冷静になることがまず必要です。
  11. 生後間もない赤ちゃんの抱っこでぎっくり腰になった抱っこのしすぎでぎっくり腰になった症例。背中の僧帽筋から由来する症状だった。
  12. 車から降りるときにぎっくり腰になった車から降りようとして腰を捻ってぎっくり腰になった症例。仕事の出張の出発直前に腰を痛めてしまう。
  13. 腰方形筋によるぎっくり腰ブラジルから帰化した江川さん。小屋暮らしの貧しい少女時代だった。日本での忙しい日々でぎっくり腰を患う。
  14. 子育ての疲労によるぎっくり腰まさかの40代での第三子の出産、ようやく外で働けると思った矢先の出来事だった。子育ての過労からぎっくり腰になる。
  15. 座っているとお尻が痛くてたまらないお尻の中殿筋に筋スパズムが生じたものがある。痙攣した筋肉は股関節を曲げることで引っ張られると強烈な拒絶反応を起こす。
  16. スチュワーデスのぎっくり腰長いフライトの最後で腰を痛める。話ぶりから、単なるぎっくり腰ではなく、心因性腰痛であることがわかる。
  17. ぎっくり腰予防に必要な栄養素は?鉄分やたんぱく質も大切だけどそれ以上にカルシウムが必要。カルシウムは日本人全てが不足しているから。
  18. ブロック注射で治らないぎっくり腰を改善した藤田さんの症例、脊柱起立筋が痙攣を起していた。ブロック注射でも直らないが筋肉の末梢牽引で痙攣は取れた。
  19. 3歳の娘を抱っこしたらぎっくり腰になった体重の24%を上回ると腰を痛めるリスクが高まる。ところが3歳ぐらいで24%に達してしまうためぎっくり腰になった。

恐怖

どういった恐怖があるの?

ぎっくり腰は恐怖体験による回避行動が再発をまねく

ぎっくり腰の恐怖

想像力が腰痛を起こす

無知からの脱却について

腰痛患者の運動の恐怖について

転んだら骨折しそうで怖い

原因別

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板、腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然

店舗案内

最新ページ

基本

原因別

部位別

症状別

睡眠・寝る

対応・対処

運動・ダイエット

仕事

姿勢

息抜き用

東京都

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰

東京都豊島区南長崎3-15-12 402

◆ぎっくり腰の緊急依頼
→電話番号
090-2413-0651

重点ページ

※特に力を入れて書いたページ(登場人物はすべてフィクションです)

ぎっくり腰で立てない

30代漫画家男性のぎっくり腰

ぎっくり腰の一番の恐怖とは?

トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった

デッドリフトで腰を痛めた30代男性

建築デザインをする男性のぎっくり腰

仕事の出張でぎっくり腰になった

中国人観光客、モンファさんの症例

ぎっくり腰のときの寝返りの方法

ぎっくり腰になったらどうするのか?

生後間もない赤ちゃんの抱っこでぎっくり腰になった

車から降りるときにぎっくり腰になった

腰方形筋によるぎっくり腰

子育ての疲労によるぎっくり腰

座っているとお尻が痛くてたまらない

スチュワーデスのぎっくり腰

ぎっくり腰予防に必要な栄養素は?

ブロック注射で治らないぎっくり腰を改善した

3歳の娘を抱っこしたらぎっくり腰になった