ぎっくり腰専門 アークス整体院

サイトマップ84

◆基本★基礎知識編、★痛み科学

  1. 異常痛覚を伴うぎっくり腰の治療異常痛覚を伴うものを適切に判別し、過剰になった運動神経の興奮性を低下させることが必要となる。
  2. 急性炎症型の痛みの出方の特徴痛みの出方に特徴があり急性炎症型では受傷8時間、72時間、1週間ぐらいが目安になる。
  3. 灼熱痛腰部が焼け付くように痛くなるのは神経障害性疼痛の特徴
  4. ぎっくり腰の痛みの種類、能動的運動と受動的運動若者のぎっくり腰では能動的運動と受動的運動が両方障害される。
  5. もしも痛みがなかったらどうなるのか?ぎっくり腰では余りにも激痛があるため『いっそのこと痛みなどなければ良いのに』と思うが、先天性無痛覚症を患っている患者では総じて寿命が短く、痛みが生きて行く上で大切なものであることが分かる。
  6. ぎっくり腰の痛みの個人差は視床によってもたらされる。人によって僅かな痛みでも身動きがとれなくなったり、不安が大きくて我慢ができないぎっくり腰その痛みの違いには脳の視床の痛みの増幅度合いが関係する。
  7. 視床による過敏疼痛の簡単な判別法人によって痛みが過敏になる方には視床による痛みの修飾があるが、簡単な判別法に嗅覚を利用した判別法がある。
  8. 痛みを和らげる簡単な方法痛みはリラックスをすることで簡単に和らげることが出来る。リラックスには触覚刺激が良い。

