ぎっくり腰専門 アークス整体院

サイトマップ82

  1. 体を起こした状態でもっとも腰の負担の軽い姿勢背もたれに120度寄りかかった姿勢
  2. 基礎体温の低下筋肉量が減少しているため日本人の平均的な体温は50年前より1度下がっている
  3. 基礎体温とぎっくり腰低体温になると体の組織が強張り、筋肉が反射的に固くなってぎっくり腰を招き安い
  4. 誰にでもできる防止のための基礎体温上昇法短期的に熱産生を高めるには①お風呂にしっかりと入る。②塩分をしっかりと取る。③水分を控えめにする。④肉やお米を食べる、といったことを行うと良い。
  5. 下肢の冷えの関係について下肢の冷えはぎっくり腰の原因として大きく、足が冷えてしまう原因は下半身の筋肉量が不足していることによる。足の熱産生が不足するともともと筋肉量の多い腰部がその分熱産生を過剰にがんばるため腰部の筋肉が疲弊して腰部の筋肉が張って腰椎の動きをさまたげぎっくり腰の背景となる。
  6. 痛みを強烈にしているもの。腰はもともと痛みに敏感な部分である。また、痛みを感じる瞬間に脳幹網様体が危険から全力で逃れられるように意識レベルを最大限に高めるため、痛みの情報に過度に反応する。
  7. 痛みを放置するとどうなるのか?痛みが慢性化する危険性がある。痛みは大脳辺縁系の情動に不快な情動を持たせ、不快な情動が脳裏に焼きつく
  8. 筋肉痛の有無について筋肉痛を伴うのは筋肉に極度な負担が加わったときであり、追い込みすぎにより十分に超回復が得られず逆に筋肉が衰えてしまうことがある
  9. 筋肉痛が生じる理由筋肉が酷使されすぎると生じる現象であるため筋肉痛を生じない程度の負荷設定にすると良い。
  10. 膝関節との関係について膝関節のコンディション低下があり、膝がしっかり伸びなくなると腰を屈める動作が困難になる。
  11. ランニング障害との関係についてコンディショニングに眼を向けないと何度も繰り返す。
  12. ハンマートゥーとの関係足の指先が曲がったまま伸びなくなるハンマートゥーでは地面との接地面のなす支持基底面が減少して不安定になるため腰の筋肉の負担となってぎっくり腰の発生を増やす。/li>
  13. 足裏のマメとぎっくり腰足の裏にしぶとい痛みをもたらして、行動を消極的にすることで腰部の血行障害が起こりぎっくり腰を招く。
  14. 発生に関係するタンパク同化作用と異化作用運動後のホルモン活性により急速に筋線維周囲のたんぱく質が筋肉に取り込まれるのがタンパク同化作用、エネルギーが枯渇したときに燃費の掛かる筋肉を分解して燃費を押さえエネルギーとして転用してしまうのがタンパク異化作用。
  15. タンパク異化作用によるぎっくり腰空腹時に筋肉をエネルギーとして分解して体を弱体化させている可能性があるため特にめんどくさくて欠かしてしまう朝ごはんをしっかりと食べる
  16. ぎっくり腰とプロテインプロテインだけを飲んでも筋トレによるタンパク同化ホルモンの活性を導かないと筋肉にたんぱく質は取り込まれない。
  17. 腹筋運動の間違い胴体を鍛えて引き締めれば腰痛を防げると思うが実際には体脂肪による
  18. 筋トレのセット数についてセット数は数セット取り組まないとポテンシャルを発揮できない。
  19. 回数の自慢十分追い込んだ質の高いトレーニングになるほど実施回数は少なくなる。
  20. 長時間頑張らないといけないという間違い筋トレは長時間を要するようなものではない。短時間集中して体を追い込んで鍛えるから能力が高まる。
  21. 過負荷の原則日常よりも高いレベルの負荷で鍛える必要がある。
  22. 実施内容の間違い筋肉を増やすためには無酸素運動、脂肪を落とすためには有酸素運動など目的に応じて必要なものは異なる
