ぎっくり腰専門

サイトマップ83

  1. 筋攣縮によるぎっくり腰筋肉がビーンと引き攣って腰が痛くなるぎっくり腰について
  2. 内転筋によるもの股を閉じる作用を担う内転筋は立位での左右の安定を担うが立って過ごす時間の少ない現代人は衰えてしまい腰の負担を増やす。
  3. 陥り易い筋肉の状態ぎっくり腰に陥り易いのは筋肉が衰えてしまうからだけでなく筋肉の使い方が分からなくなってしまうことも関係する。
  4. 陥らない筋肉の使い方防止のためにはお尻の筋肉を意識して股関節を後方に反らす動作を用いるようにする。
  5. 腰の筋肉の左右差による腰痛腰痛持ちの100%に必ず診られる左右差、強い方が弱い方をかばって起こる
  6. 悪い状態の筋肉とは?①緊張しっぱなし、②短縮したまま伸びない状態、③伸びきって弛んだ状態
  7. 腰痛患者の筋肉の使い方の特徴腰痛患者では体を直線的に用いることで束状になっている筋線維の局所ばかりが酷使されるため痛みを生じる。
  8. 内転筋の筋力低下とぎっくり腰座って過ごす時間が増えると足が衰えて歩行周期が短くなる。短くなるほど太腿の外側の使用度が増えて内転筋が衰える。内転筋が衰えるほど体重移動で胴体を傾けるため腰の負担となる。
  9. 筋肉の余力と痛みの関係筋肉は余力が失われていると限界まで酷使する。限界まで力を発揮すると血流が停滞するためすぐに痛みを生じる。
  10. 筋力と腰痛の関係筋力が不足するとすぐに関節が痛くなる仕組みについて
  11. 腰痛治療で重要となる腹斜筋胴体の安定に関わる腹斜筋、足を持上げたり、骨盤をかたむけたときに強く働く
  12. 筋肉の働きから見たデスクワークが腰痛を起こす理由腰痛はインナーマッスルが原因で発生し、デスクワークでは腰部のインナーマッスルが酷使される等尺性収縮(静止性収縮)が強いられるから。
  13. 腰方形筋の機能低下と腰痛腰方形筋は腹腔の後壁をつくり腹圧を高めることで胴体の安定性を担う。また、左右への動揺を防止する。
  14. 腰痛患者に共通してみられる腸腰筋の機能低下腰痛を患う患者の多くが腸腰筋が全く働いていない。使うことができない筋肉となっている。
  15. 腸腰筋による腰痛腸腰筋の短縮化によって腰椎の彎曲が強くなると腰痛を起こしやすくなる。
  16. 腰の筋肉を疲れさせないための能力の鍛錬法腰の筋肉を疲れないようにするには平衡感覚によって安定性を保つことが求められる。
  17. 椎間孔狭窄によるものの原因背骨の神経の出口である椎間孔を狭める要因は筋肉のアンバランス、緊張の低下した部分を高めて、弱まった部分を下げることが良い。
  18. 正中線の軸のブレによる椎間孔狭窄のぎっくり腰稀なものに正中線の軸が左右どちらかに偏っており、毎回からだの片側ばかりでさまざまな不調を引き起こすものがあり、体の左右の筋肉の緊張と弛緩のアンバランスによって背骨の椎間孔が狭窄されて腰部の神経を圧迫することでぎっくり腰を生じさせることがある。左右の均衡を整える整体法が有効となりうる。
  19. 椎間孔の狭窄によるぎっくり腰のセルフケア背骨の椎骨の隙間の椎間孔が狭窄されることで腰部の神経が圧迫されて絞扼があ生じることで発生するぎっくり腰があり、神経促通を良好にするためには狭まった椎間孔を拡張するべく側臥位の状態から患肢を伸張牽引して椎間孔を広げるセルフケア方法がある。
  20. 椎間孔狭窄型のぎっくり腰のもっとも簡単で効果的なセルフケア正中線の左右の偏りからもたらされる腰部の筋肉の緊張差による腰部の椎間孔の狭窄によるぎっくり腰がある。対策としては正中線の軸の偏りを改善するべく杖を用いて姿勢を補正することが最も手軽で効果的に取り組める方法となりうる。
  21. 立ち方立っているときに軽く腰を落とすと重心が安定して腰を丸めることができ腰部の負担が軽減する。