◆原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

  1. 筋攣縮によるぎっくり腰の発生原理筋攣縮の発生背景には多岐に渡る要因があり、一言で説明できるものではない。
  2. 腰痛治療における深層筋深層筋は上下に連なる椎骨を接続する筋肉のため、骨突起を目安に触診して施術する。
  3. 腰痛はきっかけだけ気をつけても防げないささいなきっかけから発生することがほとんどだが、腰部に疲労が蓄積していることで発生するためきっかけだけに気をつけても腰痛を防止することはできない。
  4. 腰椎スベリ症の痛みを悪化させる動作腰を反らすことで痛みが強くなるが腰椎の前彎曲が強くなると下部腰椎が前傾して滑り出すため。
  5. 精神状態と腰痛の関係腰の痛みは精神状態と関係性が大きく、痛みは神経系と脳を伝達されるが、感情の状態によって各所での伝達の度合いが変化して痛みが強く作用することもある。
  6. 椎間板ヘルニアの痛みのポイント①足の方へと放散痛がある。②神経根の走行に一致した痛み、③咳やクシャミで悪化、④発作性の痛み
  7. 病院で原因が分からないと言われました。大丈夫?病院では原因を十分に調べていないから分からないことが多いです。
  8. 腰を動かないようにギブスで固定すれば腰痛はおこらないか?完全に動かないようにし、固定すると血流が障害されて余計に腰痛が酷くなる。
  9. 足腰が衰えても出来るスクワットは?テーブルに両手をついた状態で手の力で保持する方法が良い。
  10. 何度もヘルニアを繰返してます。自然治癒は難しい?飛び出したヘルニアは自然吸収されやすいものもあればされにくいものもあります。軽症ほど自然吸収されにくい
  11. 腰痛後に起こる組織の脆弱期間腰痛は発生してから損傷部位の修復が起こるまでの数週間は再発しやすい。
  12. ぎっくり腰で痛みが強いです。大学病院に行った方が良いですか?大学病院は二次医療・三次医療に対応している機関です。
  13. 病院治療の利点と欠点病院の医療は戦争医療であり生き死に関わるものには強いが、慢性疾患には極めて弱い。
  14. 西洋医学的にみた腰痛治療の限界病院医療の限界は腰痛の評価が不十分なこと
  15. 腰痛発生時のもっとも気をつけるべき時期最も痛みが強い時期ではなく意外なことに痛みが治まった直後
  16. 急性期用と慢性期用の腰痛コルセットの違い慢性期では補助帯のないもの、急性期は補助帯のあるもの
  17. 医療が発展しても病院で腰痛が治らない理由高度先進医療として癌や怪我の外科治療などは目覚しいほどの発展をしているが、腰痛や水虫、風邪などが世の中からなくならないのは死なないから。命に関係するものは研究費をとりやすい。
  18. 痛みの治療法の種類の違いについて①対症療法:その場の痛みを改善する。②根本療法:引き金となる原因を取り除くこと
  19. ぎっくり腰のとき苦しまないためには水分摂取を減らすトイレに行く回数を減らせば腰の痛みを味合わずに済むから。
  20. ぎっくり腰のときの上着は何を着るべきか?前開きで、ボタンで止められるもの。
  21. 炎症があっても腰の痛みが緩和される仕組み関節に遊びを作ると痛みが緩和される
  22. 無駄な力への意識でぎっくり腰は防げる動作に必要最低限の力の度合いを見切ると腰に余裕が生まれる。
  23. 腰の動作の左右差はどうやって治すのか?動きの良い側を動かすと、動きの悪い側も改善される
  24. 筋肉が原因のぎっくり腰の対応動いた拍子に痛みが出るもの。筋肉から無駄な力を抜くことが良い
  25. ぎっくり腰では意図的に力を抜くことが良い力を抜くと痛みが半減する
  26. なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?丸くなった腰椎を補正できるから。
  27. 腰痛の年齢ごとの疾患で注意するもの70代以降は圧迫骨折に注意する。
  28. ぎっくり腰は防御反射によって痛みが起こる状況に比例した反応ができるように慣れること。
  29. ぎっくり腰から慢性腰痛になる人の共通点筋肉をコチコチに緊張させている人
  30. 腰に力を込めるほどぎっくり腰は痛い力みで痛みをごまかすと痛みが慢性化する
  31. ぎっくり腰になる筋肉の使われ方の共通点腰周りの筋肉が緊張すべきときに働いていない
  32. 腰をかばおうと力を込めると余計に痛くなる筋肉の力みは腰の神経の興奮を招く。興奮するほど痛みが強い。リラックスしよう。
  33. 一日11時間以上座ると早死にする3年以内に死ぬ確率が40%高まる。
  34. ぎっくり腰では仰向けになることが良い。仰向けは床面との接触面が最も広いから。
  35. 朝早くにぎっくり腰が多いのは忙しいから一つ一つの動作を気にしていられない。勢い良く腰を屈めて痛めてしまう。
  36. 急性期と慢性期の腰痛の違い痛みのきっかけをはっきり言えるものは急性、はっきりしないものは慢性の特徴
  37. 深夜にぎっくり腰に陥ってしまったら?病院に行っても専門医が不在でムダ足になる。出張治療を受けるといい
  38. 「腰痛は99%自分で治せる!」書評自らの腰の状態に気がつくことが大切
  39. ぎっくり腰は寒さよりも、寒暖差による寒暖差が大きいと体はストレスを感じる。
  40. ぎっくり腰から慢性腰痛に移行するメカニズム体が固い → ぎっくり腰発生 → 筋肉に力を込めて我慢する。 → コリができる。 → 慢性腰痛になる
  41. 新規に事業を起こした人はぎっくり腰になりやすい休む間なくはたらくため無理を強いてぎっくり腰になる。
  42. 関節リウマチはストレスで起こるストレスがホルモン分泌を異常にする。
  43. 腰を日常で上手く使い分けるとぎっくり腰を防止できる。腰を労わるなら二軸を意識して歩く。腰を鍛えるなら一軸を意識して歩く。
  44. 刺激と比例関係にあればぎっくり腰にならない外から刺激が加わったときに過剰な反応をするから腰を痛めてしまう。
  45. 梨状筋症候群ではお尻の膨隆の左右差を見る坐骨神経の支配領域とは関係しないところを見ると良い。
  46. ヘルニア患者の基本姿勢LLSTの6つの内容を守るべき
  47. 男性と女性の有訴者率の違いの原因固体の大きさが関係している。

