ぎっくり腰専門 アークス整体院

サイトマップ76

  1. モーションマインドが最大の腰痛対策動作の無駄や無理を減らそうとするモーションマインドが大切。節約を心がけるひとが節約思考、エコロジーを心がける人が少しでもCO2削減を考えて行動規範を立てることと同じ考えが大切。
  2. 予防は鍛えるよりも動かすこと筋肉を増やそうと頑張ることよりも動かして使うことで熱産生を高めることを心がけましょう。
  3. 反り腰が酷くなりすぎることで生じるもの姿勢は大別するとフラットバックと反り腰に分けられる。反り腰では腰部の彎曲が強くなりすぎて腰部の神経促通が障害されて腰方形筋が障害されて痛みを引き起こす。日常でのナチュラルストレッチを心がけて腰椎の反りを軽減した状態を保つとぎっくり腰に陥らないこともある。
  4. ぎっくり腰防止のためのストレッチ、ストレッチの3つの種類①コリをほぐす、②筋肉を興奮させる、③沈静化させる、3つ
  5. ぎっくり腰になりやすい人の遺伝的な素因遺伝的に持っている素因にしたがった生活スタイルならばぎっくり腰にはならない。
  6. 胸腰椎移行部での解剖学的な発生要因ぎっくり腰では優先的に症状が現れるのが下部腰椎であるが、その上下の骨盤や上位腰椎・胸椎などにもストレスが蓄積していることが多く、コンディション低下がすくなからずある。胸腰椎移行部は①肋骨頭の支えがなく水平方向に不安定で、②肋骨弓を形成せず、③易可動方向が急激に水平から矢状面方向へと変化するため機械的ストレスに弱い。
  7. ぎっくり腰の防止のためのコリをほぐすストレッチ1部位につき5秒程度の伸張刺激をあたえ、動きを止めずに全身を流れるように行う
  8. ぎっくり腰防止の筋トレ、筋トレの4つの目的①筋力は出力、②筋肥大は頑丈、③筋持久力は疲れない、④筋パワーは素早さ
  9. 発生原因で見落とされ易いもの。重たいものを持上げて発生するという動的な活動にばかり注目がされやすいが、デスクワークなどの固定姿勢による静的活動の方が筋肉の収縮しっぱなしの状態に陥るため、局所の循環不良を招き易くエネルギーの枯渇した状態に陥り易い。循環状態を改善するためには小まめに筋肉を動かすなど持続的な緊張を避けて動的な活動に近づけることがよい。
  10. ぎっくり腰防止のためのEMSトレーニングの是非寝たきりなど自力で筋肉を収縮させられない方には有効
  11. 中年太りによるぎっくり腰の原因運動不足による筋肉量の減少による基礎代謝の低下
  12. 線維筋痛症を背景としたものについて線維筋痛症が背景となるときにはほぼ毎日全身の痛みに悩まされており、ときおり身動きがとれないほどの重度のぎっくり腰になることもある。心理的な要因が多くの背景に存在し、事業の失敗・離婚・身内の不幸など心理的なトラウマが心身を衰弱させて全身の筋肉の興奮性を高めてしまっている。体の興奮性を鎮める整体法が有効
  13. ぎっくり腰防止のための筋トレ、忙しい現代人に良い方法忙しい現代人でも限られた時間に筋トレを可能とするのがEMSなどのマシントレーニング
  14. ぎっくり腰防止のための楽なダイエットとは?基礎代謝を高めることに着目することが大切
  15. なぜ猫背姿勢になるのか?腰部の負担の大きい背を丸めてしまう姿勢をとる原因は背骨を支える筋力の不足によるものが多く背を丸めて背骨の構造的な部分で背筋を支えていると次第に筋力が衰えるという悪循環に陥るので1日3時間は背筋を鉛直に過ごすように心がける
  16. ぎっくり腰防止のためのブルブルマシン体に細かな振動を与え、物理的なリラックス効果はあるが筋肉を鍛える効果はない。
  17. ぎっくり腰防止のための筋トレ、超回復超回復は休養中に起こるものなので筋トレ後は次回の再開まで一定の休養を組む
