ぎっくり腰専門 アークス整体院

サイトマップ73

  1. 布団ではぎっくり腰は防げないギックリ腰の対策と言うと努力を要せずに済む布団や食事にばかり目を向けるがこれだけでは治ることはない。
  2. ぎっくり腰になりやすい時間帯とくに午前4時ぐらい、基本的に午前中の力仕事は避けた方が良い
  3. 筋肉減少による神経痛筋肉が減少するから神経痛が起こるというよりも神経痛そのものは悪い姿勢動作からもたらされていることが多い
  4. びっくり腰腰の曲がった高齢者がびっくりしたときには曲がった腰を無理矢理反らすため腰を傷めてしまう
  5. 腰痛とバイトバイトとは本来はお手伝いであり、体一つで出来る仕事がメインになってしまう。パソコンを使った資格を取得したり専門スキルを身につけることが求められる
  6. 高齢者の腹筋腹筋をそもそも意図的に鍛えようとするよりも全身運動を意識した方が良い。
  7. ぎっくり腰の禁忌ぎっくり腰に陥ったときには全身を冷やしたり、急な脱力動作には絶対に気をつけよう。
  8. ぎっくり腰を防ぐ筋肉の長さぎっくり腰を防止するためには筋肉が余裕を持って働ける長さを意識することが必要
  9. ボディーメカニクスではぎっくり腰は防げないどのように体を使えばギックリ腰の発生を防止できるのか?というボディーメカニクスはさほど役に立たないことが明らかになってきている。
  10. ぎっくり腰と会社会社と良く相談して決めることが良い
  11. ぎっくり腰退職退職するほどのことはないが、何度も繰返しているなら検討も必要でしょう。
  12. クシャミでぎっくり腰を起こすタイプの人反り腰の人はクシャミをするときにぎっくり腰を特に起こしやすい
  13. 腰の動作が複雑になるほどぎっくり腰を起こす単純な前後屈動作で腰を痛めることは少なく、捻りながら曲げ伸ばしをするなど動きが複雑になることで腰に痛みを起こすことがある。
  14. 肘の黒ずみがある人はぎっくり腰になりやすい肘の黒ずみは摩擦や圧迫など度重なる物理的なストレスにさらされることで起こる
  15. ぎっくり腰うつ伏せうつ伏せは腰が反ってしまうため出来るだけギックリ腰中は避けましょう。
  16. 障害を受け易い筋肉は小さい筋肉体の中で痛める筋肉は常に小さい筋肉
  17. ぎっくり腰と調子の波人の体調は常に変化している。
  18. ぎっくり腰 熱風邪を引いて発熱しているときなど筋肉がエネルギーを使い果たすと腰に痛みを来たす
  19. ぎっくり腰モーラステープモーラステープは腰に貼り付けたときに心地よく思える人は用いてみることが良い。ウェットなシップで痛みが悪化する人や皮膚の弱い人向けの貼薬
  20. 体表内臓反射と内臓体表反射の判別体表に対しての施術を行って症状が回復するのかどうかを見ることが一番手っ取り早い
  21. ゆっくり動くぎっくり腰の予防効果ゆっくり動くと腰に不意に違和感が生じても動作を途中で止めることが出来る。勢いよく腰を振りぬくと取り返しのつかない腰の痛みを起こす。
  22. うつ伏せに寝ると腰が反る寝るときの姿勢では体が固い人はうつ伏せに寝ることには注意しましょう。
  23. 腰の負担の少ないアルバイト腰痛持ちの人達の多くは実際には肉体労働がムリなのではなくて人間関係や職場の勤務シフトや周囲の状況に合わせて働くことが苦手なだけで自分のペースなら意外に結構な肉体労働でも働けるもの。
  24. 腰痛と欠勤腰痛をお持ちになる方では仕事を欠勤する人もおられます。
  25. ぎっくり腰の二次的症状ぎっくり腰では特にこれと言った後遺症は無いが、痛みが様々な二次的な症状を引き起こします。
  26. 軽いぎっくり腰の対処では杖を使う初期の軽い痛みのときに何もせずに過ごしていることで腰が固まって激痛につながることもある。杖を使って腰の負担を緩和するべき
  27. 高齢者と若者のぎっくり腰の違い高齢者では腰を反らす動作、若者では腰を屈める動作でのぎっくり腰が比較的に多い
  28. ぎっくり腰と食事偏った食事をしていると体が疲れやすくなることでぎっくり腰に陥ることもある。
  29. 痛すぎて病院に行けない痛くて病院に行けないときには無理に自宅から出かけないようにするべきです。
  30. 家庭内でのぎっくり腰の簡単な防止法出来るだけ若者が階段を使う階上で暮らし、高齢者が階下で暮らすことが良い