◆部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

  1. 腰痛防止のための仙腸関節と筋肉の働き仙骨のニューテーションのときにはハムストリングスや仙結節靭帯が衝撃吸収にはたらき、カウンターニューテーションのときには腹直筋や股関節筋群が働く
  2. 頚椎の側屈と腰痛の関係首を側屈したときにポキポキなる人は腰痛になりやすいです。
  3. 腰痛と足の痛みの関係腰と足は全く関係性がないように見えるが非常に密接な関係がある。
  4. 股関節症状の注意点について漠然とした痛みを訴えること
  5. 腰痛患者は膝が伸ばせない膝を完全に伸ばすと腰に反りが出来る。腰が痛くなるため、ぎっくり腰では膝が曲がる。
  6. 腰痛防止のための仙腸関節の働き仙腸関節に備わるニューテーションとカウンターニューテーション
  7. ぎっくり腰を起こす股関節屈曲拘縮ぎっくり腰は腰椎に負担が加わって発生するがその背景には関節間力の低下がある。
  8. 原因となる膝関節の屈曲拘縮ぎっくり腰を患いやすい患者では膝がしっかり伸ばせない患者が多く股関節と膝関節を同時に操作したときに丸っきり膝が伸びないこともある。
  9. 腰痛と胸椎の関係について腰が痛くなれば全て腰椎だと思えるが直接的な原因の多くに胸椎がある。
  10. 腕立てが1回もできない人はぎっくり腰が重症化する起き上がるときに腕の力が弱いと腰の負担が大きくて立てない。
  11. 骨盤の後傾を起こす呼吸器系の機能低下呼吸に必要な肋間筋が疲れると上体が前傾となり、骨盤が後傾する。
  12. 腰骨の老化による腰痛の代表とは変形性脊椎症と変性すべり症がある
  13. 画像検査で異常なしの腰痛は仙腸関節によるもの仙腸関節の炎症は画像には写らない

◆症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

  1. 筋攣縮によるぎっくり腰のアフターケア腰の痛みが緩和した直後は兎に角腰部の負担を軽減することが大切。コルセットが有効である。
  2. 体の固い人の腰痛対策生まれつきだから仕方が無いと思うけれども柔軟性だけは努力しだいでだれでも改善する。
  3. 慢性腰痛で疲れやすいときの対応疲れやすいから休むという考え方に陥らないようにする。体を動かしていないのに疲れやすいときには心のリフレッシュが必要
  4. 動かしても痛みの強さが変わらず痛い場所が移動する腰痛疾患神経因性腰痛の可能性がある。
  5. 腰痛と防御収縮患部の痛みは患部の損傷そのものによって引き起こされるよりも患部を防御するための防御収縮によってもたらされる。
  6. 痛みの放置による障害痛みは放置すると体にとってストレスとなり自律神経の障害などを起こして多様な問題を起こす。
  7. ぎっくり腰でゴキッと聞こえても骨はずれない筋肉から聞こえる音のことが多い。
  8. ぎっくり腰は痛みへの拒絶反応によって悪化するぎっくり腰の痛みの大部分は、痛みへの過剰反応によるもの
  9. ぎっくり腰の人による反応が、症状を長期化させる痛い場所の筋肉に力を込めて痛みを緩和しようとする人は、その場の痛みはごまかせるが悪化する。
  10. ぎっくり腰は繰り返すほど腰が弱る腰に負担が蓄積されて、些細なきっかけでぎっくり腰に陥るようになる
  11. ぎっくり腰は杖を使って病院に行っても悪化するだけ待ち時間が長くて腰が悪化する
  12. 背中のぎっくり腰を起さないようにするには?リクライニングシートに背中を寄りかけて、背中を休めること
  13. 腰痛の神経根障害のグレードグレード5がラセグーテスト陽性

◆睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

  1. 腰痛防止の枕の高さ側臥位で正中線が一直線になる高さが良い
  2. ぎっくり腰は睡眠不足による運動神経の興奮で起こる眠れないときには思い切って、頭脳系の作業をすると脳が疲れて眠れる。
  3. 睡眠不足がぎっくり腰を招く仕組み成長ホルモンの分泌不足により、たんぱく質合成ができなくなり、体が弱くなる。
  4. ぎっくり腰では睡眠不足も起こる腰の痛みを我慢し、さらに不眠不休で働くのは地獄
  5. 側臥位で寝ると腰痛になりやすい丸い姿勢のクセがついてしまうから。立位で腰の緊張を生じてしまう。