  22. ぎっくり腰の防止のための中腰姿勢について中腰の姿勢は腰に負担が大きいため出来るだけ両膝を曲げて腰を鉛直に保ったまま腰を落として物を持上げることが良いと言うが、軽いものを持上げるたびに膝を曲げる動作を繰り返していると動作が大きすぎてエネルギーのロスが大きすぎる。楽に動作をするためには踏み込んだ足と反対側の後ろ足を挙上して飛行機バランスのように片足立ちになって前後のバランスを保ちながら持上げると軽い物を持上げるときには楽。
  23. 反り腰が慢性腰痛を起こす原因腰が反りすぎると圧力集中とオーバーストレッチによって背骨の関節に負担が加わる。
  24. ぎっくり腰の原因となる腰をかがめてしまう姿勢をとる原因分かっていても面倒くさい・体が固い・脚の力が弱いなど
  25. 前方荷重によるぎっくり腰とその原因となる頭部突出の解消法前方荷重が原因でバランス保持のために腰の筋肉が後方へとバランスを立て直そうと働くため腰に負担が蓄積してぎっくり腰を生じる。前方に突き出した頭部が原因となるため顎の位置を意識的に後方へと引きこんで頚椎に前彎曲を作るように心がけることが良い。
  26. ぎっくり腰の原因となる頭部突出の改善法前方荷重になりつま先に体重が常に偏って加わることで腰の筋肉が過度に動員されることで腰に負担を蓄積してぎっくり腰を引き起こすことがある。ぎっくり腰の防止のためには前方荷重の原因となる頭部の突出を改善するべく顎を後方へと引き込みつつ、後頭部の盆の窪にある頚椎のツボを刺激して疲労を軽減することが求められる。
  27. 股関節に曲がったクセが付くことで立ち上がったときに常に体が傾いて膝の筋力を使い体が疲れてしまう。背景には股関節が曲がった屈曲拘縮があり、大腿骨が傾くことで常に筋力が動員されて骨が体重を支える支柱として十分に働かなくなるため足腰が疲労によって緊張してしまう。不意に腰をかがめたりすると緊張した腰部に負担が掛かってぎっくり腰に陥り易い。大腿四頭筋が原因となる場合には尻上がり現象が見られる。
  28. 正中軸の偏りを来たす要因体の軸が左右どちらかに偏っているため毎回肩や首、腰、膝など同じ側にダメージが蓄積して痛めてしまう。腰では椎間孔が狭窄されて神経障害型のギックリ腰を生じる。左右差は日常生活の左右の偏ったクセによるもので日頃から左右を均衡に用いるように心がけることが良い。
  29. 低いイスに座ると腰が痛くなる理由高いイスに座るとしっかりと背もたれに腰を密着しているが、低いイスに座ると背を丸めて浅く腰掛けてしまうことがある。
  30. 腰が曲がるのはコルセットで防止できませんか?成長期の骨の発育障害のものにはコルセットは有効だが老人性のものには有効ではない。
  31. 腰の曲がった姿勢と治療の必要性の有無腰が曲がった姿勢は誰もが嫌がるが、手術を受けるようなものではなく。あくまでも治療を必要とするものは日常生活が障害されており他に手段がないときに用いるもの。
  32. 腰痛発生時の姿勢特徴腰痛が発生すると多くのものは罹患している足へと体重を移動させる。患側で体重を支持するのが一般的な腰痛
  33. デスクワークによる下顎突き出し姿勢と腰痛の関係デスクワーク中に下顎を突き出す姿勢で作業をしていると立ち上がったときも顔を突き出す。すると背中を彎曲させて骨盤が後傾した高齢者の姿勢を呈する。
  34. 座っているときの腰痛防止で気をつける動き座っているときは骨盤を動かすことができないため腰を捻る動作に注意しよう。
  35. 腰椎の配列との関係悪い姿勢は背を丸めて背骨の靭帯の結合力で体を支えようとすること。筋肉を使って支えることが必要
  36. イスからの楽な立ち上がり方普通に考えれば当たり前のことなのに私たちはそれができなくなっている。
  37. 低いところに手を伸ばすときのぎっくり腰防止前後に足を開いて手を伸ばす側に胸椎を捻りながら腰をかがめると腰の可動範囲を少なくできる。