  18. 伸張反射によるものとその解消法原因には筋肉が急激に引き伸ばされたときに筋紡錘が緊急信号を発することで生じる伸張反射が原因となるものがあり、伸張反射が一旦発すると筋肉が強烈に収縮して骨膜の痛みの感覚神経を刺激して強烈な痛みを発し、私達の意図的な運動を制限することで大事に至らないようにさせる。一旦伸張反射が生じたときには腰部の脊柱起立筋の中心に生じた痙攣した筋肉に対して垂直な母指押圧を加えて伸張反射を緩めること
  19. ぎっくり腰防止の筋トレ、正しく運動が出来ているかどうかの目安運動を実施したときの体温や脈拍の変化に着目する。正しく実施できると体に熱が発生する。
  20. ぎっくり腰防止のための筋トレ、体が発達しない3つの理由①運動、②休養、③食事
  21. なぜ激痛が伴うのか?痛みが激しいのは症状の重さに由来するのではなく、痛みの感覚を支配している痛覚神経が腰椎周囲に網の目のように分布しており、実際の損傷度合いよりも派手に痛みを感じる特徴をもっているから。
  22. ぎっくり腰防止のトレーニング、効果の無い筋トレの目安効果の無い筋トレでは生命3大兆候に変化が見られない。
  23. しっかり運動をしてモリモリ食べて、よく寝ているのにぎっくり腰を繰り返す理由3つを頑張っているのに体がガリガリならばたんぱく質不足が上げられる。
  24. 痛みの認識について下部腰椎・胸腰椎移行部・殿部などが痛みを発することが多いが、抹消で感じた痛み情報は脊髄から脳にいたり、脳の視床から特殊核を経由して、大脳皮質の感覚野で痛みを認識する。非特殊核からは大脳辺縁系へと情報が送られて不快な情動を起こし、さらには脳全体に刺激が散布されて意識を明瞭にする。意識の明瞭・不快の認識・痛みの検出の3つによって痛みは成り立っている。
  25. ぎっくり腰防止のためのジョギングの筋トレ効果ジョギングは脂肪を燃焼させるが筋肉はそれほど発達しない
  26. 筋トレ後の筋力向上の2つの仕組み神経系の発達と、筋線維の肥大
  27. 腸腰筋が原因となるものについて腸腰筋が原因となるぎっくり腰では股関節の屈曲拘縮によって代償的に腰椎の反りが強くなってしまうことがある。腰椎の反りが強くなる反り腰になると物理的に腰椎の耐久力が無くなりぎっくり腰に陥りやすくなる。腸腰筋検査としてはトーマステストがあり、仰向け姿勢で股関節と膝関節を屈曲して腿を胸へとくっ付けたときに患側の股関節がうきあがれば陽性となる。
  28. ぎっくり腰防止のための筋トレの間違い、筋肉が付いたけど改善が無いケース改善が無いケースでは心拍数を増加させる持久力を高めるメニューの不足がある。
  29. 筋肉量が増えるとぎっくり腰に陥らなくなる理由最大のぎっくり腰防止効果は熱産生
  30. 高齢者の脊柱所見高齢者のぎっくり腰の中でも腰部脊柱管狭窄症と呼ばれるタイプのものでは多くのケースで腰を後方にそらすことで痛みを生じたり、足の痺れが生じるものが多い、脊柱所見を示さないものもあり、下肢症状だけを起すものもある。また、前屈制限や神経根緊張兆候を示すものでは腰部の軟骨の突出による障害によるものもある。
  31. ぎっくり腰防止のトレーニング、長期的に続けるコツ怪我の発生防止のために筋肉量を増やすウェイトトレーニングなどから実施する。
  32. ぎっくり腰防止の筋肉の働き筋肉の最大の働きは熱を産生すること
  33. 防止のダイエット、成功の秘訣消費カロリーを増やすか、摂取カロリーを減らす、着目するべきは基礎代謝の上昇
  34. 慢性腰痛に陥る患者の理由安易に寝て何もせずに過ごしたり手当たり次第に良いと思うことに着手することで慢性腰痛に移行することがある。ぎっくり腰の防止のためにはぎっくり腰の原因をハッキリさせて自分にあった方法、原因に沿った方法をするべく専門家を利用しよう。
