ぎっくり腰専門 アークス整体院

サイトマップ75

  1. 腰部疾患の膀胱直腸障害と誤診されやすいもの高齢者の認知症によるものがある。
  2. 腰痛持ちは腰が曲がるか?腰が曲がるのは多くの場合骨粗しょう症という病気が原因している。腰痛もちは骨粗しょう症に陥り易いので注意が必要。
  3. 腰痛持ちのイスに座るときの注意点足の衰えによってお尻を落下させるようにストンと落としてしまうクセがあると腰骨にダメージを与えてしまうこともある。
  4. 女性の腰痛対策で絶対に気をつけたい習慣何も考えずにイスにドシンと座るクセを持っていると老後に腰が確実に曲がる。
  5. 中年男性の脚とギックリ腰O脚になるとぎっくり腰を起こす。膝が体重を支える支柱としての役割を果たせないから。
  6. ぎっくり腰の種類ぎっくり腰の種類は100個以上のものがある
  7. ぎっくり腰の介護ぎっくり腰の介護ではやはり最も苦痛な下の用を手伝ってもらえると助かります。
  8. おまじないのぎっくり腰の予防効果は自信ぎっくり腰の予防としてこれといった有効なことが出来ない方でもおまじないをすると意外にも良いかもしれない
  9. ぎっくり腰とタバコタバコを吸うとぎっくり腰の発生確率が上がる。
  10. マッケンジー体操は心理的効果人間には恐怖や痛みなどを受けたときに体を丸めて防御する本能がある。腰痛の多くはその防御本能によって過剰に折り曲げられた腰椎のストレスによって引き起こされ、マッケンジー体操で反らすことは過剰な腰への恐怖心を改善することにつながる。
  11. 視界を遮断されたときのぎっくり腰視界を遮断されると視覚と脊髄の神経の協調が損なわれるため姿勢が不安定になる。
  12. 腰部の過度な圧迫によるぎっくり腰ぎっくり腰では腰を強く反らしたときに関節部に強い押しつけ合う力が生じて関節の軟骨を損傷することもある。
  13. 老人のぎっくり腰老人のぎっくり腰では腰の筋肉が衰えてしまい胴体を真っ直ぐ保持できないために腰を曲げて腰骨をストレートにすることで生じるものが多い
  14. ぎっくり腰の予後ギックリ腰の予後は基本的には良いが、治癒の意味を間違えると何度も繰返す
  15. 歳のせいという言い訳ぎっくり腰を患う人では自分の腰のことを「歳のせいだから」と問題点を止むを得ないものの性に帰結していることがあまりにも多い
  16. 視界を遮断されたときのぎっくり腰視界を遮断されると視覚と脊髄の神経の協調が損なわれるため姿勢が不安定になる。
  17. 椅子から立ち上がるときのぎっくり腰の防止法立ち上がるときに先にお尻を持ち上げてから腰をかがめると良い。お尻をくっ付けたまま腰を深く屈めたり腰を動かすと痛めてしまう
  18. 胃の裏がムカムカするギックリ腰背を丸めて過ごしていると胃の裏あたりに違和感を感じ、体性内臓反射を起こすことがある。
  19. ワイドスタンスのぎっくり腰防止効果スタンスを広げるほど安定が増して、動作の距離が短くなる
  20. 腰痛でも出来る仕事腰痛だから出来ないというよりも出来るけどもっと早い段階から違う仕事を目指した方が将来性がある
  21. エアロバイクと腰痛腰の弱った人ではあるときに腰を屈めるか、膝を曲げるかしないと歩けないため自転車を用いることが良い
  22. ぎっくり腰のタイミングぎっくり腰は動き始めに起こりやすい。
  23. ぎっくり腰の慢性化は椎間板の変性によるぎっくり腰を繰返す人では背骨の腰部椎間板が潰れてしまって薄くなり背骨全体が後彎している。
  24. 夏場特有のぎっくり腰もある夏場は不眠症による神経過敏からもたらされるぎっくり腰がある
  25. ぎっくり腰で歩くのは?恐怖心が強いときに歩きまわると痛みが強くなって動けなくなることもある。
  26. ぎっくり腰シップを貼ると痛みが増すシップを貼ることで痛みが緩和されるものもあれば、神経障害性疼痛と呼ばれるものでは痛みが増すこともある。心理的な影響もある。