  38. 腰痛疾患にみられる2大発生起点多くのものが牽引力と圧迫力によって生じる
  39. 重心偏移によって生じる腰痛の種類重心偏移によって生じる腰痛では多くが末梢神経が椎間孔で障害されていることが多い。
  40. 片足を持上げる前屈動作と腰部負担物を持ち上げるときの動作では両膝を曲げて腰を落として持上げるよりも腰を曲げたときに片足を後方に持上げることが腰の負担が軽減されてよい。片足を後方に持上げると骨盤が前方に傾くため腰椎を深く曲げずに腰を屈めることが容易になり腰の負担が少ない。
  41. 片足を後方に持上げるとなぜ楽に腰を屈めることができるのか?腰を屈める動作のときに発生することが多く、近年では後ろ足を後方に持ち上げた状態で腰をかがめるとぎっくり腰になり難いといわれる。①足を後方に出すと重心が後方に移動し、前屈みになったときの前方荷重を防止できるため腰の筋肉によるバランス保持が楽になり腰の負担が軽減する。②骨盤がより前方に深く傾斜することができるため腰椎の屈曲を少なくできる
  42. 後ろ足を持上げながら低い位置に手を伸ばすとぎっくり腰になりにくい理由両膝を曲げて重たいものを持上げようとするとエネルギーのロスが大きくて疲労困憊になってしまうため状況に応じて足を一歩踏み込んで後ろ足を持上げるようにして上半身と足でバランスを取るようにすると腰の筋肉の過剰な緊張を防止することができ深く腰を屈め腰部の負担を軽減することが可能になる。
  43. 重たいものを持上げるときのぎっくり腰防止のための手の使い方手の握力が発生に関係しており人は握力の範囲でしか重たいものを持上げることができないが自分の体重を鉄棒にぶら下がって支えることができるようにある程度握力は加齢の影響を受けずに残存するため背筋力に対して握力の方が強いことがあり、腰に無理な重さのものを持上げて腰を悪くすることがある。
  44. ぎっくり腰防止のための飛行機バランス関節圧痛は関節内部の炎症によって関節の腫れが起こり周囲の袋が膨張して痛みを生じているもの。若者のぎっくり腰では起こり得ない現象
  45. 重たいものを持上げるときのぎっくり腰の防止法重たいものを持上げてぎっくり腰を繰り返すケースでは腰を丸めた状態でものを持上げようとしていることが多く、一般的な体力の方の活動レベルの方であれば膝を曲げて腰を落として持上げることを意識すれば十分だが、重たいものを専門的に扱ったり肉体負担の大きい方では毎回膝を曲げて胴体を上下動していると体力のロスが余りにも大きいため、腰を落とさずに足を一歩踏み込ませて後ろ足を持上げて飛行機バランスを取るようにすると軽いものを扱ったり低いところに手を伸ばすときには便利
  46. 重たいものを持上げるときのぎっくり腰防止の手の使い方力の弱い持ち方をすることで力負けして腰の筋肉が引っ張られて腰を悪くする。順手で荷物を持つと脇が開いて肩甲骨の力が動員できないため対象物を胴体に密着できず力が弱まる。逆手で荷物を持つと脇が閉じて肩甲骨に力が入り胴体に密着できるため足腰の力が十分に対象物に伝わりぎっくり腰にならずに済む。
  47. 類似する高齢者の腰椎圧迫骨折基本的に80代以降の高齢女性が患うことはないため、腰椎圧迫骨折の存在を疑う。
  48. 狭窄症や変形性脊椎症の神経圧迫は手術しか対処方法はないの?変形した骨が神経に触れるから痛みや痺れが出ると手術を勧められるが、実際には骨内圧によって骨が膨らんで神経に触れている。
  49. 高齢者の腓腹筋が伸張できない理由多くの場合が骨盤が後傾しているから。股関節と膝関節は連動しておりどちらかを締めるともう一方の固定性も高まる。
  50. 高齢者の腰の痛みの評価基準痛い・痛いという客観的な基準だけでは腰痛を表現することはできず、日常生活自立度(バーセルインデックス)を評価の尺度に取り入れることが良い。
