ぎっくり腰専門 アークス整体院

サイトマップ85

  1. 慢性腰痛の背後にはトリガーポイントがあるトリガーポイントが関連痛をつくり、広がっていく
  2. あぐらは背中が丸くなり、ぎっくり腰になる正座、もしくはイスに腰掛けることがきれいな姿勢を保てて良い
  3. 筋・筋膜性腰痛の放散痛の仕組み痛い箇所が別のところに飛び火して、新しいトリガーポイントを作り出してしまう。
  4. 脳が痛みを感じ取る仕組み注意を向けた情報だけを認識する
  5. 坐骨神経痛は、医療機関では間違った診察を受ける坐骨神経痛の多くは筋肉痛である。
  6. 慢性腰痛の着目するべきストレス反応症状ストレス症状が見られたときには心理・社会的要因を疑う
  7. 緊張性の腰痛には、痛み止めはその場しのぎでしかない腰痛は原因を特定することが必要
  8. 腰痛の大分類一次性、二次性など
  9. 慢性腰痛は人間だけに起こる動物実験では筋肉のコリを作ること自体ができない
  10. 病院の医療では腰痛治療が難しい現状について専門分野だけを学ぼうとするため、少しでも専門外のことがあると対応できない。
  11. ストレートネックと腰痛の関係ストレートネックは背骨全体が前傾する。腰椎に負担が加わる。
  12. 肥満による腰痛が起こる社会的背景食品業界やテレビ業界は肥満者によって支えられているから
  13. 運動に着手する方法最初はどこかで指導者から教わった方がいい
  14. ぎっくり腰の発生の9割のきっかけ些細な日常動作で起こる。咄嗟の動作に気をつける。一旦立ち止まるクセを付ける
  15. 甘いものは肥満腰痛を起こす甘味料の中毒性は満腹中枢を働かせない
  16. 自然に近い食材は肥満症による腰痛を防ぐ加工・精製された食材ほど太りやすい
  17. ぎっくり腰は通院途中で痛くなる痛みで動作に時間が掛かりすぎてしまい、移動中に悪化しやすい。
  18. 心はなぜ腰痛を選ぶのか 書評感情の抑圧によって危険な感情にならないように痛みとして身体症状をおこしている
  19. 書評 これで安心!腰痛・坐骨神経痛~痛み・しびれの悩み スッキリ解消!坐骨神経痛に関して詳しく記されている数少ない本の一冊です。
  20. 『背骨のしくみと動きがわかる本』書評場当たり的な腹筋トレーニングや腰痛対策を指導する本よりもやるべきポイントが分かり易いです。
  21. 『その痛み、なんとかします』書評痛みについて独自の考えで理論体系化されている本
  22. 寝正月はぎっくり腰になるずっと側臥位で過ごすと背骨に側弯クセがついてバランスが崩れるため、腰を患いやすい
  23. ドライバーのぎっくり腰は渋滞ラッシュによる同じ姿勢によって腰が硬直する。体を休ませたくても渋滞は運転姿勢を強制される。
  24. 長時間の運転によるぎっくり腰の対策体を横たえることができるワゴン車を選ぶこと
  25. 長時間の運転による腰痛の簡単な対策朝早くに移動すると、渋滞につかまらない。固定姿勢を強いられないため楽に過ごせる
  26. 側臥位姿勢からもたらされるぎっくり腰の防止法首を先に起こして顔を水平に保ってから起き上がる
  27. ぎっくり腰の発生理由、腰を丸める姿勢によるもの腰を丸めると背中の筋肉の緊張を強いる。オットセイのように腰を反らして丸くなったクセを正すと良い。
  28. ぎっくり腰、姿勢の状態と休憩について固定姿勢で背中の筋肉を酷使したときに腰を丸くすると反射によってぎっくり腰が起こる。背中を休めよう。
  29. 固定姿勢のぎっくり腰、発生部位で多いもの背中を悪くすることが多い。
  30. ぎっくり腰の発生原因、首や手の露出機能性が高い首や手はついつい薄着になりがち。寒さを防止するだけでもぎっくり腰は減る