  27. ぎっくり腰肥満肥満そのものが腰を悪くするというよりも肥満によるライフスタイルの変化がぎっくり腰を招く
  28. 腰は曲げたまま捻ると傷めやすい腰骨は前屈したときに椎間関節のロックが外れるため強く捻れて損傷しやすくなる。後屈するほど椎間関節が強固に連結を強めて腰を痛めない
  29. 前屈障害型腰痛のストレッチ体の背面の筋肉が硬くなっていることが多いが一度に沢山の筋肉を伸ばそうとすると腰を痛めるため分割してストレッチして行くことが大切
  30. 衝撃に強くてぎっくり腰にならない人重心が低い人、十分に膝を使った柔らかい動きが出来る
  31. 生理中 ぎっくり腰生理痛が起こることでギックリ腰が生じやすくなったり、ギックリ腰を患ったときに生理痛が一緒に起こることがある。
  32. 規則正しい生活のぎっくり腰防止効果人にはバイオリズムがあり、不規則な生活をしていると調子のムラがどうしても出来てしまう
  33. 腰は消耗品老人になってからぎっくり腰を頻繁に繰返して泣かないためには、腰が消耗品であることを理解して腰以外の部分を出来るだけ運動に参加させることを意識しましょう。
  34. 痩せ型の職業選択によるぎっくり腰対策1分1秒を争うような仕事は神経質な人で無い限り勤まらない。
  35. 腰部の関節包嵌入の解消法ぎっくり腰の中には背骨の隙間に関節包が挟み込まれて激痛を発するものもある。
  36. ぎっくり腰自転車自転車に乗ることで痛みが緩和されるものもあるが、運転はオススメしない
  37. 腰を痛めない方法腰の使い方の3つのポイントに着目する。正しく使う、使いすぎない、怠けすぎないこと
  38. 腰はどこから一般的には「腰」と表現したときにはお尻やウエスト周りのことを意味します。
  39. 体が固い人ほどぎっくり腰は重症化する体が固いと強張った筋肉が刺激を響かせるため腰の痛みは強くなる傾向がある。
  40. 台所仕事とぎっくり腰台所で地味に腰を曲げて過ごす姿勢がぎっくり腰を招く
  41. 座り仕事は足が衰えるデスクワークで一日中座り続けていると足が衰えて腰を安定させる力が失われるため腰に力が入らなくてぎっくり腰に陥ってしまう。
  42. 肥満者はぎっくり腰が重症化する肥満者はぎっくり腰の発生そのものは少ないけどいざ生じると重症化しやすい
  43. ぎっくり腰での旅行取りやめの判断出発直前に腰を痛めたときには数時間様子を見て判断しよう。
  44. ぎっくり腰と仙骨仙骨は本来前方に12度傾いている。傾斜が強くなったり、逆に後傾しているときにぎっくり腰に陥りやすくなる
  45. ぎっくり腰と体の固さ体の固い人ほどぎっくり腰に陥り易い固い筋肉が抵抗となるから
  46. ぎっくり腰 布団防止の観点では煎餅ぶとんが良い、いざ腰が痛いときやすでに老化している人には沈まないベッド
  47. ぎっくり腰の治癒の判断の目安腰にとって一番苦手な動作をすることで調子を見る
  48. 片側のぎっくり腰ぎっくり腰では腰の真ん中に痛みを生じるものと腰の片側に痛みを生じるものがある。
  49. スプリットスタンスのぎっくり腰のメリット足を前後に開くスタンスは前後方向の動揺を防止し、ワイドな足幅になるため安定感も増す。動作の距離も短縮できる。
  50. ぎっくり腰で傷める筋肉ぎっくり腰の多くは短背筋群に障害を起こす
  51. 腹筋はやり方によりぎっくり腰防止にならない腹筋運動は反動を使いやすい。本当に反動を使わなければ多くの場合連続で10回も出来ないもの。
  52. ぎっくり腰とベッドぎっくり腰のときにベッドに寝るのと布団に寝るのではベッドに寝たほうが良いが柔らかすぎるときには布団で寝ることも良い
  53. 反り腰の原因反り腰の原因は体の背面全体の過度な緊張。
  54. 畳みベッドと腰痛畳みベッドは煎餅布団とベッドの両方のメリットを得ることが出来て腰痛対策となる
