ぎっくり腰専門 アークス整体院

サイトマップ79

◆基本★基礎知識編、★痛み科学

◆原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

◆部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

◆症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

◆睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

◆対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

◆運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

  1. 歩く早さととの関係速度が速いほどぎっくり腰に陥り難く、遅いほど陥り易い。筋肉量と比例しており、速い人は筋肉が多く代謝が高いため体温が上昇して体の組織が温かくて柔らかいためアクシデントの発生が少なく済む。
  2. 筋トレ、ウォーキングの効果を上げる方法早く動作をするほど運動効率がよくなり消費エネルギーは動作の割りに少なくなる。
  3. 忙しくて運動ができない方にオススメの鍛錬法手の運動を行うこと。手が空いていることが多い
  4. 防止するために優先して鍛える部位脚の筋肉に弱さがあると慢性的に腰の筋肉が偏って酷使される。
  5. 筋トレのスピード速度が速いほど反動など筋肉以外の力を用いるため負荷が軽くなって筋肉を刺激できなくなる。
  6. 腹筋運動について腹筋運動をしてもお腹は凹まない。筋肉が増えて胴回りが余計に太くなる。
  7. 筋トレのスピード早すぎても関節を痛め易く、動きが完全に止まると心臓や血管に負担が大きい
  8. 筋トレ負荷設定がきつすぎると?余りにも負荷設定がきついと関節軟骨や関節組織を損傷するため最低でも10回ぐらいの反復可能回数のものを実施すると良い。
  9. 腹部トレーニングのお腹だけ痩せたいという間違い部位を限定して痩せることはできない。
  10. 筋トレ、体にとっての理想的な時間理想的なタイミングは16:00~17:00
  11. ストレッチで心がけていただくべきことストレッチをすることで背骨をしなやかに動かせるようにすることが大切。このときには強引な方法で体操をすると筋紡錘が過剰に興奮して余計に筋肉が固くなるため車のシートベルトを想起し、ゆっくりと最初から最後まで静かに動かすようにすると緊急停止が発生せず体を柔らかくすることができる。
  12. お腹の脂肪を減らしてぎっくり腰を防止するには?腹筋を鍛えてもお腹の脂肪はエネルギーとして使われない。
  13. 筋トレゆっくり行う理由腹筋を鍛えてもお腹の脂肪はエネルギーとして使われない。
  14. トレーニングの種類体質の改善効果が最も高いのはジョギングなどの全身運動による有酸素トレーニング
  15. 筋トレの速度理想的な速度は持上げるときに1~2秒、降ろすのに2~4秒
  16. ダイエットで優先的に燃焼する部位有酸素運動を実施すると優先的に消費するのは腹部の内臓脂肪
  17. 筋トレ、筋肉に有効な刺激関節動作の全般にわたって勢いをつけないこと。