  31. 循環器系負担によるぎっくり腰について筋肉を働かせない状況は心臓や血管の血流循環の負担となる。
  32. 循環器系負担によるぎっくり腰の対策1日1時間は歩くようにする。
  33. 食事による循環系負担によるぎっくり腰運動量に比例しない食事量の増加に気をつけよう。
  34. お餅が原因となるぎっくり腰お餅は血液がドロドロになり腰の血液循環を悪くする。
  35. クシャミによるぎっくり腰は粘膜反射によって起こる急に屋外の冷たい空気を吸うと体がビックリしてクシャミが出る。マスクが有効
  36. 筋トレ、最大挙上重量1回しか持ち上げることができない重量を目安にする。10回反復できる回数が筋肉発達に適切な強さとなる
  37. 筋トレの間違い、一日で挫折する人の共通点きついことをしないといけないという思い込みがある
  38. 筋トレ、クールダウンの目的筋肉の運動神経の興奮を下げる。緊張を和らげる
  39. 骨盤からもたらされているぎっくり腰の痛みの要因骨盤の傾きによる
  40. 反り腰で痩せ型の腰痛対策は食事筋肉を増やしたいならまず栄養摂取を増やすこと
  41. 無知から起こる間違ったぎっくり腰対処腰痛持ちだから腰が痛いという思い込みにより初期の対処をしていない
  42. 高齢者の慢性腰痛、側臥位の痛みの出ない方法ウエストに丸めたロールタオルを挟むと胴体が安定する。
  43. ぎっくり腰から慢性腰痛に移行させないための重要なこと局所的な処置ではなく、全体の調和を高める治療が必要。
  44. ぎっくり腰防止に有効な「の」の字療法について股関節を「の」の字を描くように動かすと筋肉の短縮が取れる
  45. お尻の隠れぎっくり腰の見つけ方足を四の字に組んで股関節を反らす
  46. お尻の痛みは股関節周囲筋による軟骨の磨り減りや骨の変形が痛みの原因ではない。
  47. 病院でのお尻の痛みの扱い進行性の変形性股関節症だと考えるケースがある。
  48. お尻の筋肉に負担を掛ける背景となるもの生まれつきの股関節の病気
  49. お尻のホッペに痛みを来たす病気の種類坐骨神経痛が多いがそのほかにも色々ある。
  50. 内転筋が固くなるとぎっくり腰になるO脚となり、膝や腰の負担が増える
  51. 腰痛防止には足の効率的な力の発揮に着目する。足の指は斜めに曲げ伸ばしする特徴がある。
  52. 反り腰の腰痛対策のセルフケアとは?腸腰筋を伸ばすストレッチが良い
  53. 育児法でケツの痛みを防げる自然な股関節の形状を意識すると良い。
  54. ケツの痛みと類似する症状坐骨神経痛と変形性股関節症、他にもある
  55. 不安が強い人はコルセットの長期使用も仕方ない不安によって動けないぐらいなら、多少の筋肉が落ちてもコルセットを装着した方が良い。
  56. ぎっくり腰に陥りやすい偏った姿勢とは反った姿勢と丸くなった姿勢
  57. ぎっくり腰の原因となる筋肉のコリとは?運動神経の興奮により筋肉の緊張が亢進した状態のこと
  58. 子供猫背による腰痛の日常ケア姿勢の価値観を教育すること
  59. 高齢者の慢性腰痛の痛みを抑える歩き方ゆっくりとチョコチョコと動くと腰の負担が減る
  60. ぎっくり腰患者が日本に多い理由健康教育の普及がほとんど進んでいないから。
  61. 高齢者の慢性腰痛治療のためのエクササイズエアロバイクが良い
  62. ぎっくり腰の防止のためのストレッチの誤解決してお餅が伸びるように筋肉が柔らかくなるのではない。筋肉の興奮が鎮まることで緊張が弛む。
  63. 貧血とぎっくり腰の関係筋肉量を増やすとそれに比例して血液量も増える