  23. 集団トレーニングの間違い日本式の集団で同じことをするメニューでは効果が初心者にとってはきつすぎて、熟練者には軽すぎるという問題がある。
  24. 一生懸命にトレーニング頑張っても全く腰痛が治らないのは?目的を有酸素運動と無酸素運動で間違っていることがある。
  25. 防止のための運動量とその根拠厚生労働省が推奨する運動量である1日一万歩は、健康に体重を落とせ
  26. 寒さとの関係について寒くなるとぎっくり腰が発生しやすくなるのは①筋肉の硬直、②神経への寒冷刺激、③体力の消耗によるもの
  27. 腹筋について一生懸命に割れた腹筋を目指して上体起しを頑張るが割れる現象は体脂肪が10%未満になることで生じるもの
  28. 筋トレと交感神経と副交感神経の作用筋トレは交感神経の活発化したタイミングに実施し、副交感神経が活発化したときには出来るだけしっかり休む
  29. 目的筋肉量を増やすことよりも体脂肪を減らすことが現実的
  30. 筋肉量が10キロ増えるとどうなる?毎月1キロの体脂肪減となる。
  31. 仕事が忙しい人のためのトレーニング出来るだけ筋肉量を増やす短時間集中の無酸素運動による筋肉量を増加させる運動をする。
  32. 優先的に鍛える部位足の筋肉を鍛える。
  33. 発生を防止するための運動療法運動はやり方次第で体温を上昇させてぎっくり腰の発生を大幅に減らす。
  34. 大腿四頭筋鍛錬のメリット機動力が増えることで作業効率が向上し仕事の能率が高まるため腰を休めている時間が長くなる。
  35. 〃メリット②大腿四頭筋は膝のバネとして作用し、衝撃を吸収して腰の負担を軽くする。
  36. 〃メリット③大腿四頭筋は筋肉量が大きいため代謝を高めて肥満を防止したり、疲労を軽減する。
  37. 腹筋運動の効果①腹筋の添え木としての役割、②腹圧による腰椎の安定、③フォースカップル機構として腰椎の働きを補助する。
  38. 有酸素運動筋肉が収縮しながら力を発揮するコンセントリックな筋収縮だけで構成されるものを行うこと。
  39. 筋トレセット数1セットだけではトレーニングは不十分で、追い込んだ内容にするためには必ず複数のセットをこなす必要がある。
  40. 実施時間帯筋トレは夕方に実施することが良い。
  41. 短時間で筋肉を鍛える方法脳の興奮性を高めると短時間で鍛えることができる。
  42. やらない方が良いタイミング寝る前の副交感神経が優位になるときには行なわない方が良い。
  43. セット数の誤りセット数が多いほど上級者で、少ないほど初心者は誤り、初心者ほどセット数を多く、休憩を挟みながら行なうべき
  44. 筋肉に満遍なく刺激を与える方法複数のセット数で行なう
  45. 優先的に鍛える部位下半身を動かして有酸素運動をすることが良い
  46. 運動に良い時間とだめな時間理想的な時間帯は午後4時
  47. 筋トレ前の大切なこと。空腹のまま行なってはいけない
  48. 実施しやすいタイミングの目安。そのときの体温を参考にする
  49. 東洋医学から見た発生原因頭熱・足寒(頭に血が上ってヒートアップしたり、足が冷えてしまったり)が原因で血流が悪くなり、血流の悪い所に?血が生じることで?血が正常な細胞の機能を妨げることで最もエネルギー需要が高く?血の溜まり腰部にぎっくり腰が生じると考えられている。
  50. 水毒とぎっくり腰の関係過剰な水分摂取は筋肉のコリを生じさせる。
  51. 慢性的なぎっくり腰に見られる腎虚背景には高齢者特有の腎虚があり、オシッコの障害や足のむくみなど腎臓の機能の低下に伴う足の症状などを呈する。
  52. 昇症・降症との関係下半身の筋力の衰えなどが背景にあり下半身で熱を作り出すことができなくなると優先順位の高い上半身に血流を集中させて昇症が現れる。