  51. 老後の腰痛対策はいつからはじめるべき?若くにはじめるに越したことはない。女性なら40代から骨密度測定をしよう。
  52. 骨粗しょう症で腰痛にならないためには?骨密度に応じた治療法を用いるべき
  53. 腰椎の変性側弯症について高齢女性に見られる変性側弯症は背骨の変性によって脊柱がねじれて狭窄症などを引き起こす。
  54. 高齢による腰部の病気で立ち上がれません。運動は無理ですか?大切なことは今の自分の体力や体調の状態でも無理なく出来ることに着手すること。痛いからといってなにもせずにいると更に体が弱まってしまう
  55. 女性が骨粗しょう症を防止するための根本的な方法カルシウムが骨から溶け出してしまう背景にはストレスが関係しており、カテコールアミンが血液中のカルシウムを細胞に取り込む命令を出している。
  56. 腰痛の成れの果て成れの果ての代表が腰部脊柱管狭窄症であり昔から何度も腰痛を繰り返している患者が老後に陥ることが多い。
  57. 高齢により骨がつぶれたおばあちゃんの腰痛は?基本的にはつぶれた腰椎を復元するよりも痛みを除去して日常に支障が出ないようにする治療がメイン。つぶれた骨をどうしてもなんとかしたいときには椎体形成術が用いられる。
  58. 変性後彎症による腰痛加齢によって腰が大きく曲がる変性後彎症、長時間立って過ごすことが困難になる。予防によって発生を防ぐことが大切。
  59. 加齢による腰痛の変化腰痛の変化としては最初は腰部椎間板症から始まり、軟骨終盤炎、腰椎症、変形性腰椎症となり最終的に腰部脊柱管狭窄症へ変化して行く
  60. 腰痛とロコモティブシンドロームの関係腰痛を放置して過ごしていると晩年に寝たきりになることあ多い。
  61. 高齢者の腰痛を防止するために特に鍛えたい筋肉特に鍛えていただきたいのがお尻の筋肉。衰えると歩くたびに骨盤の傾きを生じさせ肩を揺すって歩いて腰の筋肉の負担を生じる。
  62. 腰痛が寿命を短くする理由腰痛は4つの最小限責任生活必須条件を果たせなくなる
  63. 高齢者の慢性ぎっくり腰の特徴である関節圧痛関節圧痛は関節内部の炎症によって関節の腫れが起こり周囲の袋が膨張して痛みを生じているもの。若者のぎっくり腰では起こり得ない現象
  64. 高齢者のもので気をつける病気との判別法神経性間欠性跛行と血管性間欠性跛行を判別する。手がかりとなるのはバイセクルサイン
  65. 高齢者の慢性ぎっくり腰に見られる受動動作時痛高齢者の慢性ギックリ腰では能動よりも受動運動の方が痛みが強くなる。
  66. 高齢者の慢性ぎっくり腰とリウマチ左右対称性の痛みが現れ、全身症状を来たすことがある。
  67. 高齢者の慢性ぎっくり腰で見られる関節可動域の減少関節可動域の低下は運動不足による関節萎縮からもたらされる。
  68. 高齢者の慢性ぎっくり腰間違った運動の考え運動をすると背骨の歪みが余計に酷くなるという思い込み
  69. 老化によるぎっくり腰と関節症によるぎっくり腰の違い老化だけでは変性は起こらず全ての関節で組織が弱まって行く、
  70. 老化によるぎっくり腰と関節症のぎっくり腰の骨変形骨の変形が起こるのが関節症の特徴であり加齢だけでは変性は起こらず。
  71. お尻の骨の痛みに有効な方法長時間のデスクワークによってお尻の骨に痛みが現れる方の改善法
  72. 坐骨神経痛と筋肉痛の痛みのエリアから見た判別神経の枝と障害神経根が一致しているかどうかを見るべき。
  73. ケツのコリコリした違和感について何でもかんでも坐骨神経痛と診断されがちだがコリコリしたものは筋肉痛の特徴
  74. 坐骨神経痛とお尻の筋肉の痛みの違い姿勢による痛みの変化や随伴症状に着目すると良い
  75. 坐骨神経痛と筋肉痛の違いお尻に痛みがある患者様の全てが坐骨神経痛と診断されている