  35. ぎっくり腰防止のための筋トレの原則、複数メニュー行う場合は?優先すべきトレーニングを先に行い、別のものは補助的に取り組む
  36. 防止のためのインナーマッスルトレーニング関節の固定や姿勢の保持に働く筋肉
  37. ぎっくり腰の背景となる加齢と疲労の見分け方肉体の疲労や加齢による体の組織の退行変性が背景にあることがあり、両者の判断基準が年齢で50代より上か下か?また、腰を動かしたときの痛みの出方。すぐに痛みがでれば加齢性のもの。疲労性のものでは筋肉の疲労箇所に影響が出るまで少し猶予がある
  38. ぎっくり腰防止の筋トレ、2大メニュー有酸素運動と無酸素運動、痩せ型は無酸素運動から、肥満型は有酸素運動を優先的に実施する。
  39. 意識するだけの手軽な防止法コンディション不良が背景となっているが、日常の仕事が忙しくて満足な時間をとることができず、中々体のメンテナンスに着手できないことが多い。意識するだけで防止できる方法としては背骨の自然な彎曲であるフィジオロジカルカーブをイメージし、背骨の彎曲を常に正すことが良い。
  40. ぎっくり腰防止の筋トレ、パワーとスタミナを同時に高める最初はパワー系から開始し、徐々にスタミナを鍛錬する
  41. なぜぎっくり腰防止にインナーマッスルが良いという説が増えたのか?変化を体感しないと多くのトレーニーが挫折するから目に見えない筋肉の役割を強調するようになった。
  42. この激痛はどこからやってくるのか?痛みの由来は筋肉や骨、関節などから由来するという説が従来の定説であったが、近年では硬膜という脊髄を包み込む膜に過剰なほどの感覚神経が分布しており、そこに刺激が加わることで生じるものが多いことが明らかになっている。
  43. 背骨の変形が背景となる高齢者のぎっくり腰のセルフケア筋肉量を増やす筋トレをすることが良い。骨の負担を軽減して骨密度を増やす。
  44. ぎっくり腰社会学、インナーマッスル登場の背景高齢化社会に対応するためのキャッチコピーとしての意味合い
  45. ならないための歩き方のポイント陥り易い歩き方は頭部の位置が前方に突出しており、肩よりも前に出ている姿勢。腰の前彎曲が失われてしまい咄嗟に衝撃が加わったときに力を受け流すことができずぎっくり腰が生じやすくなるので頭部の位置を肩より前に出さないように日頃から姿勢を注意することが良い。
  46. ぎっくり腰の防止のための筋トレと遺伝骨格の大きさに比例して筋肉量は変わるが、それ以上に努力の影響が大きい
  47. ぎっくり腰防止、筋トレが苦手な人が前向きに取り組む方法美ボディー(ボディーメイク)に着目することが大きな原動力となる。
  48. 中高年の腰痛にとても大きく関係する幼少期由来のもの幼少期や成長期など昔に負った怪我が原因して老後に腰痛を起こすことは意外に多い
  49. 腰痛患者と腕の力の関係腕の力は腰の痛みと関係性が無いと思うがとても大きな関係がある
  50. 慢性腰痛患者にみられる行動特徴慢性腰痛患者では体力への自信の喪失から自由に外出をしなくなる。健康な者に見られる夏に山で遊んだり、冬に雪山に行きたくなる発想が生まれない。
  51. 多くのぎっくり腰の原因となる筋肉疲労によるものぎっくり腰の多くに関係しているのが腰周りの筋肉の疲労であり、疲労した筋肉が腰椎の運動性を妨げると腰椎に加わった衝撃を吸収しきれなくなり腰の関節に炎症を起こしてしまう。
  52. 後縦靭帯・仙腸関節が原因となる腰痛の特徴中途半端な痛み
  53. 椎間板が原因となる腰痛の特徴痛みに鈍感なのが椎間板の特徴