  64. 腰椎すべり症による腰痛を防止するには?体重の増加によってお腹が突き出すと腰椎がすべる。適度な運動によってお腹をへこませる
  65. 筋トレの間違い、導入3週間目で挫折する理由徒手抵抗では筋肉の発達に限度を迎えるから。
  66. お尻のホッペに痛みを来たす病気の種類通常は坐骨神経痛が多い。
  67. ふくらはぎと大腰筋はお互いに助け合うふくらはぎが衰えると大腰筋の負担が増加して腰が反り返ってしまう。
  68. 腰痛の本は選択肢を増やすものであるべき本では一般人ができることを紹介するべき。
  69. 痛み止めは胃粘膜を荒らす乳製品やバナナを事前に食べるとよいこともある。
  70. 体を起こしているだけで腰痛は起こる体を起こすだけでも腰の筋肉に疲労が蓄積される。
  71. ぎっくり腰は疲労や、体調不良のときに起こる疲れたときや体調不良のときだけでもぎっくり腰に気をつける。
  72. お尻の痛みには判別するものがある股関節の病気や、関節リウマチなど
  73. 変形性股関節症によるお尻の痛みは、一時的なもの変形は一旦安定するとそれ以上悪化を辿ることは少ないです。
  74. 不安に蓋をすると余計に体調を悪くする重箱の隅を突くように検査数値を気にしすぎると余計に不安になる。
  75. 骨盤の状態と仙骨の温度について仙骨が冷えているときには婦人科系疾患を起こしやすい。
  76. ヘルニア患者の手術の判断無理矢理強制されることはない。
  77. 慢性腰痛のヘルニアによる脊髄圧迫を軽減する方法腰椎の前彎曲を復元する
  78. 腰椎椎間板ヘルニアを治すために絶対に心がけること低い姿勢をとるときには腰をかがめない。胴体を垂直に保って膝の力で上下動する
  79. ぎっくり腰の病理学的特長急性腰痛症である
  80. 腰椎の痛みの感受性腰の組織では椎間板が敏感
  81. 変形性股関節症は骨の変形が痛みの原因ではない。多くが筋肉から由来する痛みである。
  82. 腰痛防止のウィリアムス体操の内容とは?日ごろ使っていない体幹の筋肉を意識的に使う体操
  83. 腰椎が壊れても腰痛が起こらないケース筋肉が十分にある人
  84. ぎっくり腰の虚症と実証機能が亢進するのが実症、減退するのが虚症
  85. とくに思い当たることがないのにぎっくり腰になった腰に最も影響を与えるのは万人にもたらされる重力である。
  86. 慢性腰痛の運動療法の頻度について週3回の実施が良い。
  87. 横向きになって寝ると下になった側のお尻が痛い仙腸関節の炎症のことがある。
  88. ぎっくり腰の9割は腰の炎症は軽い筋肉にガチガチに力を込めるから痛みが強くなる
  89. 腰の同じところばかりを患う原因同じところばかりを意識して使ってしまうから。
  90. ぎっくり腰のときの大便の仕方巻きタオルの上にお尻を乗せてお尻の下に隙間を作る。小型便座を挿入して排便する。
  91. 年末特需によるぎっくり腰について年始の休みに備えて沢山の買い溜めをすること。仕事が忙しくてぎっくり腰になる
  92. 仕事収めにはぎっくり腰が増える年始の分の仕事を年末に前倒しでこなすため仕事の負担によりぎっくり腰の発生が増加する
  93. 寝すぎるとぎっくり腰を招く社会全体が休みのためどこにも行き場がないから寝すぎてしまう
  94. 餅つきのぎっくり腰の注意点餅つきをした翌日にぎっくり腰に陥りやすいこと
  95. 初詣はぎっくり腰になりやすい寒さになれていない人が長時間寒空にいると腰の緊張による血流障害からぎっくり腰が起こる。
  96. 正月は長距離移動によりぎっくり腰になる足腰の疲労を蓄積して重心が前方偏移し、腰の痛みを招く