  31. 力仕事のぎっくり腰は午後なら防げる力仕事でぎっくり腰になってしまう人は午後に特にハードな作業を割り当てるようにしましょう。
  32. 中腰になると腰が痛い腰の負担は中腰のときがもっとも大きくなる。腰が衰えていたり弱っていると中腰の姿勢を支えきれず痛みを起こすことがある。
  33. ぎっくり腰のときの枕枕は高すぎるものをもちいると腰を刺激するため低めのものが良い
  34. 心理的なぎっくり腰の性差神経過敏によって痛みを強く訴えるケースは女性で未婚者に圧倒的に多い
  35. 体表内臓反射腰の痛みが内臓機能に影響を来たす反射
  36. 大筋群が担う衝撃吸収作用なぜ人にはこんなにも沢山の筋肉が備わっているのか?姿勢を保つだけなら大した量の筋肉は必要としません。
  37. スプリットスタンスのデメリットしゃがみ込んだり安定を保つのには良いが左右均等なフォームではないため横に安定に乏しい
  38. 過度な緊張は体を不安定にする体が力みを生じて精神的に興奮しているときなど過度な緊張を生じております。このときには体が不安定になりますのでとくに足腰の負担が増加します。
  39. 関節硬直とぎっくり腰脳や脊髄の興奮性が上昇しているときには関節を曲げる筋肉と伸ばす筋肉の両方が過度に緊張しすぎて関節を曲げられないことがある。鉛の棒のように体が固まっているため無理に曲げると強烈な痛みを起こす
  40. 腰痛と水泳水泳は腰痛に良いというが取り組むに当たっての障壁が大きくて長続きしないことが多い
  41. 腰椎の数一般的には腰椎の数は5つあるが、6つある人や4つしかない人もいる。それはさほど珍しい確率ではない。単なる成長時の個体差であり腰痛の発生には関係しないことが多い
  42. 腰痛に松葉杖は?もっともサポート力があるため大げさではあるが腰が痛いときにはオススメできる。
  43. ぎっくり腰の温熱療法の道具温熱療法の道具としては冷やしても温めても使えるゲルパックを1個常備しておくと心強い
  44. 小まめに腰を反らすとぎっくり腰を防げる腰を曲げたまま過ごしていると腰周辺の筋肉が固まって血流が悪くなり腰に痛みを来たすこともある。小まめに腰を伸ばすと血流が保たれる
  45. ぎっくり腰妊婦妊婦のギックリ腰は非常に多く、そうでなくても妊娠中に慢性的に腰痛を訴える人は相当な数に登る。
  46. ぎっくり腰筋肉痛筋肉の微細な肉離れや、筋線維の損傷、筋肉の付着部の炎症、筋肉のエネルギー切れによる突っ張りなど様々なものがある。
  47. ぎっくり腰どこが痛い痛みの原因にもよるが多くは下部腰椎の痛み
  48. 作用・反作用を意識したぎっくり腰対策物体は押せば押し返される。力を加えると反対方向の力の影響も受けるため体に負担が加わる
  49. 腰抜けはぎっくり腰になる腰が引けている状態、腰抜けは力が入らないためぎっくり腰に陥り易い
  50. ぎっくり腰の悪化初期段階の腰の重さやダルさなどちょっとした不調に気づいたらすぐに治療を受けないと本格的なぎっくり腰へと悪化してしまう。
  51. ぎっくり腰の痛みは両足よりも片足動作で軽減する両足を揃えた状態で足腰を動かすよりも、片足づつ動かした方が腰の痛みは当然少ない
  52. 座っているときのぎっくり腰を簡単に防ぐ座骨に体重を乗せると楽に良い姿勢を保てる
  53. ぎっくり腰 家事出来るだけ最小限の家事に留める。着替えやお風呂ぐらいなら我慢したり、食事も出来るだけ非常食を確保しておくことが望ましい
  54. マッケンジー体操は椎間板補正効果急性期の腰の痛みを緩和させる効果は無いが、歪んだ椎間板を補正する効果によって姿勢を改善することができる
  55. 腰痛患者に見られる神経過敏腰痛を患う多くの患者では神経過敏を持っており、長期的に患っている患者ではすくなからずノイローゼ気味になっていることもある。
  56. ぎっくり腰の仕組み大筋群が障害されることで小筋群に痛みを来たすものなどがある。
  57. 座ると股関節運動が失われて腰を痛める座っているときには全ての股関節運動が使えないため腰だけを曲げてしまう。
  58. 腰痛と退職頻繁に腰痛を患うなら続けて行くべきかを熟孝してみることも良い
  59. 腰椎が多い通常の腰椎は5つ、ところが人によっては6つあることも。しかし、一つ余分にあるのではなく、腰椎の下の仙骨が分離しているだけ。