  55. 椎間板が潰れる背骨の椎間板は悪い姿勢をとっているとペンチで押しつぶされるように潰されてしまう。
  56. ぎっくり腰の温熱療法温めることがぎっくり腰の治療に良いと言うが15分40度に留めることが良い。
  57. ぎっくり腰防止で重視すべきこと防止のためにはどういった動作を防止するべきなのか?という考えよりも腰の調子を整えておくこと
  58. 体が柔らかいのにギックリ腰になる体が柔らかいのにぎっくり腰に陥ってしまう人では柔らかいという判断基準に誤りがある。
  59. ぎっくり腰の慢性化は外因性と内因性発痛による最初は外因性の僅かな痛みが、恐怖心を呼んで脳から下行性に過剰な応答を下すことで痛みが増強させる内因性のメカニズムをもたらす。
  60. 良肢位とぎっくり腰ぎっくり腰を防止するためには日頃の体の疲れをしっかりと良肢位を取ってリラックスして解消することが必要
  61. 風邪とぎっくり腰風邪を引いたときに腰が痛くなることがあるが、体力が低下しているとぎっくり腰にも風邪にもなりやすい
  62. ぎっくり腰に低周波治療器は?低周波治療器は腰の血流の循環を良くしてくれるが日頃の腰部ケアには有効だがぎっくり腰に陥ったときの対処としては気をつける必要がある。
  63. ワイドスタンスのデメリット重たい物を持ち上げたりするのには良いが股を開いた状態のため、太腿の筋肉が常に働いて膝を酷使する。
  64. しゃがめないぎっくり腰と立てないぎっくり腰の違いしゃがめないのは背面筋の硬直、立てないのは前面筋の硬直
  65. ぎっくり腰の判断基準と体型体型で痩せ型なら何とか予定を強行することが出来ても肥満者だと取り返しがつかないことにもなる
  66. ぎっくり腰の原因となる因果関係ぎっくり腰に陥る人とそうでない人には必ず原因と結果の因果関係がある。
  67. ぎっくり腰にマッケンンジー体操は?痛みによって腰周りが緊張しすぎており背が丸くなっているときにマッケンジー体操をすることは完全な誤りではないが、手順をしっかり踏まないと痛みが悪化する。
  68. 階段でギックリ腰になった階段は特に下りで腰の負担が大きい。また、上りはつまづかないように気をつけましょう。
  69. ぎっくり腰になり難い時間帯最もぎっくり腰の発生リスクが少ない時間帯は午後の4時、勿論人の生活リズムにもよります
  70. 10年後の未来を想像すること打算的な生き方をしていると何度もぎっくり腰になる。未来に希望を持つことが大切
  71. ヘルニアの仕事ヘルニアをお持ちになられる方では肉体労働は避けて、出来るだけデスクワークをしたり、在宅ワークをしたりと座って取り組める仕事をされます。
  72. 広背筋と呼吸広背筋は腕の骨に付着し腰と腕をつなぐ。広背筋が酷使されると腰の痛みと共に脇が閉じてしまい胸郭が狭まって呼吸が浅くなってしまう。一日中腕を使う美容師で特に背の低い女性では広背筋を酷使しやすい
  73. マットレスで背中が痛いマットレスそのものが悪いというよりも寝ているときの背中とマットレスの接触面積に着目しましょう。
  74. ぎっくり腰の温熱療法の注意点熱すぎる温度は緊張を生じさせてしまう。長すぎるのも悪い
  75. 膝を伸ばしきると腰が反るぎっくり腰を患ったときには立ちあがる最終局面の膝を伸ばす動作のときに腰に大きな衝撃が走って強烈な痛みを生じることがある。
  76. ぎっくり腰の急激な痛みの正体患部を損傷して痛みが発するとする説もあるがそういった痛みは概してジワジワと時間経過と共に痛みが強くなるもの。そのメカニズムの場合余程の大きな損傷でない限り底まで急に痛くなることはない。
  77. 心当たりのないぎっくり腰の原因これといった心当たりのない急性発症型のぎっくり腰の原因で当てはまるものには筋・筋膜性腰痛があげられる。