  97. 水分の過剰摂取はぎっくり腰を招く水分を取りすぎると血液が薄まって体力が低下しぎっくり腰に陥りやすくなる
  98. 循環器系の負担はぎっくり腰になりやすい動かずに過ごすと筋肉の活動がないため心臓は血管の負担が増えて腰の血流不良を招く
  99. コタツで過ごすと腰を患う胡坐は腰に悪い
  100. 正月に男性のぎっくり腰が増える理由帰省の長時間の運転、緊張した姿勢が続くことが一因する。
  101. 帰省ラッシュの渋滞はストレスによりぎっくり腰を招く渋滞はイライラするためストレスから自律神経を障害する
  102. ぎっくり腰の発生を招く正月の食品正月料理の中のもっとも高カロリー食材であるお餅がぎっくり腰を招く。体重の増加が背景となる。
  103. お正月は体重増加によりぎっくり腰を招くテレビを見て寝正月で美味しいものを沢山食べるため体重が増加して体が前方に傾く、腰の筋肉の負担が増加する。
  104. お正月に男性のぎっくり腰が増える原因は家事労務をしないから女性・奥様は家事労務の負担が増大する。忙しくて体を硬直させる間を与えないため、ぎっくり腰にはならない。
  105. 正月にぎっくり腰が多い理由、家事労務の負担増大主婦は家事の負担が正月は多いので仕事を分散しよう。
  106. お正月にぎっくり腰が多い理由、頚椎変形寒い時期は屋内でじっと過ごすため頚椎が突出したまま硬直する
  107. お正月は胡坐姿勢によりぎっくり腰が増える家族が一同に会するため胡坐で過ごすことが圧倒的に多くなる。胡坐は腰が丸くなり安く、背骨にクセが付くから。
  108. お正月は下を向く習慣によりぎっくり腰になる書初め、カルタ、持ちつきなど下を向くことが多い
  109. テレビを見る姿勢が悪いとぎっくり腰になる顔が前方に突出すると重心が偏移し、腰の緊張を招いてぎっくり腰を起こします。
  110. 寝正月によるぎっくり腰を防ぐには小まめに体操をする動かずにいると腰部の硬直を招くため、小まめに腰を動かす体操をすると良い。
  111. 寝正月はぎっくり腰になる油断して不意に固定姿勢から動くと腰を患う
  112. 大掃除でのぎっくり腰防止のひと工夫最初は軽い荷物から整理すること
  113. 大掃除のぎっくり腰の簡単な対策は室温を温めることストーブなどで体を温めると腰の筋肉の緊張を生じさせずに安全に作業ができます。
  114. 大掃除のぎっくり腰防止法は寝転んで腰を休めること作業途中に横たわって休むと腰の疲労を抜ける
  115. 大掃除のぎっくり腰を根本的に改善するには?お掃除ロボットを用いて手作業を少しでも減らすこと
  116. 大掃除のぎっくり腰防止法、既存の設備だけで作業の手間を減らすには?換気扇や空気清浄機で、日頃から空気を換気し、チリを減らすこと。
  117. 小まめな換気はぎっくり腰を減らすチリによる掃除の手間を減らすと、腰を痛める可能性を低くできる。
  118. 大掃除でのぎっくり腰を簡単に防止できる装備について足元を見直す、スリッパは踏ん張りが利かないため腰の負担となる。
  119. 大掃除でのぎっくり腰対策は荷物の重さを確かめること重さを確認せずに持上げると腰に力が入っておらず痛めてしまうことがある。
  120. ぎっくり腰にならない高いところの大掃除のやり方高いところの作業は脚立や梯子を使う。
  121. 何も道具を使わない大掃除でのぎっくり腰防止法出来るだけ十分な体操をして準備運動をし、体が温まってから作業を開始すること
  122. 大掃除で重たい家具を動かすときのぎっくり腰防止法あらかじめ腰部コルセットを装着すると良い