  76. 脊柱管狭窄症による坐骨神経痛と精神疾患の関係病気には複数に渡る原因があり病院によって診断に矛盾が出る場合がある。
  77. 坐骨神経痛治療での筋膜リリース療法お尻や太腿、ふくらはぎが痛くなるが痛みがある部位を処置することはもちろんだが無痛覚の部分にも治療が必要な部位があり、筋膜リリース処置が有効となりうる。
  78. 馬尾症状患者にみられる運動時の尿意脊柱管狭窄症などの馬尾症状を伴う坐骨神経痛患者では歩いたときに尿意を催すことがある。
  79. 第三仙椎~第五仙椎のデルマトーム陰部や会陰、肛門周囲が障害される。
  80. 第二仙椎のデルマトームお尻の中心から内側、太腿の裏面の内側、ふくらはぎの内側、足の踵骨の内側、
  81. 第一仙椎のデルマトームお尻の中心の外側、太腿の裏面の外側、ふくらはぎの裏面の外側、足の外くるぶし付近
  82. 第5腰椎のデルマトームについて腰痛や坐骨神経痛の原因判別では皮膚の知覚から原因箇所を特定することが必要であり、第五腰椎が障害されると太腿の外側や足のすね、かかとが障害を受けることがある。
  83. なりやすい患者に見られる下半身のうずき将来的に坐骨神経痛に陥り易い患者では腰部の変性が進行しており、寝ているときなど同じ姿勢が続くことで下半身が次第にうずくような不快感を呈することがある。
  84. お尻が辛くなる患者の臥位姿勢の特徴 お尻が痛くなる患者では臥位姿勢が単調であり、左右の側臥位しか取ることができずにいることがある。
  85. 坐骨神経痛の原因判別:第三腰椎のデルマトームイスに腰掛けたときの鼡径部の窪みのラインに沿うようにハーフパンツを履くように斜めに走行し、膝の下まで分布する。
  86. 坐骨神経痛の原因判別:第四腰椎のデルマトーム太腿の外側の一番太くなっているところから斜めに膝の中央を通って足の内くるぶしまでの皮膚に異常感覚を伴うもの。
  87. 坐骨神経痛の原因判別:第二腰椎のデルマトーム鼡径部ラインの少し下当たりの支配領域が第二腰椎のデルマトーム
  88. 坐骨神経痛の原因判別:第一腰椎のデルマトーム鼡径部や太腿の内側の皮膚感覚を司っている。いんきんたむしと間違えられ易い
  89. 坐骨神経痛の神経学的検査疼痛誘発検査や知覚検査、筋力検査などから痛みの出ている原因箇所を特定する。
  90. 坐骨神経痛患者に見られる典型的な姿勢疼痛性側弯姿勢を取ることがある。骨格変形にもつながる。
  91. 坐骨神経痛治療にみられる画像診断の位置づけレントゲンは骨が折れているのか?脱臼が無いかを見るだけのもの
  92. 坐骨神経痛で見られる歩行障害神経の圧迫によって生じた歩行障害、他の部位を庇って現れた歩行障害など坐骨神経痛特有のものはある。
  93. 進行した坐骨神経痛の腰部で見られる変性坐骨神経痛の進行したケースでは腰椎の椎体の変形や椎間関節の磨り減り、靭帯の肥厚など腰の曲がった外観をに変形して行く
  94. 坐骨神経痛の治療に有効となる道具は?治療ではコルセットや杖が有効となります。
  95. 老化による坐骨神経痛を防止する方法 老化そのものが原因となるのではなく硬膜内圧が大きく関係する。
  96. 坐骨神経痛の背景となる椎間板を鍛える方法椎間板そのものは血管が供給されていないため鍛えることができない。周辺の筋肉のコンディションを良好に保つことで背骨の負担を肩代わりしてもらうこと
  97. 坐骨神経痛の背景となる背骨の老化発生の背景には背骨の老化がある。老化のポイントが椎間板
  98. 坐骨神経とは?そもそも坐骨神経とはどんなものだろうか?神経分布領域について
  99. 坐骨神経痛と硬膜内圧脊髄を収めている袋の硬膜に加わる圧力が高まると坐骨神経痛が強くなる。姿勢と硬膜内圧の関係について
  100. 坐骨神経痛の種類と姿勢の関係腰を屈める姿勢で症状が悪化するものはヘルニア、後ろに反らして悪化するものは脊柱管狭窄症だといわれる