◆仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

◆姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

◆息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

◆分類不能

  1. 大きな体をしているのにぎっくり腰になるのは?体が大きくても構成する内容に問題がある。
  2. 外見から分からぬぎっくり腰のリスク筋肉量は外見から判別することが難しく、多くの中年男性は自分は筋肉質であると考える。
  3. 筋肉モリモリの人のぎっくり腰の防止法筋肉を鍛えるメニューとして単関節メニューに偏っている傾向があり、多関節メニューを用いる必要がある。
  4. 筋肉量について筋肉が体の安定性を保って腰部の負担を軽減してくれる。またプロテクターとして関節を保護したり、体温を上昇させて関節を滑らかに動かすなどさまざまなぎっくり腰の防止のメリットがある。
  5. 心身の不調との関係血液循環が悪くなっており、脳も筋肉も血液からエネルギーの供給を受けている。
  6. 朝方に起こりやすいメンタル的不調の原因発生は朝方に多いが十分な血液循環ができていない眠ったままの体の状態が関係しており、体の状態と供にメンタル的な部分も上手く機能していないため、一時的に気分が沈んでおり仕事に集中できておらずミスを誘発しやすい。筋肉量を増やすことが大切で、筋肉を朝方に動かすことで血流を良好にすることも心身の調子を高めてぎっくり腰を防止する上で良い。
  7. 風邪ひきとぎっくり腰運動をして基礎体温を1度高めるだけで風邪は引かなくなる。
  8. 高血圧との関係筋肉量が少ないと血液を循環させる能力が低いため心臓や血管の筋肉ががんばって血圧が高くなる。また、筋肉量が少ないことで腰部の耐久性が失われぎっくり腰の発生リスクが増す。どちらも筋肉量が関係しているため毎日の運動で地道に筋肉を増やすことが良い。
  9. 慢性的なものや腰痛に陥りやすい人の職業事情について最も多い職業は無職者である。仕事などで腰を患ってしまい働けなくなった方が無職に陥っているケースもあれば無職者の肩身狭い思いから自宅に引きこもってしまい運動不足から循環不良を招いてぎっくり腰に陥りやすくなることがあげられる。
  10. 高齢者の腰部疾患を背景としたものの腰痛症状腰痛症状は慢性的に見られることがあり必ずしも特徴的ではなく、腰椎椎間板症や腰椎対間関節症由来の前屈型や後屈型の痛みを生じることがある。変形が進んで腰椎がつぶれるとむしろ不安定性がなくなって痛みが軽減することがあり、著明な脊柱の不撓性を示すこともある。
  11. 寒さによるぎっくり腰の防止法足踏み運動などその場で体を動かして熱を作ることが良い。
  12. 慢性腰痛患者と寿命との関係筋肉量が少ないほど基礎体温が低くさまざまな病気の原因となる。筋肉は血液循環を補う働きを持っているため減少すると脳梗塞や心筋梗塞、悪性腫瘍などの発生リスクが上昇して寿命が短くなることもある。
  13. 足腰が衰えて歩けない患者のものの対策筋肉量の減少による基礎代謝の低下・血液循環能力低下によって血行の悪い所に発痛成分が蓄積することによって発生するメカニズムがあり、足腰の衰えた高齢者に多い。足腰が衰えて満足に歩くことすらできなくても上半身や腕の運動で筋肉量を増やして代謝を高めることで腰痛が軽減することもある。
  14. 発生が多い地域寒い地域に発生率が高くなる傾向があり、寒さによって体が冷えることで筋肉が硬直し、腰部の運動を制限したり、熱産生によって体が疲れてしまい体が緊張を強めることが発生に影響する。
  15. 発生を抑える誰にでもできる方法日頃の肉体疲労にストレスが加わることで生じる。ストレスとは仕事の特性上避けることはできず、他人の面倒を請け負うのが仕事であるためどうしてもストレスが溜まる。他人に話を聞いてもらうだけでも随分と体の疲労が抜けるが聞く方もストレスが溜まるためお金を支払う客と店の関係を築ける場所でできるだけストレスを発散することが良い。
  16. 高齢者のぎっくり腰の下肢痛について腰の痛みだけで足の症状は伴わない。足の症状には他の腰部疾患の可能性があり、姿勢での変化、ふくらはぎの痛み、攣りや締め付け、下肢の痛み、両足裏の痛みなどの観察ポイントがある。