  78. 筋膜性腰痛が起こりやすい人筋・筋膜性疼痛、いわゆる圧痛点が生じるタイプの腰痛を起こす人には特徴があり、肥満症の中高年に起こりやすい
  79. 立ち上がり動作に見られる腰痛発作腰痛発作は、立ちあがるときの水平局面や、完全に膝を伸ばしきる腰椎のC字局面からS字局面への変化時に強く引き起こされる。
  80. 揉んで治るぎっくり腰と治らないぎっくり腰揉んで治るものは主に筋攣縮と呼ばれるものから由来する腰の痛み、それ以外には余り揉むことの効果はない。
  81. 動かない高齢者が腰痛になる理由高齢者は動かないから腰痛にはならないだろうと思われるが実際には丸っきり動かないように見える高齢者であっても細かく見るととても激しく動いている。
  82. 腰痛と年代別の動きの違い若者ほど活発に動いて、高齢者ほど動かないという一般認識を抱くが、運動学的には全く異なる。
  83. 腰痛と動的安定性安定が腰痛の発生に関係することは知られているけど止まって微動だにしない制止した状態が良いとばかり捉えられており、動いているときの安定性についてはさほど着目されることはない。
  84. ぎっくり腰と足関節拘縮立位姿勢では足関節を支点として絶えず重心動揺が起こり、これによって偏った筋肉の酷使が生じないようになっている。
  85. 腰痛と腰椎の重心位置重心偏移が生じていると腰の筋肉の偏った疲労が生じて腰を痛めてしまう。
  86. 腰痛と筋肉の間欠的活動動いたり休んだりすることで色んな筋肉を交互に使って一つの筋肉に負担が集中することを防止する仕組みがある。
  87. 腸腰筋とぎっくり腰腸腰筋は股関節の過伸展を防止することで胴体が後方に倒れることを防止する。衰えると後方に倒れないように腰が曲がって来る。
  88. ぎっくり腰と股関節の重心股関節の重心は普通は股関節よりも後方にあって、無意識に股関節には後ろに反る力が絶えず加わっている。
  89. ギックリ腰と主要姿勢筋群ぎっくり腰は姿勢を支える筋肉が弱っていることで引き起こされることが多い。
  90. 腰痛になりやすい人を簡単に見つける方法道行く人の脚に着目してみると腰痛になりやすい人が分かる。
  91. 足が棒立ちになるとぎっくり腰になる理由衝撃吸収に脆くなったり、腰が反ってしまったり、安定が悪くなるから。
  92. 疲れると足が棒立ちになる理由足が胴体の真下に垂直に配列しているとほとんど力を使わない。疲れて体力が消耗すると自然と棒立ちになってしまう。
  93. ぎっくり腰の温熱療法と冷却療法の目安目安としては急激な力が働いたものは冷却、きっかけがないものは温める。
  94. 遺伝的にぎっくり腰になりやすい人あまりにも姿勢が悪い人では本当に生まれつき骨格の遺伝によってぎっくり腰に陥り易い人もいる。
  95. ぎっくり腰と杖杖は見た目は悪いがいざと言うときにとても役に立つ。ポケットサイズの折りたたみ式があると心強い
  96. ぎっくり腰の頻度と症状の重さ痩せている人ほど頻度が多くなり、太っている人ほど頻度が少ない。しかし、症状の重さは太っている人ほど重たいため強烈な記憶が残る
  97. 胃酸とぎっくり腰日頃から胃がむかむかしたり胃酸がこみ上げるような感覚を訴える人はぎっくり腰に陥り易い
  98. 治癒に長期を要するぎっくり腰で考慮すること心理的な問題や、そもそも安静がキチンと図られていないことを考慮する。
  99. 驚いて起こるぎっくり腰腰の曲がった人は驚くとギックリ腰を起こす
  100. 痛くて通院できないぎっくり腰に陥って通院したいけどどうにも出来ないときには出張治療を利用するべきです。
  101. ゆっくり膝を伸ばせば腰は痛くない椅子から立ち上がる場面では最初は腰が丸く後方凸になっているけど立ち上がるにしたがって前方凸になります。後凸から前凸に変化するときに衝撃が走らないようにゆっくり立ち上がると痛みは随分と軽減されます。