  101. 関連性がないと思えてしまう会陰部症状坐骨神経痛では痛みの強さなどよりももっと大切なものが痛みの現れる部位であり、特に症状の悪化を意味する会陰部症状には気をつけないといけない。
  102. 気をつけるべき足の痒み坐骨神経痛では足の痒みや感覚障害を生じることがあるが多くの患者は単なる水虫やアレルギーだと思って皮膚科を受診している
  103. 気をつけるべき下肢の筋力低下・運動障害坐骨神経痛は高齢者に多い故に運動機能が障害されていても「歳のせい」だと間違った捉え方におちいりやすい。
  104. 慢性腰痛と下肢症状の関係坐骨神経痛では初期は腰に痛みが出るがその後下肢症状に移行するものがある。
  105. 坐骨神経痛の症状の目安症状は腰から遠ざかり足の指先に近づくほど重い。また広範囲に痛みが出たり、両足に痛みが出るものほど症状が重い。
  106. 坐骨神経痛で気をつけるべきこと医療機関での対応原因の分からない脚の痛みが全て坐骨神経痛として扱われている。
  107. 坐骨神経痛と類似した慢性的な筋肉のコリ痛みの現れる範囲が本来の坐骨神経痛の支配エリアとは少し異なることが特徴
  108. 変性スベリ症による坐骨神経痛中高年以降に見られる坐骨神経痛で背骨がガタガタになっている人にみられる。
  109. 坐骨神経痛を起こす代表的な腰部疾患代表的なものに腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症がある。
  110. 坐骨神経痛との判別で気をつけるべきもの股関節痛との判別が必要になる。
  111. 梨状筋症候群によるお尻の痛みの特徴お尻のど真ん中にある梨状筋部分で坐骨神経が障害されるもの。
  112. 坐骨神経痛の間違った対処法マッサージで辛いところを揉み解す治療では改善が得られない。主に腰椎の病気が背景になることがある。
  113. 坐骨神経痛の注意点痛みの部位と原因箇所
  114. ぎっくり腰が下半身側面の痛みを起こす仕組み(重心移動説)ぎっくり腰を我慢して過ごすことで下半身の側面に痛みを起こすのは重心移動の変化に関係がある。
  115. ぎっくり腰に伴うお尻や太腿、ふくらはぎなどの下半身側面の痛みについてぎっくり腰では稀に坐骨神経痛を見ることがあるが判別の必要なものに代償性疼痛がある。
  116. 腰を我慢しているとなぜ下半身の側面が痛くなるのか?ぎっくり腰では背骨の鉛直化が起こるため姿勢を支えることが困難になり片側に体重を預けるようになるから。
  117. 上腕二頭筋の障害による腰痛の検査法肘を伸展したまま肩関節を伸展させる。腕全体が内側に入るかどうかを見る。
  118. 大胸筋・三角筋の障害による腰痛の検査法肩関節を反らして胸を張った姿勢をとることで上腕の動きを評価する
  119. 広背筋の障害による腰痛の検査法仰向けに寝て両腕をバンザイしたときにキチンと腕が真っ直ぐのまま床につくかをみる。
  120. ヒラメ筋の障害による腰痛の検査法膝屈曲位での足首の背屈で90度以上反らないときには陽性
  121. 腓腹筋の障害による腰痛の検査法立位や股関節屈曲・膝関節伸展位で行う足首の背屈ストレッチで検査する
  122. 中殿筋の障害による腰痛の検査法体が健側にくの字に曲がってしまい、仰向けに寝転んで足を内転させたときに股関節内転30度未満の可動域を示すもの
  123. 内転筋の障害による腰痛の検査法仰向けに寝転んだ状態から両膝を直角に曲げて股を開く。太腿が床にくっつくかどうかをみる。
  124. 大殿筋の障害による腰痛の検査法仰向けに寝転んだ状態から膝を抱え込んで行き腿が胸に密着するかを見る。
  125. トーマステストの注意点ぎっくり腰の治療ではトーマステストで腸腰筋を検査するが、健側の膝を他動的に持上げると患側の膝が持ち上がるのはあくまでも痛みから逃れるための逃避であり、逃避をせず痛みを訴えると膝は持ち上がらない。