  17. 腰椎分離・すべり症が背景となるものについて思春期の病気である腰椎分離症や中年期の続発症であるすべり症などの持病が背景となっておこるぎっくり腰では脊柱所見が見られることがあり、腰椎前彎曲の増大、棘突起の階段状突出、腰をそらすと足腰が痛い。ケンプテスト陽性、脊柱の圧痛などが特徴である。
  18. 背中のぎっくり腰のアプローチ法背中が辛くなるタイプのぎっくり腰では呼吸動作に影響する肋骨横突関節や、胸椎肋骨関節が原因となることがあり、血行不良を改善するためには胸椎肋骨関節では棘突起から一横指を垂直押圧、肋骨横突関節では二横指を内側から外側へ向けて押圧する。
  19. 好発部位とその理由下部腰椎で発生することが多くその理由としては体重の60%がその部位に集中するから。また腰椎の前後屈動作の70%が腰仙関節、20%が第4・第5腰椎間で行われるため腰椎のストレスが集中しやすい。腰をかがめるときなど手を両膝に付いたり、壁や手すりに当てるなどして腰椎の負担を軽減することが良い。
  20. 重たいものを持上げてなったらどこを鍛えるべきか?デスクワークなどでも腹筋と背筋は日常的に使われており、本当に衰えているのは脚、脚が弱いと踏ん張りがきかないため腰を悪くする。
  21. 患者に見られる背を丸める姿勢背を丸める姿勢によって生じることが多く、背を丸めると背骨のサスペンション機能が失われてしまい物理的なダメージに弱くなるため、日常ではできるだけ背を伸ばして過ごすようにすることが良い。
  22. 防止のための体内循環について疲労を溜め込まないように体調管理をして健康状態を高めることが有効。体調管理に置いては体内循環の状態を一目で示す皮膚に着目し、皮膚の潤いや色調、熱など血流が十分に循環しているかを観察することが大切。
  23. なぜ辛いのか?辛い情動を引き起こすのは脳幹網様体による意識の明瞭作用と大脳辺縁系による不快情動作用が痛みによってもたらされるから。
  24. 内臓脂肪の減らし方内臓脂肪を減らすためには全身を鍛える
  25. 治療の概念で必要な先行鎮痛の概念について痛みは電気信号として体内を伝わるが余りにも強い激痛であるため高圧電流のようなものであり、電気回路が容易く故障するように痛みを我慢し続けると神経系に可塑性を生じさせる。可塑性を生じさせないように早期から痛みの対処を行うことを先行治療と
  26. 筋肉の異常緊張の原因筋肉の異常緊張の原因
  27. ぎっくり腰治療におけるカイロプラクティック療法について骨のゆがみを矯正して神経圧迫を軽減する療法
  28. 坐骨神経痛によるぎっくり腰と通常のぎっくり腰の違い坐骨神経痛の場合は足の症状を伴う
  29. 頑固な筋肉のコリによるぎっくり腰の解消法骨格の配列のゆがみをカイロプラクティック療法で矯正すると良い
  30. 坐骨神経痛タイプのぎっくり腰の注意点痛みがぎっくり腰よりも軽いこと
  31. 神経痛タイプのぎっくり腰の原因東洋医学では血流不良、西洋医学では骨格の配列の乱れと考える。
  32. 坐骨神経痛タイプのぎっくり腰の注意点痛みが軽いけど地味でしぶとい
  33. ぎっくり腰防止のための腰の負担の緩和法姿勢の悪さを矯正すると、背中の筋肉の不必要な動員を改善できる。
  34. なぜ慢性的なぎっくり腰に陥ってしまうのか?姿勢の悪さによって腰の筋肉を過度に動員するから
  35. ぎっくり腰の一般的認識の大きな間違い背骨がズレしまうぎっくり腰はない
  36. ぎっくり腰の一般的な手技療法カイロプラクティックでは骨格の配列を矯正し、マッサージは筋肉の血流を改善する
  37. ぎっくり腰の間違ったイメージ骨がずれることはない。むしろまっすぐ
  38. ぎっくり腰に陥り易い方の評価法立位や座位で腰や背中の状態を観察することが良い
  39. 慢性化しているぎっくり腰患者の理由痛みが治まることが完治の定義ではない
  40. ぎっくり腰の触診法圧痛点を評価する静的触診と、痛みの出る関節や可動域を評価する動的触診がある。
  41. ぎっくり腰治療におけるオーバーホールの必要性仕事の過渡期を過ぎたらオーバーホールを取り入れること。
  42. 病院や整形外科と整体の治療法の違い病院や整形外科は画像で静的な状態を評価する。整体では徒手検査による動的状態を評価する
  43. 慢性ぎっくり腰患者の完治の考え方その場限り痛みが治まることを完治だと思われることが多い
  44. 多裂筋によるぎっくり腰とその緩和法腰椎の乳頭突起をキャッチングに用いてリリースする
  45. 慢性腰痛の完治の間違った考え方薬を使ってでもとりあえず痛みが治まることを完治と考えている
