ぎっくり腰専門 アークス整体院

坐骨神経痛の兆候・症状、対応

結論:坐骨神経痛は症状に浮き沈みがあるが、放っておいてそのうちに治るものではない。自主的に治療に取り組む必要がある。

坐骨神経痛兆候

坐骨神経痛は腰を基点とし、腰から遠くに痛みを来たすものほど重症とされます。例えば太腿よりも足先の症状の方が重症という見方をされます。



坐骨神経痛一般症状

坐骨神経痛では様々なところに圧痛点と呼ばれる症状を見ることがあります。押したときにジーンと響くような部分はありませんか?痛みがないときもそういった部分には注意しましょう。



坐骨神経痛の随伴症状

足やお尻がフニャフニャだったり、ちょっと立ち上がるとめまいがしたり、ふらついたり、坐骨神経痛の患者さんはちょっとした体の不調を合併しやすいです。これらは全て体力の低下した人にみられる症状。



坐骨神経痛の対応

セルフマッサージやストレッチをする人は多いです。しかし、効果を実感されている方は少ないのでは?ちょっとした心がけだけで痛みを防げるものもあります。



坐骨神経痛セルフケア

セルフケアでは、ご本人の苦痛や努力感を伴わずに出来る楽なものを取りまとめました。座っているだけでいいもの、歩くことが困難でも取り組めるものもあります。



坐骨神経痛と生活習慣

坐骨神経痛の患者さんで意外にありがちなのが和式の生活、足腰に不自由を感じている方はイスやベッドに切り替えるだけでも苦労が減ります。



坐骨神経痛と骨格

生まれつき股関節の骨のはまり具合が浅い人は、お尻の筋肉の負担が増えてしまい、お尻を患いやすいです。赤ちゃんのときの足が脱臼していたという方は注意したい。



坐骨神経痛の医療機関の実情

足が痛い人に「坐骨神経痛です」と診断をする医者は多いです。ところが、ベルトラインよりも低い箇所の痛みをすべて坐骨神経痛と一色単に読んでいる先生もいます。



坐骨神経痛関連

管理者用ページです。ご覧いただく内容はご用意しておりません。



案内ページ
腰痛の原因別
店舗案内
案内サイドメニュー|アークス整体院
案内サイドメニュー|アークス整体院
原因別サイドメニュー|アークス整体院
原因別サイドメニュー|アークス整体院
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体