  53. 背景となる腎虚下半身の虚脱性の症状により足の踏ん張りが弱まったり、腎臓の血液産生能力が停滞してスタミナ不足を引き起こしたりする
  54. 背景となる汚血の症状汚血の症状としては①発疹・痒み、②炎症
  55. リンゴ型肥満との関係足の踏ん張る力が弱く安定性に乏しいため腰部の負担が大きい。
  56. なりにくい理想的な体型足が細く踏ん張りが弱く筋肉量が少ないゴボウのように細い足だと発生率が高く、ガッシリとした巨木のような丈夫な大根足は踏ん張る力や熱産生に優れぎっくり腰になりにくい
  57. 高齢者の下肢症状腰部脊柱管狭窄症などを背景にしているものもあり、間欠跛行や下肢症状に特徴がある。
  58. 高齢者の背骨の狭まるもの腰部脊柱管狭窄症には馬尾型・神経根型・混合型があるが、馬尾型では足や会陰部・殿部の痺れをうったえ、神経根型では一側・もしくは両側の下肢痛と殿部痛があり、混合型では両者の症状が出る。
  59. 高齢者が陥る最大の原因足がゴボウのように細くなってしまうこと
  60. 楽してダイエットする方法高強度トレーニングで筋肉量を増やすことが良い
  61. ぎっくり腰の防止のためのダイエットの2つの方法摂取カロリーを減らすか、消費カロリーを増やす
  62. ぎっくり腰の防止のための間違ったダイエット食事制限による絶食によるダイエットが間違い
  63. ぎっくり腰防止のためのダイエットで鍛えるべき部位
  64. ならないための拘縮予防拘縮とは体の固さのこと。運動不足なデスクワーカーの場合はもともと体の固さを実感しているが柔軟性は日頃の鍛錬によるもの。
  65. 防止のための3つの体内条件3つの体内環境である骨・筋肉・体内循環を高める
  66. 楽に防止する方法防止のためには基礎代謝を高めるべく筋肉量を増やすことが良い。
  67. 腹筋の誤解タプタプのお腹が原因なのだろうと弛んだ腹筋を引き締めるために腹筋運動に着手する。そして結果的に腹筋が割れないため諦めてしまう
  68. 慢性化の症状について痛みとは脳内では電気信号として様々な場所に伝達されており、慢性化とは電気が漏電したように痛み刺激が多く加わりすぎることで気質的な変性を起ししやすい
  69. 神経の可塑性について痛みとは電気信号であるため、神経回路に常に加わり続けるとマシンが壊れるように負担を与えるため、ぎっくり腰に陥ったときには早期に痛みを改善する
  70. 背中、外側肋骨横突起間靭帯によるもの肋骨と胸椎の関節で呼吸などの肋骨運動の支点となる部分をつなぐ肋横突関節靭帯がデスクワークなどの呼吸運動の現象によって機能不全に陥り血流悪化から発痛物質が蓄積してしまう
  71. 水分過剰摂取とぎっくり腰水は熱を吸収する作用が高いため汗や尿などと供に熱が失われ易い。一日の尿量が1L~1.5Lを上回る場合には過剰摂取が疑われる
  72. ぎっくり腰と最大酸素摂取量車の排気量に当たる最大酸素摂取量は筋肉量が多くなるほど高くなり、少ないほど呼吸を激しく動員するため背中が痛くなる。
  73. 若者のブランチによるぎっくり腰の増加朝と昼を兼用で食するブランチは空腹の時間が長くなり、筋肉からアミノ酸が分解されて体が異化作用に転じてしまう
  74. ぎっくり腰の防止法主に肉体的な要因について考えられるものをまとめました。
  75. エンゲル係数と腰痛の関係性エンゲル係数の先進国での平均は23%程度、高すぎても・低すぎても腰痛を起こす
  76. 慢性腰痛患者の心理特徴、情報化社会への不安と信頼現代では情報が溢れ返っており何が本当に正しいものなのか?判断ができずにおり治療家との信頼関係こそが治療には必要となる。