  46. 腰を屈める動作でのぎっくり腰背中の筋肉が硬直しているときに不意に屈むと起こる
  47. 慢性化しているぎっくり腰で抗炎症剤を飲み続けている方に必要なこと弱りすぎた筋肉がオーバーワークを起こしている。
  48. 筋肉のコリによるぎっくり腰と軟部組織テクニック疲労によって高まった興奮を鎮める、筋肉の操作法のこと
  49. ぎっくり腰対処:抗炎症剤を用いるデメリット抗炎症剤は必要以外のところにも作用が及ぶ
  50. ぎっくり腰判別:椎間板から由来するものとそうでないものの違い背中のゴツゴツを押したときに圧痛を認めるなら椎間板由来の痛み
  51. ハムストリングスによるぎっくり腰の軟部組織テクニック大腿骨と指で筋肉をはさみこむようにキャッチングして緊張を解消する。
  52. 腰部の神経の圧迫によるぎっくり腰の改善法可動式ベッドで屈曲牽引操作をし、腰の圧力を分散する
  53. 非日常的な動きによるぎっくり腰の要因①捻る、②腰を横に屈める、③上背部の痛み
  54. ぎっくり腰防止で着目するべきことなぜ腰に無理を重ねる日常を避けられないのかに着目する
  55. ダンスの頭を振る動作によるぎっくり腰頭を振ると背中を患いやすい。棘上靭帯の痛覚過敏を起こす
  56. 腰部脊柱管狭窄症の馬尾型と神経根型の違いについて神経根型は片側の足の痛み、馬尾型は両足の痺れ
  57. ぎっくり腰対策:痛みが強くなる部分の共通点血流の循環の悪いところが痛くなる
  58. 中高年の腰痛で見られる残尿感・会陰部の違和感について腰部脊柱管狭窄症を患っていることがある。
  59. ぎっくり腰の痛みはそもそも何なのか?炎症反応によって腰の痛覚が過敏になったもの
  60. ぎっくり腰の痛みと姿勢の影響について寄りかかる姿勢で痛みが緩和されるものと、緩和されないものがある。
  61. 健康な方のぎっくり腰や腰痛に対しての最大の誤解腰痛は対岸の火事ではない
  62. 高齢者のぎっくり腰の日常ケア腰を丸めるストレッチが有効なことがある。
  63. 若い方が陥るぎっくり腰発生数そのものは若者に多い。腰を酷使する機会が多いから
  64. 高齢者のぎっくり腰が悪化する要因腰を曲げると痛みが緩和されるが、その姿を受け入れられないから。
  65. ぎっくり腰の慢性化を防止するための体の使い方腰に疲労を蓄積させないようにセルフケアや治療を受ける。膝のバネを使って歩く
  66. 高齢者のぎっくり腰の日常ケア方法側臥位で体を丸めて寝ることが良い
  67. ぎっくり腰の慢性化を防止するための考え方腰は消耗品と考える。大切に使うこと
  68. 高齢者のぎっくり腰の治療のための膝抱え体操膝を抱え込んで背骨の隙間を広げることが良い
  69. ぎっくり腰の経過10日で多くが良くなる
  70. 急性期のぎっくり腰の緩和のための膝抱え体操腰の緊張が緩和されて背骨全体にストレスが分散される
  71. ぎっくり腰の患部の炎症反応炎症反応は傷ついた細胞の欠片が非自己として認識され免疫から攻撃を受けて起こる。
  72. ぎっくり腰のときの痛くない体位変換回転半径を小さくして動く
  73. 抗原抗体反応の仕組み血流が供給されていない細胞の組織が遊離すると敵と認識されて免疫細胞から攻撃を受けてしまう。
  74. 『腰痛持ち』を自覚している方のぎっくり腰で注意すること痛みの原因に着目すること。安静にせず早期に治療を受けよう。
  75. 椎間板のゆがみのぎっくり腰による反射低下について膝蓋腱反射が低下すれば第四腰椎、アキレス腱反射が低下すれば第一仙骨の障害
  76. デスクワーク中に心がけたいぎっくり腰対策背もたれに寄りかかると腰を休めることが良い
  77. ぎっくり腰の防止にオススメする温熱療法について電気毛布などが効率的に体を温められて良い。
  78. 仙腸関節が原因となるぎっくり腰について呼吸能力が低下した人に多い
  79. ぎっくり腰患者にみられる上実下虚の自律神経症状について上半身に体のエネルギーが滞留し、下半身に行き届かなくなることで上半身がのぼせてしまう。
  80. ぎっくり腰のときの痛みの体内の伝わり方電気信号が神経線維を伝わり、神経の接合部は化学物質によってやり取りされる。
  81. ぎっくり腰の痛みを伝える物質について痛みは電気信号に変換される。神経の連結部では化学物質によって情報をやり取りする。
  82. ぎっくり腰の痛みの症状が出やすい二大部位心臓と皮膚
  83. ぎっくり腰の痛みを和らげる方法