  126. 腸腰筋の柔軟性の評価法仰向けに寝転んだ状態から片足の股関節を屈曲させてもう一方の膝が持ち上がってしまうもの
  127. 腰椎の水平可動域評価法腰を水平に捻る動きを評価するには仰向けで寝転んで両膝を左右に倒して腿が床につくかを見る。
  128. 腰椎の側屈評価法胴体を側屈したときに腰椎がキチンと弧を描いて丸くなるかを評価する。固いと歩行時の体重移動が困難になる。
  129. 腰椎の前屈柔軟性のチェック方法腰椎を丸めることができるか?腰の筋肉が緊張を強めて反ったままになっていることがある。
  130. 危険性のセルフチェック法と柔軟性の重要性体が柔らかいことは単なる腰の負担の軽減だけでなく支持基底の拡大による安定効果による腰部の疲労の軽減効果もある。
  131. 腰痛治療における画像診断の必要性あくまでも問診や理学検査と合わせて行うべきもの。
  132. 腰痛検査でのレントゲン撮影の種類整形外科などで行われる一般的な腰痛のレントゲンの検査について
  133. ぎっくり腰のときの腰椎の特徴ぎっくり腰では腰椎がストレートな配列になってしまい、鼡径部がうつぶせで大きく浮き上がる。
  134. アレルギー性皮膚炎と腰痛の関係慢性腰痛疾患やアレルギー性皮膚炎はともにストレス性疾患であるとされている。ストレス反応の現れ方によって両者のどちらかに痛みが出る
  135. ストレス性反応と腰痛①ぜんそく、②過敏性腸炎、③血圧、④血糖、⑤アトピー性皮膚炎、⑥狭心症、⑦うつ状態、⑧痛みはストレス性反応によって引き起こされる現象
  136. 腰痛と口臭の関係腰痛患者は腰の痛みによって身動きが困難なため塞ぎこんだ毎日を過ごしており筋肉量の減少により基礎体温が低下し、内蔵の働きも低下するため胃腸の括約筋の働きが衰えてしまい腸内臭気が逆流して口臭を起こす。
  137. 筋緊張による血行障害から由来する腰痛の典型的特長痛みの局在がハッキリせず、鋭い反射が起こるような痛み方でないこと
  138. ぎっくり腰患者が気をつけるべき筋攣縮腰が痛いときに無理に動作をしていると咄嗟に腰部に走る激痛発作が現れることもある。
  139. 腰痛患者に見られる椎骨動脈圧迫症状腰痛患者では椎骨動脈の圧迫症状によるめまいやふらつきを持っている人が多い。
  140. 腰痛患者とめまいや頭痛の関係中高年の女性で慢性腰痛をお持ちになられる方では頭痛やめまいを日常的にお持ちになられている。その理由は意外なことに背骨が関係する。
  141. 腰痛患者と頻尿歳のせいだと誤解し易い高齢者特有の腰痛と頻尿、神経障害が起因することもある。
  142. 腰痛を起こしやすい患者の体のクセ体の使い方が受身になっており、能動性が失われている。
  143. 痺れと突っ張りの違い患者の多くが勘違いしやすいがなぜ勘違いをするのか?
  144. 関節負担によるぎっくり腰の前兆関節が竹の節のように肥大化している場合は関節負担が大きく劣化が進んでいることを意味する。
  145. 足のかかとを掻きむしりたくなる症状と腰痛の関係かきむしりたくなる症状は血流障害を意味する。
  146. 筋トレの効果を得るためのポイント超回復を得るための3ポイントを学ぼう
  147. 腰痛エクササイズの流れストレッチ→筋力強化・バランス訓練→パワートレーニングの順で取り組むと良い。
  148. 腰痛予防の運動はどれぐらい頑張るべき?自分の体と相談することが大切
  149. 忙しくてまとまった時間が取れない場合の腰痛対策の運動まとまった時間で追い込んだトレーニングをするよりも少ない量を何回も分けて行うほうが体の負担が少なく挫折せずに取り組める。
  150. 手軽にできるワイパー運動うつ伏せの状態で行う膝を左右に倒す運動