  77. 腰椎症と腰部椎間板症についての一考察姿勢を真っ直ぐにして立つときには必ず腰痛が支柱として機能する。腰椎症と腰部椎間板症に陥ると真っ直ぐ立つことが困難になる。
  78. ぎっくり腰のトリガーポイントについての一考察罹患部位を指で押すとジンワリとする圧痛点があれば筋・筋膜性疼痛とする説があるが、圧痛点がないものでも筋・筋膜の治療効果は十分にみられる
  79. 腰痛の分類医学的な分類について、本態性とか、原発性とか余計分からなくならないように意味を知ることが大切
  80. 慢性腰痛が起こる日本の医療の理由医療の高度化により分業しすぎてしまい医師が専門外のものに対応できなくなっているから
  81. ぎっくり腰と類似した病態類似したものには寝違え、こむら返り、顔面痛、足や指の攣り、しゃっくり、わき腹のひきつり、てんかん発作がある。
  82. ぎっくり腰とてんかんの類似性同じくして神経の興奮性の上昇から由来している。
  83. 何もしていないのにすぐ足腰が疲れ果てる原因膝や股関節、足首の関節が曲がり、関節間力が失われることで筋肉の動員が増えることで生じる。
  84. 骨盤傾斜と腰痛の関係骨盤を傾斜させてしまう理由には中殿筋や小殿筋、内転筋が関係する
  85. 腰痛とつまづきやすさの関係腰部の神経促通の問題、腸腰筋や下肢の筋肉の衰え
  86. ぎっくり腰は何もしなくても起こりますか?何もしなくても起こる。しかしよくよく振り返ってもらうと幾つかの条件が重なっている。
  87. 糖尿病患者が気をつけるべき腰痛糖尿病患者では免疫抵抗力が落ちていることに注意をする。
  88. 腰痛疾患で寝ていて楽だけど立ち上がったときに痛みが現れるもの立ち上がるときに痛みが最も強く一旦立ち上がれば多くの腰痛は症状が和らぐ
  89. 腰痛を起こす人と起こさない人の腰部の違い背骨の前方支柱がお腹の真ん中にあるほど腰痛に陥り難い
  90. ズッシリする腰の痛みの原因と治療法腰の筋肉の血流量の低下によるもの
  91. 漠然とした腰の痛みで休むと楽になるもの休むと楽になるものは総じて疲労によるものであり血流が悪くなっている。
  92. 慢性腰痛が治り難い理由人は見えない部分を意識することができない。見える部分には障害が少ない。
  93. 腰痛の発生周期から見た分類腰痛には短周期・多周期・進行型の3つがある。
  94. ぎっくり腰防止のための栄養素防止のためにはどういった栄養素をとるべきか?ということよりも現代人の多くは過剰摂取気味である。
  95. 睡眠中に完全に痛みが消失する腰痛臥位姿勢でも痛みがある程度あるが、睡眠中に完全に痛みが消失するときには脳の痛み制御の仕組みに問題がある
  96. 虫垂炎(盲腸)と誤診されやすい腰痛症状腰の筋肉から由来するお腹の痛みがあるので注意しよう。
  97. ぎっくり腰が重症化する患者の典型典型的なものが極端な柔軟性の低下。日常生活に支障を来たさないギリギリの関節可動範囲では不意に腰に負担を掛けただけで腰部を悪くする。
  98. 腹痛と誤診されやすい腰痛疾患腰痛と誤診されやすいものに腹痛があり、腰の筋肉の腸腰筋が関係するものが多い。
  99. アトニー症状によるぎっくり腰筋肉の弛緩によって起こる体の様々な機能低下、
  100. 機能性胃痛症とぎっくり腰の違い体位や食事が関係する
  101. 胃腸の痛みと腰痛の関係腰痛と胃腸の痛みは関係ないと思われがちだが密接な関係がある。
  102. 腰痛と自己治癒力腰痛は腰部に蓄積したダメージや老化によって起こると思うが自己治癒力によって起こされる。
  103. ヘルニアの自然治癒についてヘルニアは痛みが激しいものほど自然治癒しやすく、地味なものほど長期化しやすい。
  104. 腰痛と椎間板腔狭小背骨の隙間があったときには精密検査が必要なのか?