    ①痛み成分の発生そのものを抑える、
    ②受容器と痛み成分の結合を抑える、
    ③神経伝達を抑制する、
    ④脳での痛みの感知を抑える

  84. ぎっくり腰後の日常ケアの腹式呼吸について腹式呼吸は副交感神経を優位にしリラックス出来る。
  85. ぎっくり腰で見られるギビングウェイについて腰を支える力が失われていると腰の不安定な感覚が見られる
  86. ぎっくり腰防止のためのフィジオロジカルカーブ頚椎は前彎曲、胸椎は後彎曲、腰椎は前彎曲している
  87. ぎっくり腰防止のための栄養学、食物渇望無性に食べたいものに必要な栄養素が含まれている
  88. 肋間神経痛とぎっくり腰の関係ついて。背中が痛くなるぎっくり腰と特に関係の深い肋間神経痛、呼吸障害なども来たす。
  89. ぎっくり腰の誤解、気象条件ぎっくり腰の原因とは気象条件であると考えられている。特に何も対策せず、気象条件だから仕方ないと諦めているケースはあまりにも多い。
  90. 普段は腰が痛くないのにここ数ヶ月で何度もぎっくり腰に陥るのは?元気なときにはまったく腰が辛くなく、何でもできる。でも、ときおりぎっくり腰になりなんども頻繁に繰り返している。
  91. ぎっくり腰の発生要因デスクワークによる背部の痛み軽いものをもちあげたのに背中が急激に痛くなってしまう理由
  92. イスから立ち上がるときの痛みについてぎっくり腰でイスから立ち上がったり、寝転んだ状態から起き上がるときに痛みが強くなる傾向は、腰をかがめた拍子に腰部の椎間板が椎間板後方に分布している自由神経終末を刺激して炎症などが生じていることが考えられる。
  93. 腰の負担に強い状態とは?僅かなS字の彎曲が背骨全体に保たれると背骨の耐久力は10倍になる。
  94. 慢性ぎっくり腰と健康余命ぎっくり腰を何度も繰り返しているケースでは足腰の衰えが深刻化しており、要介護期間が長くなってしまう。
  95. 手軽に実施できる意外な防止法重たい荷物の持上げ方にだけ気をつけても不十分であり、できるだけ日常の腰部の負担を軽減することが必要。デスクワーク中は腰を真っ直ぐ伸ばすのに足元の踏ん張りが必要となり、足元をフットレストで斜めにすると背もたれに寄りかかったときの体の軸と足元が直行するため体が安定しやすく腰の負担が軽減される。
  96. デスクワーカーの慢性的なぎっくり腰はなぜ起こるのか?イスに腰掛けていると背骨の本来のカーブが失われてストレートのクセがつき物理的な耐久力が10分の1になる。
  97. オススメ文献「やってはいけない筋トレ」イスに腰掛けていると背骨の本来のカーブが失われてストレートのクセがつき物理的な耐久力が10分の1になる。
  98. 患者が気をつけるべき筋トーヌスについて筋肉の脱力した状態でのテンションを意味する筋トーヌスに着目し全体のテンションが均一になるように日常からメンテナンスすることが望まれる。運動神経の興奮性が大きく関係しており、脳性・脊髄性・末梢性などが関係する。整体では主に末梢性のものを対象として調整している。
  99. 腰椎のストレート変形の発生原因イスに腰掛けるとS字のカーブが完全に失われる
  100. ぎっくり腰おすすめ文献「股関節の痛みは治る」慢性化して年々酷くなる腰の痛みに共通する考え方について
  101. 防止するためのキーワードぎっくり腰防止のためにはベクトルを絞って日頃から対策を測ることが大切。簡単に言うと『血流を良くする』ことを心がけていただくことが良く、整体やマッサージ、運動、音楽によるリラックス、ストレッチ、温かいものを食べるなど血流を良くするアプローチは沢山ある。
  102. ぎっくり腰防止のための腰部の状態を保つ方法イスに腰掛ける姿勢がカーブを損ね、衝撃吸収を妨げる。
  103. ぎっくり腰オススメ文献「腰痛は巻きタオルでよくなる!」腰痛の良い姿勢、悪い姿勢を分かり易く紹介し、他の不具合との関連も
  104. 防止のための腰の筋肉の緊張を緩める方法ぎっくり腰はカチカチになった腰部の筋肉による腰をかがめる動作の妨げによって生じることが多く緊張を緩めるためにはマッサージなども有効であるが脊髄反射を利用して腹筋を緊張させることでその表裏関係にある背筋の緊張を脊髄からの抑制によって緩めることが
  105. ぎっくり腰対策:正しい座り方イスに腰掛けているときに骨盤が後方に倒れる据わり方をすると背骨のS字彎曲が損なわれるため、骨盤を起して腰掛ける。