料金施術料金や出張料金などはこちらから

口コミ多くの方にご利用いただいております。口コミは、どんなに自慢しても手前味噌なので控え目にご案内します。

総合案内ページここから案内ページを辿っていただくと分かりやすいです。

良くある質問概要はクリックしてご覧ください。

施術内容可能な限り丁寧に施術を行うように心がけております。

適応範囲腰の痛みなど幅広いものに対応してますのでご相談をください。

お断りするものまずはご相談をください。

店舗アクセス都営大江戸線の「落合南長崎」、もしくは西部池袋線の「椎名町」駅から徒歩で来院できます。

ご予約前の諸注意可能な限り丁寧・真摯に対応しますのでご安心ください。

店舗案内事務的内容・店舗案内

最新ページ最近書いた内容を書き溜めておく場所

基本★基礎知識編、★痛み科学

原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

重点ページ

※特に力を入れて書いたページ(登場人物はすべてフィクションです)

  1. ぎっくり腰で立てない理由脊柱が硬直し、柱のようになる。背中を丸められないと、体がテコでいう不利な状態になってしまう。足に体重移動ができないため立てない。
  2. 30代漫画家男性のぎっくり腰長時間腰掛けて漫画を執筆する男性、座り続けると筋肉の協調性が損なわれてわずかに歩いただけで腰を患うことがある。
  3. ぎっくり腰の一番の恐怖とは?「いつまでこの痛みが続くのか」先が見えない痛みの不安が、人を恐怖に駆り立ててしまう。
  4. トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった便秘がちの女性では排便に力を使い果たしてぎっくり腰を起こすことがある。潔癖症で便座に腰掛けられない人は腰を患う。    
  5. デッドリフトで腰を痛めた30代男性仕事の休日の日にトレーニングジムで体を鍛えようとして逆に腰を患ってしまう。
  6. 建築デザインをする男性のぎっくり腰東京オリンピックに向けて建設ラッシュが続く中で過労からもたらされたぎっくり腰だった。関節可動域が明らかに低すぎるケース
  7. 仕事の出張でぎっくり腰になった荷物を持上げてぎっくり腰になる典型。しかし、軽い荷物でも、自分の体重を含めた重量に着目する。上半身の重みが一番の凶器
  8. 中国人観光客、モンファさんの症例言葉が通じない外国人であっても決して失礼は許されない。ぎっくり腰の治療はコミュニケーションは必須です。
  9. ぎっくり腰のときの寝返りの方法両手両膝を持上げたり、テコのように使うと楽に寝返りが打てる。介護テクニック
  10. ぎっくり腰になったらどうするのか?慌てて救急車を呼ばないように気をつけましょうね。冷静になることがまず必要です。
  11. 生後間もない赤ちゃんの抱っこでぎっくり腰になった抱っこのしすぎでぎっくり腰になった症例。背中の僧帽筋から由来する症状だった。
  12. 車から降りるときにぎっくり腰になった車から降りようとして腰を捻ってぎっくり腰になった症例。仕事の出張の出発直前に腰を痛めてしまう。
  13. 腰方形筋によるぎっくり腰ブラジルから帰化した江川さん。小屋暮らしの貧しい少女時代だった。日本での忙しい日々でぎっくり腰を患う。
  14. 子育ての疲労によるぎっくり腰まさかの40代での第三子の出産、ようやく外で働けると思った矢先の出来事だった。子育ての過労からぎっくり腰になる。
  15. 座っているとお尻が痛くてたまらないお尻の中殿筋に筋スパズムが生じたものがある。痙攣した筋肉は股関節を曲げることで引っ張られると強烈な拒絶反応を起こす。
  16. スチュワーデスのぎっくり腰長いフライトの最後で腰を痛める。話ぶりから、単なるぎっくり腰ではなく、心因性腰痛であることがわかる。
  17. ぎっくり腰予防に必要な栄養素は?鉄分やたんぱく質も大切だけどそれ以上にカルシウムが必要。カルシウムは日本人全てが不足しているから。
  18. ブロック注射で治らないぎっくり腰を改善した藤田さんの症例、脊柱起立筋が痙攣を起していた。ブロック注射でも直らないが筋肉の末梢牽引で痙攣は取れた。
  19. 3歳の娘を抱っこしたらぎっくり腰になった体重の24%を上回ると腰を痛めるリスクが高まる。ところが3歳ぐらいで24%に達してしまうためぎっくり腰になった。

料金施術料金や出張料金などはこちらから

口コミ多くの方にご利用いただいております。口コミは、どんなに自慢しても手前味噌なので控え目にご案内します。

総合案内ページここから案内ページを辿っていただくと分かりやすいです。

良くある質問概要はクリックしてご覧ください。

施術内容可能な限り丁寧に施術を行うように心がけております。

適応範囲腰の痛みなど幅広いものに対応してますのでご相談をください。

お断りするものまずはご相談をください。

店舗アクセス都営大江戸線の「落合南長崎」、もしくは西部池袋線の「椎名町」駅から徒歩で来院できます。

ご予約前の諸注意可能な限り丁寧・真摯に対応しますのでご安心ください。

店舗案内

最新ページ

基本

原因別

部位別

症状別

睡眠・寝る

対応・対処

運動・ダイエット

仕事

姿勢

息抜き用

東京都

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰

東京都豊島区南長崎3-15-12 402

◆ぎっくり腰の緊急依頼
→電話番号
090-2413-0651

重点ページ

※特に力を入れて書いたページ(登場人物はすべてフィクションです)

ぎっくり腰で立てない

30代漫画家男性のぎっくり腰

ぎっくり腰の一番の恐怖とは?

トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった

デッドリフトで腰を痛めた30代男性

建築デザインをする男性のぎっくり腰

仕事の出張でぎっくり腰になった

中国人観光客、モンファさんの症例

ぎっくり腰のときの寝返りの方法

ぎっくり腰になったらどうするのか?

生後間もない赤ちゃんの抱っこでぎっくり腰になった

車から降りるときにぎっくり腰になった

腰方形筋によるぎっくり腰

子育ての疲労によるぎっくり腰

座っているとお尻が痛くてたまらない

スチュワーデスのぎっくり腰

ぎっくり腰予防に必要な栄養素は?

ブロック注射で治らないぎっくり腰を改善した

3歳の娘を抱っこしたらぎっくり腰になった