  105. 脱水症状と腰痛の関係急激な体内の水分変化はグラグラとふらついてしまい腰の負担を招く
  106. 腰痛を起こす骨盤後傾の原因とは?骨盤が後傾すると腰椎がストレートになり衝撃に脆くなる。後傾する理由はイスに腰掛ける姿勢によってハムストリングスが退化することにある。
  107. 圧痛点を伴わない腰痛の原因とは?椎間孔部分で末梢神経が傷つけられると痛みを生じると圧痛点を伴わない。
  108. 腰を反らす動作にともなう腰痛腰を反らす動作によって腰痛が発生するようになった場合には椎間孔部分で腰部の末梢神経が障害されていることがあり、椎間孔を拡張させる術式が有効となりうる。
  109. ヘルニアによって末梢神経の障害を強める原因足の筋力低下や痺れなどを来たす要因となるヘルニア、その原因の一つに腰椎の彎曲がある。
  110. 体幹の回旋可動域と腰痛の関係体全体と腰の動きの関係について
  111. 中高年の筋攣縮の原因筋肉が衰えすぎてびっくりしやすい
  112. 筋攣縮による腰痛の治癒経過筋肉がこむら返りを起こして痛くなったものでは治療によって痛みは即日で7割~8割ほど改善し、一晩寝て翌日から二日後ぐらいには痛みが完治することが多い。
  113. 睡眠負債による腰痛腰の痛みの多くは睡眠不足が関係しているが、睡眠不足から立ち直るときにみられる睡眠負債が特にその危険性を増加させる。
  114. 反射低下による筋攣縮による腰痛老人に起こりやすい反射低下は梅雨時や真冬や炎天下などじっと屋内で過ごすことで生じやすい。
  115. 腰痛と腰椎の関係一般的に腰が曲がるから腰痛になると思われているが逆に真っ直ぐになることで腰痛になる。
  116. 腰痛が増えたのは肉体の衰えなのか?全て歳のせいにしてしまうが、そうではなく現代社会への適応性による。
  117. 転子包炎股関節の外側にある大転子の摩擦を軽減するための転子包が炎症を生じることで痛みを訴えることもある。
  118. 代謝異常によるぎっくり腰糖尿病など代謝異常を起す病気では骨が脆く節々が太くなり関節が慢性的に痛くなる。
  119. 眼精疲労とぎっくり腰の関係デスクワークやスマートフォン操作によって常に目を酷使しますと視力の衰えにともなって顔を画面に近づける頭部の前方突出が生じる。前方に突出した頚椎によって頚椎の筋肉が酷使されると姿勢が前方荷重となり常に腰の筋肉が動員されて腰を痛めることがある。盆の窪のところにある頚椎のツボを刺激することも有効
  120. 関係する疲労物質について発生には疲労物質と発痛物質が関係しており、疲労物質のひとつとして上げられるのが乳酸
  121. 高校生のぎっくり腰高校生がぎっくり腰になることはあるのか?スポーツにはたびたびみられる。
  122. ぎっくり腰の原因となるハイポモビリティーとハイパーモビリティー同じところにばかり負担が集中するため同じようなアクシデントが再発をする。過度に負担が加わって慢性的に酷使されている部分のことをハイパーモビリティーと呼び、逆にほとんど使用されていない部分のことをハイポモビリティーと呼ぶ。
  123. ぎっくり腰と関節リウマチの違い年齢にして20代~50代までに発生する。
  124. 腰椎の椎間関節を損傷しやすい関節動作腰部は平面関節ゆえに遊びが大きく関節に回転運動が発生しやすい。
  125. 腰部が関節痛を起こしやすい構造的理由腰部の構造額的な問題として平面関節であることがあげられる。
  126. 関節不安定症が背景となるぎっくり腰デスクワークなど日常的に腰部の関節の固定した姿勢による骨萎縮や関節軟骨の脆弱化が関係する。
  127. 慢性ぎっくり腰患者に見られる関節不安定性関節不安定性とは骨をつなぐ靭帯や腱の弛みであり、関節を覆う筋肉が弱まることで生じる
  128. モビライザーとスタビライザー発生に関係する筋肉の種類について
  129. ぎっくり腰と体力の関係ぎっくり腰の発生にもっとも関係する体力要素が柔軟性
案内ページ
店舗案内

※現在「滞在中」の階層ボタンは反応しません。

案内サイドメニュー|アークス整体院
案内サイドメニュー|アークス整体院
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体