  106. 高齢者の慢性ぎっくり腰はなぜ起こるのか?発生の背景には長年の腰部の変性がある。
  107. これがもたらす自律神経異常についてぎっくり腰はただ単純に腰が痛くなるから我慢して過ごせば良いと思われるが、痛みによる不快なストレスが視床下部に働きかけて自律神経失調症などを起すこともある。副交換神経の変調は食欲不振や胃腸のストレス、交感神経の変調は代謝の低下、そのほかに呼吸や循環の調整の障害など多岐に渡る自律神経障害があるので不快な状態を放置せずに早期に対処を受けることが良い。
  108. ぎっくり腰防止のための正しい姿勢姿勢とは絶えず変化しているものでありどんなに良い姿勢でも同じ姿勢を続けることは良くない
  109. 高齢者が慢性的にぎっくり腰を繰り返す理由主には関節の軟骨の磨り減りにより骨同士が擦れてしまっている
  110. 股関節の屈曲拘縮との関係についてぎっくり腰は重たいものを持上げたときになるというイメージがあるが、日頃の姿勢などが問題になることがあり、股関節の屈曲拘縮のある歪んだ姿勢をしていると骨で体重を支えることができず、常に足腰の筋肉が緊張を強いられるため不意に腰を屈めたときなど負担に負けて腰部に激痛を発することがある。
  111. 高齢者の慢性ぎっくり腰で姿勢が原因となるものの特徴お尻の下に痣が出来ていることがある。
  112. 高齢者の慢性ぎっくり腰、なぜ不具合が大きくなる前に気がつかないのか?痛みが本格化するまでの途中では痛みが全く出ずに関節軟骨の磨耗が進む
  113. 高齢者の対策で気をつけること高齢者のぎっくり腰で良くある腰部脊柱管狭窄症では重たいものをできるだけもたないようにし、休みながらでもできるだけ歩くこと、できるだけ同じ姿勢で過ごさないようにしたり、足腰を温めることが良い。
  114. デスクワークのぎっくり腰対策画面の位置を高く設定して下を見なくても済むようにすると良い
  115. ぎっくり腰の鎮痛剤のデメリット一時的に痛みが治まるだけで症状は確実に悪化を辿る
  116. 高齢者の腰部変形を背景としたものの神経根症状について高齢者の骨粗しょう症などによる背骨の変形を背景としたぎっくり腰では腰部脊柱管狭窄症を生じるものがあり、神経根障害として第4腰椎と第5腰椎間で第5腰神経が障害されるものがあるが、1箇所だけのものがほとんどであり、複数個所に障害をもつものは稀である
  117. ぎっくり腰防止のための足のコンディショニング、呼吸ポンプ法足のコンディションが低下するのがむくみなどの下肢症状、むくみを改善するのに良いのが呼吸ポンプ法
  118. 高齢者の慢性ぎっくり腰の治療の誤り慢性化にいたる背景には鎮痛剤で痛みを抑えることが治療だと考えているから。
  119. 筋力不足との関係筋力不足が原因とする説があるが確かに現代人ではデスクワークが主体で体を動かす機会が無いため筋力が不足しているが、筋肉量と見合わないほど力が弱いケースがあり筋肉を使わないことが大切なときに筋力が十分に働かない原因であり、日頃から筋肉がいざというときに力を発揮できるように適度に動かす訓練をすることが良い。
  120. ぎっくり腰防止のための呼吸ポンプ法足に溜まった疲労を速やかに回復させるのが呼吸ポンプ法
  121. 高齢者の慢性化したぎっくり腰にグルコサミン・コンドロイチンは?若い方には効果は無い、細胞の働きの衰えた高齢者にヨーロッパでは有効な治療であるとされている
  122. 太腿やお尻、ふくらはぎの痛くなるものとセルフケア法腰だけが痛いのではなくお尻や太腿、ふくらはぎなど足に痛みが現れるタイプのものがあり、腰椎の根元の部分が障害を受けているときに坐骨神経痛として症状があらわれることがある。床に腰掛けて両足裏をくっ付け、股を開いた状態で上半身を前屈させると腰の筋肉がストレッチされて腰椎の根元の運動性が高まり坐骨神経痛が和らぐことがある。
  123. 慢性ぎっくり腰と健康寿命足腰の衰えは健康寿命を著しく短縮させ寝たきりや介護などで苦労をする
  124. 高齢者の慢性ぎっくり腰にASUは?ヨーロッパでは治療効果が認められており、病院などで処方されているほど
  125. ぎっくり腰防止によいたべもの コラーゲンを豊富に含んだマシュマロがおすすめ
案内ページ
店舗案内
案内サイドメニュー|アークス整体院
案内サイドメニュー|アークス整体院
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体