◆対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

  1. ぎっくり腰では可能な限り力を抜くこと力を入れると楽になったような気がするけど痛みが何倍にもなる。
  2. 慢性腰痛患者が注意するべきエレベーター筋肉には筋紡錘というセンサーがあり、過剰な伸張反射を招くと腰痛を悪化させる。とくに気をつけるのがエレベーターの落下のタイミング
  3. ぎっくり腰では意図的に力を抜くことが良い力を抜くと痛みが半減する
  4. 腰痛対策を一言に集約すると?腰を使わずに、膝を曲げ伸ばしすること。
  5. セルフマッサージでぎっくり腰が悪化した原因最初から強い刺激を与えたから。マッサージは刺激に慣らしながら行うこと。
  6. ぎっくり腰を早期に緩和するカウンターストレインとは背中の筋肉に一切の力を入れず脱力し寄りかかること
  7. 挫折しない腰痛予防の考え方美容や健康維持、アンチエイジングを意識すると張り合いがある。
  8. 慢性腰痛の治療の流れ運動療法・日常指導 → 投薬・物理療法 → 手術
  9. ぎっくり腰防止では日常に着目する動かない関節は固まるので、小まめに動かして固まらないようにする
  10. 医者の腰痛治療の考え方「そんなの寝ていればそのうち治る・・・」
  11. 腰が痛いときには120度の背もたれに寄りかかって座る上半身の重みを背もたれに預けると腰の力を使わない。
  12. 腰痛治療では診断により原因を見極める特殊なことをするのではなく、患者の個別の原因に沿ったことを選択する。
  13. 痛みと比例した対応をすればぎっくり腰は悪化しない。1の痛みを10の力で我慢しようとすると悪化する。せいぜい3以内に留める
  14. 早起きはぎっくり腰を防ぐ時間にゆとりがあると無理な腰の動作を減らせる
  15. 防御反射によるぎっくり腰は心の動揺をなくせば防げる心が平静を保てれば無理な反射動作が起こらない。
  16. ぎっくり腰では意図的に力を抜く力を抜くと患部の血流が改善される
  17. 両膝を胸に引き寄せると腰の筋肉が弛む仰向けから両膝を胸元に引き寄せて30秒数えると良い
  18. 防止するための未病についての考え方重たい荷物の持上げ方など物理的な要因だけに着目しても改善にはならないため
  19. 重心偏移の上半身での調整法重心偏移が生じると必ずつま先が外に開くが足首や股関節だけを調整しても改善はされない。上半身の調整を必要とする。特に大きいのが肩甲骨と胸椎
  20. 荷重偏移による腰痛のセルフケア方法つま先の開き具合から過重偏移を見極めて開いている反対側に回旋することで偏移を補正する。
  21. 短時間で腰痛のセルフケアをするためのコツ荷重側を見極める。仰向けに寝転んだときにつま先が外に開く側が荷重側となり念入りに調整を必要とする。
  22. 家庭用の治療器具による腰痛治療効果用いる基準としては心地良いと思える範囲に留めること。掛かりつけ医にキチンと相談をすることが良い。
  23. 急性の対処法安静にして横になり背中を丸めるようにすることが良い。
  24. 湿布薬温かいものと冷たいものがあるがどちらも効能は同じなので好きなものを用いる。1回貼ったら3時間ほどで効き目が切れるため数時間肌を休ませてから次のものを貼る。
  25. 腰痛の痛みを緩和させる簡単な方法腰痛の腰の痛みは防御収縮によってもたらされているため、過剰な筋肉の収縮を緩和させると腰の痛みは和らぐ、安心することが一番大切
  26. 腰痛治療におけるリフレクソロジー療法のメリットとデメリット反射区を利用した健康法の一つであるが西洋式・東洋式ともに脳のエネルギーを大量に使うため疲れることがある。
  27. 腰痛治療におけるリフレクソロジー反射区の働きを利用して体の機能を回復させる療法
  28. 治療とヒーリングの違い②法的な違いからみたもの
  29. 治療とヒーリングの違い両者の言葉は似ているようで異なるもの
  30. エサレンボディーワークによる腰痛予防効果人間の体をエネルギー体ととらえ、受け手と供に行うボディーマッサージ。あるがままを受け入れるボディーワーク
  31. 腰痛予防に世界三大ボディーワークは?世界三大ボディーワークに①ロルフィング、②アレクサンダーテクニーク、③フェルデンクライス・メソットがある。
  32. 腰痛防止に真向法は?四つの体操から成り立つ僧侶が編み出した体操法。実際に行ってみるとかなりの手ごたえがある。
  33. 腰痛防止に操体法は?腰の痛みを防止するためには身体感覚に着目した操体法があおすすめできる。
  34. 腰痛の予防に自橿術は?体の関節の弾みや、反動を利用したリズミカルな体操を行う療法
  35. コンビニ食に注意しよう慢性腰痛患者が心がけるべき日常の食事
  36. ぎっくり腰防止のための動作で気をつけるべきことできるだけ直線的な動きを避けて円運動、捻る動作を意識すること。
  37. 関節可動域を高めるために必要な動き関節は真っ直ぐな動きでストレッチをしても可動域を高めることはできず捻る動きを取り入れることが良い。
  38. 腰椎変形症によるものとその対処法腰椎に分布している血管に供給される血液量が減少することで椎間板の水分が抜けた状態になって腰椎の負担を増やすため足を動かすことが大切。
  39. 病院で手術を勧められたけど嫌です。どうしたら良いでしょうか?画像所見で明らかな異常を認めるものでも緊急性がなければ手術を急ぐ必要なない。
  40. 腰痛防止のための歩行の足の使い方歩くときの足の着地の瞬間に膝を軽く曲げることと踵から着地すること。
  41. 腰痛で病院に行ったら抗うつ薬を処方されました。どういうことですか?痛みは人を不安にし、感情を沈めてしまいます。また、原因が分からないものを心理的なものと病院では決め付けられてしまう傾向があります。
  42. 末梢体幹反射手足の末梢を刺激し反射を促すことで胴体の緊張を取り去る方法