  54. 椎間関節が原因となる腰痛の特徴痛みに敏感な部位
  55. ×(間違い)腰の痛みの感じやすい部分腰の痛みは感じやすい部分とそうでない部分があり、強烈な痛みの多くは椎間板から由来するものが多い。
  56. 体位変換時痛の治療法胸椎の可動域に着目するべき
  57. 男性に腰痛・女性に肩こりが多い理由男性は体が大きいため背を丸めて下をうつむく姿勢をとりがちで、女性は体が小さいため腰部は真っ直ぐに保たれ頚椎より上がうつむく傾向がある。
  58. 女性にありがちなものの意外な原因イスの高さが体にあっておらずしっかりと脚が床に付かないため浅く腰掛けて背を丸めてしまうこと。背を丸める姿勢は背骨の関節の靭帯や軟骨の負担が大きく関節機能障害の原因となりうる。
  59. なりやすい姿勢を無意識にとってしまう原因腰を丸める姿勢が楽だから。寄りかかる安楽な姿勢では筋肉や関節に著しく負担を加えるが楽だから取り続ける。楽なもの=良い状態であるという考えが根本にある。
  60. 筋トーヌスとの関係についてぎっくり腰では事前の兆候として筋トーヌス(脱力したときの筋肉のテンション)に変化が見られることがあり、下半身のトーヌスが低下して上半身が亢進している。これらを早期に発見し全体が均一になるように整体で治療を受けると良い。
  61. 陥り易い人に見られる重心移動の特徴陥る人と陥らない人の違いは動作経済性
  62. 腰方形筋によるものについて腰方形筋は腰椎のサイドから突き出している肋骨突起から起始して、腸骨稜に付着し、背骨をサイドに動かす働きをもつ。荷物を持上げる動作や上肢帯の機能不全など上半身の姿勢の保持に活用されることが多い。日常でキチンと腕を意識して用いることが良い。肋骨突起に圧痛点が見られる。
  63. スウェーデンと比較した日本の慢性患者の多い理由なぜ日本には慢性的な患者が多いのだろうか?海外と比較したケース
  64. ぎっくり腰中に心がけていただきたい姿勢腰を痛めているときには体重をつま先側に掛けると腰の筋肉が緊張して痛みをもたらすため出来るだけ脊柱を真っ直ぐに保つことが良い。
  65. 腰の痛み方の体位別の3つの痛み方体位変換時痛・立位時・安静時痛の3つのタイプがある。
  66. ぎっくり腰を起こしやすい人の姿勢背を丸めたり腰を屈めたりうつむきがちの姿勢をしている人に起こりやすい
  67. 楽な姿勢が引き起こす関節機能障害悪い姿勢は背を丸めてイスに寄りかかって腰掛ける楽な姿勢、靭帯や腱などの耐久性によって背骨を支えているため関節機能に次第に障害が現れる。
  68. 解剖学的姿勢と機能的姿勢背骨が持っている自然なS字の彎曲を保つ解剖学的な姿勢を保持することと、接客で用いる緊張した姿勢の機能的姿勢を交代で使い分けることで関節や筋肉を交代で休ませる
  69. 本当の良い姿勢とは?適度に腰周りの緊張した機能的な姿勢のこと。筋肉で骨を支えるため疲れるが骨や関節の負担は少ない。長時間座り続けられる楽な姿勢は筋肉を使わず関節に負担を与える姿勢
  70. タイトハムストリングスの治療法極端なタイトハムストリングスは腰部の激痛により十分なストレッチができないため比較的に可動域が含まれている内側の半腱様筋・半膜様筋から治療を行なう
  71. ぎっくり腰で重要となる胸腰筋膜深葉の治療多裂筋と腹横筋の緊張によって胸腰筋膜に痛みが生じるケースがある。
  72. ぎっくり腰が発生したときの筋肉の状態重たい物を持上げたときの力が足りなくてなるイメージがあるがそうではなく力が入っていないために起こる。
  73. 腹筋・腹斜筋・腸腰筋とぎっくり腰の関係立位姿勢で腰に違和感があったり、腰を屈めることができない症状の多くが腹筋・腹斜筋・腸腰筋の短縮によって腰が曲がった状態のまま伸びなくなっている。