  102. ぎっくり腰すぐ治る炎症して知覚過敏になった場所にいかにして刺激を与えないようにするのか?によって復帰までの日数は大きく異なる
  103. ぎっくり腰移動ぎっくり腰中は無闇に動かないことが大原則、折りたたみ杖を使ってタクシーなどを利用することが良い
  104. 中腰になって腰の痛みがなければ完治腰の負担は中腰が最も大きくなる
  105. ベストコンディションの見定め方肉体のベストコンディションを見定めて「今だ!」という時を狙って体を思う存分に動かすと能率的に作業を進められる
  106. 大筋群は可動域制限を起こす痛みを直接起こすのは小筋群、大筋群は酷使されることで動きを妨げて関節に加わる負担を増大させる
  107. 内臓体表反射内臓の不調が腰に痛みとなって現れる稀なケース
  108. 腰 ポキポキ腰がポキポキ鳴る人ほど関節がゆるい
  109. 腰に負担の掛からない職業負担が完全に掛からない仕事というのは無いが、ある程度一定のペースで働ける仕事が良いのではないでしょうか?
  110. 腰椎が6個ある腰椎は5個あるのが普通だけど6個あるときに整形外科などでは腰痛に陥り易いとされてしまうことが多い。
  111. 慢性腰痛増加の背景にある軍陣医学現代医学は戦争時代の負傷兵の治療によって発展を遂げた歴史を持っており、生命を維持することには長けているが微細な故障である腰痛の治療には無頓着。患者の生活を向上することにはほとんど貢献できていない。
  112. 伸展型腰痛の発生機序腰を丸めて過ごしており、急激に背骨に垂直の力が働いたときに悪くすることが多い
  113. 腸腰筋を患うと丸くなるプロレスのコーナーポストを背骨に見立てたときにトップロープに当たる腸腰筋が罹患して腰痛を起こすときには短縮した腸腰筋によって腰が丸くなることが典型的な外観の特徴
  114. 腸腰筋罹患の判断ポイント腸腰筋は股関節を屈曲させる作用を持っており類似した作用を持つ筋肉(共同筋)に大腿四頭筋がある。大腿四頭筋に明らかな拘縮がある場合には腸腰筋も患っているものだと仮定して治療を組み立てるべき
  115. 姿勢が悪いのはクセであらず元々のクセだから姿勢が悪いと思う方は多いですが、腰が弱っていたり、内臓の不調を庇うために悪い姿勢を無意識で取っていることもある。無意識下にあるものに着目しよう
  116. 脊柱起立筋を痛めやすいタイミングカウンターパンチの理屈で、腰を落としながら背中を伸ばすと生じることがある。
  117. 腸腰筋の触り方セルフマッサージをしたいけど触っている実感がない。普通にほぐそうとしてもほぐせないときには筋肉をストレッチした状態で触ると触りやすい。
  118. 合成力とぎっくり腰ぎっくり腰は腰を曲げた瞬間になると言いますがそれだけではありません。単一の力が腰痛を起こすのではなく、もう一つの力の発生に着目しましょう。ぎっくり腰は必ず合成力によって生じております。
  119. 腰痛治療におけるロジカルシンキング慢性腰痛を改善するためには手当たり次第に良いと言われることに着手するのではなく、論理的に物事を考えることがなによりも大切です。
  120. 眠っているときの痛みを減らす姿勢腰が痛い。寝ているときの寝返りで痛みが悪化しないか心配。どういった姿勢が良いのかという悩み。基本的には寝ているときには勝手に腰の負担を減らす良い姿勢を●
  121. ビタミン剤は長期的な効果ビタミン剤が治療に用いられると紹介されております。しかし、飲んですぐ痛みが治まるというよりも長期的な体の調子を整える間接的な効果。
  122. 重度の慢性腰痛の仕事選び仕事選びではデスクワークで出来るだけ在宅で取り組める仕事がマイペースに仕事が出来て良い。
  123. テコを意識した腰痛防止支点・力点・作用点を体で意識し、支点から作用点の距離が遠くなるほど腰を痛めることに着目する。胴体を垂直に保つことが良い。