◆運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

  1. フィットネスクラブの腰痛体操は?キチンとした医学知識を持っている人が教えてくれるのかが重要となる。
  2. ぎっくり腰防止のストレッチで気をつけることぎっくり腰の防止のためのストレッチで気をつけること。絶対に気をつけるべきが怪我、痛い感覚を伴いながら行うのは間違い
  3. ダイナミックストレッチとスタティックストレッチの使い分け一日の始まりにはダイナミックストレッチをし、終わりにはスタティックストレッチをする。
  4. 腰痛防止のための歩行で気をつけるべきこと出来るだけ上半身や下半身の様々な関節で捻る動作を意識することが必要。捻りが少ないと直線的な動作となり一部の筋肉だけを鍛えてしまい筋肉のアンバランスを生じさせる。
  5. 腰痛防止に野口体操は?体の力をぬいてダランと重力に導かれるようにして体を操作する体操、自己を見つめなおす身体哲学
  6. ぎっくり腰を防止するための歩き方歩行効率を重視した歩法と安定性を重視した歩法
  7. ぎっくり腰防止のためのウォーキング法出来るだけ砂浜や芝生、土など衝撃を和らげてくれる場所で歩く
  8. リハビリで注意することリハビリで体を動かすから痛みが治るわけではなく、動かさない期間の筋力の低下を防止することが一番の目的であり、日常に復帰して通常の動作を続けることで少しずつ筋力が回復する。
  9. ダイエットを成功させるメンタル法思考を変化させることで体の反応が変わる
  10. 腰痛防止に好ましい運動は個人種目人と競い合う種目は無理をして腰を患いやすい。
  11. ぎっくり腰対策のストレッチでは苦手な動作を意識することどういった動きでぎっくり腰を患ったのかを振り返って、苦手な動きをストレッチで改善すること。
  12. 力でストレッチしても筋肉は伸びない自分の体重や他人の力など、筋肉以外の力を使わないと筋肉は十分にストレッチできない。

◆仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

  1. 農業の腰痛の防止法長時間偏った前屈みや中腰姿勢を取り続けるため出来るだけ腰を反らして腰部の血流を循環させること
  2. ぎっくり腰は会社経営者にも多い従業員を雇用していると人件費が高いので休みたくても休めない。

◆姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

  1. 中腰で過ごしたときの腰の疲労を癒す方法長時間腰を屈めて過ごしていると体の背面の筋肉が緊張し腰部の血流が停滞して腰の神経が障害され痛みを生じる。腰を反らすことで過度に緊張した筋肉を緩めると血流が再開して腰部の緊張が次第に抜けて行く
  2. 腰椎の変性側弯症について背骨が左右に10度以上曲がっているもの。腰椎で起こると著しい障害を招く
  3. 背骨のカーブを損ねると腰痛が起こる座り過ぎると背骨の自然なカーブが失われる。
  4. 側弯症は奇形によるものがある。キアリ奇形、小脳の障害

◆息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

  1. 現代多岐に渡るセルフケア法が存在する理由現代では余りにも膨大なケア方法が存在するがなぜなのか?大切なポイントについて
  2. 腰痛が医療機関によって病名が変わる理由医療機関によって腰痛や坐骨神経痛、など病名がコロコロ変わる理由は痛みの原因がはっきりと分からないから。
  3. 日本に腰痛患者が多い理由:腰痛に対しての捉え方腰痛を患ったときに病気や怪我は自分では治らないものだという思いを抱き、専門家に委ねることしか思いつかない。また、選択肢も他力本願なものが沢山ある。

◆分類不能

案内ページ
店舗案内
案内サイドメニュー|アークス整体院
案内サイドメニュー|アークス整体院
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体