  74. 広背筋が原因となるぎっくり腰ロッククライミングや重たい物を長時間持上げたときなど広背筋を酷使する。
  75. 腰痛対策の筋肉の必要性とは?筋肉が必要であるという説と無くても良いという説がある。
  76. 坐骨神経痛と股関節疾患の痛みの判別で重要なことときに坐骨神経痛では背骨に沿うように痛みがみられお尻まで痛みが出ることがあるが、股関節疾患でも同じくして症状が起こる。このときには痛みがどこから初発したのかを見極めることが重要
  77. 坐骨神経痛治療で心がける骨盤解剖学坐骨神経痛では骨盤の形状を意識して罹患している筋肉を処置することが大切。
  78. 肥満が原因の坐骨神経痛でこれだけは見直してもらいたいもの絶対に見直してもらいたいのはお酒やジュースなどのドリンク、できれば間食をなくし、理想を言えば糖質制限食に望むこと
  79. セルフケアで見直すべき隠れたストレス坐骨神経痛患者の多くはストレスの存在に気づいておらずイライラすることを何らかの代償によって解消しようとしている。
  80. 坐骨神経痛患者にこれだけはせめて取り組んでもらいたいこと坐骨神経痛を治すためには様々な努力があるが「根気が無くて続けられない」という方はせめて靴だけでも取り替えてください。
  81. 座骨神経痛患者の歩行から見たお尻の痛くなる要因多くの患者が無意識に自分が楽だと思える動きをとっているが狭い歩行を取りがちで、歩幅が狭くなるほど脚が棒になるため体の関節の負担が増え、特にお尻に負担が加わるためお尻が痛くなる。
  82. 座るとお尻の骨が痛いお尻の骨に付着している大殿筋がイスに座るときに伸張されるからお尻の骨が痛くなる。
  83. お尻の骨の痛み(尾てい骨)の原因大殿筋が原因となるものが多い
  84. 横向きになって寝ると上側になったお尻が痛い原因梨状筋症候群
  85. 横向きになって寝ると下側のお尻が痛い原因横向き寝になったときにしたがわになったお尻側が痛いときには仙腸関節障害が疑われる。
  86. 家庭円満にし腰痛を防止するための方法家庭円満の秘訣は出来るだけ仕事を家庭に持ち込まないこと、家事や家の話をしないようにすることが大切
  87. 慢性腰痛患者にみられる運動の誤った思い込み慢性腰痛患者や長期的に病気を患っている患者では運動は体操教室やスポーツジムに通わないと出来ないものだという思い込みがある。
  88. 腕の筋力低下と腰痛、その改善方法腕が衰えると疲れたときに体を支えることができないため足腰を酷使して腰を悪くする。腕で体を支持できないと杖を用いることもできないため自由に外出が出来なくなる。
  89. 慢性腰痛患者の心理的不安を軽減する腕力の必要性について腰痛の患者ではいきなり患部である腰を鍛えるために腹筋や背筋を鍛えたり、足腰が良いからと歩くことよりもまずは腕を鍛えてバランス保持を安定させることが良い。
  90. 腰痛患者の健康感慢性的な患者では生まれてから一度も健康を体験したことがなく、不健康なことが普通だと思っている。
  91. 腰痛患者に見られる背中の痒み長時間のデスクワークや立ち仕事など背中の筋肉の緊張が続くと現れる症状であり、マゴの手でポリポリと掻いても根本的な対策とはならない。
  92. 高齢者世代との同居によるストレスから由来する腰痛の改善方法できるだけ諦める気持が大切
  93. 家庭円満で腰痛を患わない方法できるだけ聴力が良いならパートナーに合わせて耳栓をつかったり、耳が悪いなら補聴器を用いること
  94. ぎっくり腰と通風の関係プリン体の蓄積による痛風では尿酸結晶が突き刺さって痛くなるためで歩かなくなる。すると足腰が弱ってぎっくり腰にも患い易くなる。