  123. 大掃除で重たい荷物を運ぶ場面での簡単なぎっくり腰対策体温が一日で最も上昇する16時に実施すること
  124. 二人で持ち上げればぎっくり腰にならない垂直に持ち上げる場面では2名体勢、水平に動くときには台車で移動すると良い
  125. 重たい荷物を持ち上げる場面ではテコを使うテコで持ち上げてから車輪を噛ませると、少ない力でも相当重たいものを動かせる。
  126. 溝の掃除をするときに腰を痛めやすい床や畳の隙間、ドアのフチなどの溝の汚れを取るときに腰を深く屈めてしまう。
  127. 長い柄の掃除機でぎっくり腰を防ぐぎっくり腰になりやすい中腰を防止できる。
  128. 荷物整理では折りたたみテーブルがあると腰が楽低い姿勢で整理していると腰の負担が大きい。テーブルは立ったまま作業ができる。しゃがまずに済む。
  129. 大掃除でのぎっくり腰を根本的になくしたいハウスクリーニングを利用しよう
  130. 一人でもぎっくり腰にならず大掃除をするにはできるだけ計画的に掃除を進めること。
  131. お正月のぎっくり腰を防止するには年内に治療を受けること体のケアは翌年に持ち越さないこと
  132. 急激な体重増加が腰の負担を増やす。座っていると局部が体重で圧迫されて腰の血流を妨げるから。
  133. 暴飲暴食はぎっくり腰の発生を増やす急激な体重増加が腰の負担を増やす。
  134. 年末年始にぎっくり腰が多い理由は気持ちの緩みによるものリラックスしすぎると筋肉が弛んでぎっくり腰になりやすいです。
  135. 寒いときに外出するとぎっくり腰になる急激に寒さにさらされると血管反射が起こり腰にこわばりが生じぎっくり腰を起こす。
  136. 血管収縮による血流の妨げは腰のこわばりが起こる血管収縮による血流の妨げは腰のこわばりが起こる
  137. 長時間の座位姿勢は腰の強張りをつくり腰を痛めやすくする。小まめな歩行を心がける
  138. ぎっくり腰防止には温かい飲み物体を温めると筋肉のこわばりが減る
  139. ぎっくり腰は気温差が激しいときに起こる気温差が血管反射を招き筋肉の強張りを生じさせると腰を痛めやすい。
  140. 精神的な緊張はぎっくり腰の発生を増やす緊張すると疲労が溜まりやすくなる。
  141. ぎっくり腰の防止には靴下の重ね履き足元からの熱の漏出を減らせる。
  142. お正月にぎっくり腰が増える社会的背景12月度に消費が爆発するから仕事が忙しくて1月にぎっくり腰が多発する。
  143. 餅つきでぎっくり腰にならないためには?交代で行うことがよい。
  144. 帰\省の長時間の運転でのぎっくり腰対策2時間に1回サービスエリアに立ち寄ること
  145. 年末年始のぎっくり腰を防止するには大掃除後に休むこと大掃除を終えてから休みを挟まずにすぐに帰省すると長時間の運転でぎっくり腰になる。
  146. 大掃除のぎっくり腰を減らすためには?作業をできるだけ分担することで腰をスッキリ楽に過ごしましょう。
  147. 年始からぎっくり腰にならぬための方法について年末の大掃除の腰の負担に気をつけること。
  148. なぜ元旦にぎっくり腰が多いのか?年末にかけての仕事の多忙や大掃除、長時間の帰省による運転など腰に加わる負担が多いから。
  149. 足底筋とぎっくり腰の関係性について足裏が扁平で固く、冷えているとぎっくり腰になりやすい。
  150. ぎっくり腰の2割は骨盤が原因となる骨盤の傾きを調整すると改善する痛みもある。
案内ページ
店舗案内
案内サイドメニュー|アークス整体院
案内サイドメニュー|アークス整体院
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体