  124. 腰痛の治療にお酒は誤りお酒を飲むと体がホカホカするから腰痛に良いように思えるが、お酒は単なる高エネルギー化合物です。沢山食事をして体が熱くなるのと同じメカニズム
  125. 筋トレは高齢者のみ有効従来の筋肉量を増やす筋トレは痩せこけた高齢者だけが実施して有効性があり、そもそも若い筋肉量がある人の腰痛対策で筋トレをしても意味はない。
  126. お酒は少量なら良しは誤り依存性がある成分を「百薬の長」などと言うのは言語道断、一滴でも飲めば心のタカが外れて腰痛を悪化させると思いましょう。
  127. 筋肉の量的異常と質的異常筋肉の量を増やす取り組みよりも眠っている筋肉を起す取り組みの方が得策
  128. 高齢者の筋トレのモチベーション維持せっかく努力して頑張っても加齢によって筋肉がすぐに落ちてモチベーションを保つことが難しいのが高齢者の筋トレ、眠っている筋肉を起すことに注力しましょう。
  129. 眠っている筋肉を起せ運動が苦手な方が無理に筋肉を増やそうと頑張っても長続きはしません。しかし、歯を食いしばって頑張る努力よりも眠っている筋肉、日頃働いていない筋肉に働きかけて眠りから起すことが一番少ない労力でそれ以上の効果があります。
  130. ロコモと坐骨神経痛の予防運動の違い体が衰えて寝たきりになってしまうロコモティブシンドロームと坐骨神経痛の予防の運動の目的は全く異なる。ロコモは少ない回数を反復する運動、坐骨神経痛は一定の有酸素運動が有効
  131. シャンプーハットでぎっくり腰予防前傾姿勢になるとぎっくり腰になりやすい。頭を洗っていると目に泡が入らないようにどうしても前傾になるがシャンプーハットを付けると前屈みにならずに済む
  132. 寝相が良いのに腰痛になる寝相が良いとは綺麗な姿勢で寝ることだが腰痛防止では寝相が悪くて小まめに体位変換する方が血流が良好に保たれて良い。
  133. ランバーロールによる腰痛対策腰に本来の前彎曲を与えて疲労を軽減する作用が期待できる。
  134. 胡坐と坐骨神経痛胡坐すわりは腰を丸めた悪い姿勢を助長する
  135. 仕事の疲労を軽減する方法ビジネスの基本テクニックである「報告・連絡・相談」を使いこなすこと
  136. 根本療法という意味合い根こそぎ改善するという意味ではなくて、病気の背景となる原因を処置すること
  137. 運動療法の有効と禁忌慢性期には有効だが急性期には禁忌となる。
  138. 寝ていても腰に痛みがある寝方を間違っていることが多い。膝を立てるかエビのように側臥位で丸くなる
  139. セルフケアのあり方対症療法だと割り切って行うべき
  140. 消炎鎮痛剤は治癒が長引く血管を収縮させて体の機能を低下させることで痛みを鈍くしているだけ
  141. 牽引治療が腰痛に有効なケース複雑骨折など装具固定が出来ないケースにおいて、牽引した筋肉を添え木のように働かせる効果が期待できる。
  142. コルセットは装着方法を教わろうコルセットは装着方法を教えてくれる人から購入するべき。せっかく購入しても装着方法を理解していないことが多い
  143. 骨主体診療の利点と欠点骨折や脱臼を早期発見して短時間で多数の患者を見るのには有効だが痛みは目に見えない現象
  144. コルセットの得意・不得意な働きコルセットは胴体を曲げる動きを制限するが捻る動きには弱い。重量物を持上げる保護にはならない。
  145. コルセットの過信は危険コルセットを使ってもゴルフや重量物の運搬、長時間の立ち仕事など何にでも有効なわけであらず。
  146. 動作経済で腰痛を激減より少ない労力、少ない手数、腰にとって安全な方法に着眼することが腰痛を減らす
案内ページ
店舗案内

※現在「滞在中」の階層ボタンは反応しません。

案内サイドメニュー|アークス整体院
案内サイドメニュー|アークス整体院
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体