  95. 病院の治療で腰痛が治らない理由痛みとは目に見えないものであり、画像上ではっきりするものではないから。
  96. 腰痛の本を読むときのポイント①オリジナル性本はやはり時間や馬鹿にならないお金を投資するものです。投資を無駄にしないためには著者のオリジナル性に着目すること
  97. 医療関係者が腰痛にまつわる文献を読むときに心がけること他人の意見を聞くときには自分の考えを絶対に持ち込まないこと。
  98. 腰痛文献の問題点、医者編患者が自分で取り組めることを紹介している本が少ない。
  99. 腰痛にまつわる本の最大の問題点:患者にとって必要な腰痛知識にたどり着くことが難しく、またフローチャートが充実しており該当の腰痛疾患にたどり着いても中身が薄くなってしまうこと。
  100. 根拠のない腰痛治療法が世の中に存在する理由根拠が無い理由が存在する理由は人は信じること意識するだけでも症状が和らぐようにできているから。
  101. 情報化社会なのに腰痛難民が増え続ける理由情報化社会ならば腰痛の正しい治療法が広まってすぐに腰痛患者はいなくなるはずだが、情報を見極める能力ないと意味のないものになる。
  102. なぜ腰痛が世の中に増え続けているのか?腰痛患者の多くが高齢者であり、筋トレや体を鍛えることに否定的な考えをお持ちになられているから
  103. ロッククライミング中のぎっくり腰で気をつけること発生のタイミングに気をつけるべき
  104. ぎっくり腰が華奢な女性よりも男性に多い理由力仕事をするからではなく、体型・体のサイズが大きく関係する。
  105. ぎっくり腰と身長ぎっくり腰の発生は伸長との関係性が大きく、背の低い女性よりも背の高い男性の方が発生が多くなる。
  106. 間違った考えによるスポーツ指導『先生、これは辞めた方がいいのですか?』などという間違った考えに陥りやすいので注意が必要
  107. 痛みと気持ち良いの違い脳で不快や喜びなどの感覚の違いを生じるのは過去の記憶によるものが大きく、大脳皮質まで伝わる感覚の伝達経路は同じである。快情報は大脳辺縁系で気持よいと判定され、痛み信号を抑制する反応を起こす。
  108. 高齢者の腰部変形を背景としたものの馬尾神経圧迫症状高齢者のぎっくり腰では骨粗しょう症による腰部変形が著しいことがあり、腰部脊柱管狭窄による馬尾神経の障害を引き起こすことがあり、多彩な症状①膀胱直腸障害、②間欠性跛行、③足底の強いしびれ、④陰部の異常知覚
  109. 腰痛本の問題点は疾患の掘り下げが出来ていないこと病気の紹介にページを使い果たしている
  110. 腰痛のセルフケアは継続性が大切誰でも着手できるものが着目される
  111. 脚長差によるぎっくり腰の改善法足を投げ出すようにしてお尻の側面を伸ばす
  112. 筋肉とγ神経線維の関係について筋肉を動かしすぎると自律神経が緊張し、興奮状態となる。
  113. 神経圧迫は軽度ほど痛みが強く、重度だと無痛になる重症だと神経が痛みすら感じない
  114. 高齢者の腰痛ケアでは枕で背骨のカーブを保つ高齢者では取り組めることに限度がある。簡単なことを地道に続けよう。
  115. 膝上の枕に寄りかかろう、腰の負担を回避できる膝の上に枕をのせ、そこに肘で寄りかかると背を丸めずに済む。
  116. 逆手でものを持つと脇が締まって腰の負担が減る対象物との間の距離が埋まって腰の負担が減る
  117. 太腿の前後の筋肉だけを使うとガニ股になり腰痛を患う内旋や外旋ができないとガニ股になってしまう
  118. ぎっくり腰と股関節の運動制限無理に股関節を動かすと骨盤が傾いてしまう
  119. あえて筋肉を緊張させ、それから脱力すると力が抜けやすい力を抜く感覚が分からなくなっているときにはあえて力を込めると強弱がはっきり分かる
  120. インナーマッスルの腰痛防止効果についてインナーマッスルは腰椎を固定し腰痛を防ぐ
  121. 滑液の大量分泌が関節包の痛みを生じさせる関節包を患うと腰の全ての方向の動きで痛い
  122. 腰痛対策の筋肉の必要性とは筋肉を鍛えて増やすことよりも、体を動かすことそのものが大切
  123. スターティングペインの仕組み関節の潤滑液が行き渡っていない状態で骨同士が擦れて痛みが起こる
  124. 腰の関節をボキボキさせたときの音についてコーラの蓋を開けたときのブシュッとなる仕組みと同じ
  125. ストレートネックは頭の突出により腰痛を起こす首のアンバランスを支えるために全身に負担が及ぶ
  126. 腰を治療しても腰痛が治らない腰痛治療は局部にこだわらず、全体を治療すること
  127. 子供の腰痛は見落としやすいので気をつけるレントゲン写り難い。きっかけのないものもある。
  128. 腰痛がぎっくり腰を起こす仕組みぎっくり腰は腰の回復力が失われて起こる
  129. クシャミによるぎっくり腰の防止は鼻炎に気をつける加湿器を使ったり、点鼻薬を持ちいると良い。
  130. ぎっくり腰の関節の痛みと筋肉の痛みの違い寝て痛みが消失するなら筋肉、関節を命いっぱい動かして痛いなら関節
  131. 腰痛防止では背骨のS字カーブを意識する楽な姿勢をとっていると背骨がつぶれる、本来のカーブを意識して保つ
  132. 椎間関節性の腰痛は弱った背骨の関節を固定して動かす動きの悪くなっている関節を動かすこと
  133. 腰痛体操では様々な方向を取り入れる同じ方向の運動を繰りかえすと、椎間板がズレを起こす
  134. 腰痛のタイプを評価判定するには後屈→前屈→側屈と10回ほど反復して腰痛のタイプを見る
  135. 腰痛の経験的治療法体の細かな部位の動きや刺激への反応から原因を確認すること
  136. マリガン法による下部腰椎治療腰椎の一部を固定して行う体操法
  137. 病院の腰痛治療は、腰痛ガイドラインで否定されている病院で行うすべての治療は医学的な根拠がない
  138. 老化すると関節が痛くなるのはなぜ?関節の代謝の低下によっておこる
  139. ロコモティブシンドロームの発生の背景にあるものお年寄りのお世話を美徳とする日本の文化
  140. 背骨の隙間が狭まるのは関節軟骨が失われるからレントゲンでは関節軟骨があるべき場所には隙間が写る
  141. 痛み止めの常用には注意する痛み止めは次第に効かなくなる
  142. 腰痛は縮む筋肉と、伸びる筋肉の関係で起こる両者の関係が破綻すると腰痛になる
  143. 腰痛の根本療法と対処療法について両者の治療法は平行するべき
  144. 腰痛はブラジキニンによって起こる体はストレスやダメージで陰性の荷電を受けると痛みを発する
  145. 脳梗塞や脳出血の痛み方半身にジリジリした耐え難い痛みが生じる
  146. 脊髄反射と痛みの悪化の仕組み痛みは体を緊張させてさらに痛みを強くする
  147. 中枢性の痛みと末梢性の痛みについて痛みはどの痛みも、持続すると敏感になる
  148. 慢性腰痛が炎症がなくても痛みが起こる仕組み触覚と痛覚を脳が誤認している
  149. 痛みと他の感覚の大きな違い痛みには慣れが起こらない
案内ページ
店舗案内

※現在「滞在中」の階層ボタンは反応しません。

案内サイドメニュー|アークス整体院
案内サイドメニュー|アークス整体院
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体