  60. 深夜のオシッコはぎっくり腰の危険大深夜の時間帯に目を覚ましてオシッコに行くときは脳の血流が乏しくふらつき易い。踏みとどまってぎっくり腰になることもある。
  61. 苦労せず地道に自分で治せる方法寝具を工夫することが最も楽
  62. 坐骨神経痛の二つの姿勢のタイプ腰が曲がるタイプと腰が反るタイプがある。
  63. 高齢者の腹筋運動は危険高齢者は血圧の病気を持っているため不意に腹筋で頭を起こすと貧血を起こして危険
  64. 坐骨神経痛は腹圧で猫背を防止する腹筋が緩んで腹圧が低下すると猫背になって足腰に負担を掛ける。
  65. 負担を減らす足の使い方足の骨には丸い部位があり、それをタイヤのように用いると足腰の負担が軽減される。
  66. 坐骨神経痛は冷やしてはダメ一般的な急性腰痛と異なり坐骨神経痛は温める
  67. 最適な室内温度と坐骨神経痛24~25度ぐらいが最適です。
  68. 患者にありがちな素足習慣裸足で歩き回ると冷えを招いて坐骨神経痛が悪化します。
  69. キャップを温存せよ体が冷えるほど細胞分裂の頻度が増えて分裂時にDNAのキャップを消耗する。運動で体温を高めると消耗を減らして老化を防止できる。
  70. 坐骨神経痛のお風呂坐骨神経痛にも種類があり神経障害性疼痛ではお風呂で悪化することがあるので注意が必要
  71. 坐骨神経痛治療におけるツボ療法の効能筋肉の割れ目に沿ってツボがある。
  72. 寸胴歩きと坐骨神経痛腰を振らない寸胴な歩き方は坐骨神経痛が悪化する
  73. 坐骨神経痛の二つのセルフケア坐骨神経痛の治療には対症療法と根本療法がある。
  74. 丸くなった腰の負担を和らげる腰が丸くなると背中の筋肉を酷使するため姿勢を矯正することが腰の負担を軽減するために良い
  75. デスクワークの座骨神経痛ですぐ見直せるものフットレストに足を乗せることで太腿の圧迫を軽減しよう。
  76. 寝不足と神経痛の関係しっかり眠ると脳がスッキリして神経痛が楽になる。
  77. 代償姿勢から見た神経痛のタイプ代償姿勢によっては患側に体を傾けて筋肉を力ませて痛みを紛らわそうとする。
  78. 洗顔したらお尻が痛くなった洗顔時には中腰になるためお尻をわずらいやすい
  79. 反射性攣縮による坐骨神経痛外出前に厚着をして簡単な運動をすると寒さに晒されたときの反射的な筋肉の攣縮を防げる。
  80. 腹筋運動は腰が心配胴体を二つ折りにする腹筋運動は腰の負担が大きいため、床に寝転んで肩甲骨を浮かせるぐらいにとどめる。
  81. お尻の筋肉の痛みと遺伝遺伝的に臼蓋形成不全を持っているとお尻をわずらいやすい
  82. 坐骨神経痛にみられる胃腸障害坐骨神経痛患者は背を丸めるため胃が圧迫されやすい
  83. ヘルニアの症状が出やすい時間帯ヘルニアは椎間板の水分が豊富にある朝方に症状が強くなる。
  84. インバランスと関節不安定性筋肉の良く使う部位と使わない部位の差が広がると関節がグラついて腰を酷使する。
  85. 坐骨神経痛防止の足底アーチ補正足の裏が扁平になるほど足首が緩んで安定を欠いて腰の負担になる。
  86. 疲れない足の使い方歩くときの足の裏が着くタイミングに膝を外に開いて、足の外側が接地したら膝を内側に動かす
  87. 腰痛を治したいなら喫煙をやめよう腰の痛みは神経に巡る酸素が不足することで起こる。ニコチンは血流を悪くするため禁煙することで腰痛の改善となる。
  88. 腰部が原因となる残尿感腰部の神経促通の低下が排尿を障害して残尿感を生じさせることもある。
  89. 太腿の痛みは脚を治療しても治らない太腿の痛みは腰椎の運動性能を高めることで改善する。
  90. お尻を痛めない座り方お尻を痛める理由に座面の圧迫と、座り方の悪さがある。
  91. ケツの痛みは胡坐を止めれば治る胡坐はケツの筋肉が伸張されたままとなって力を弱めてケツの痛みの原因となる。
  92. 座りながら腰の疲労を抜く方法ランバーロールを腰に挟んで椅子に寄りかかって座ると腰の疲労が抜ける
  93. 和室生活での坐骨神経痛の防止正座用の椅子を使って腰掛けることが綺麗な姿勢を楽に保てて良い
  94. 分離腰椎は安定すれば滑らない骨盤の安定性が高まると分離した腰椎のズレはなくなるため腰の痛みは起こらずに済む
  95. 老後の腰痛が嫌なら立ってできる趣味を座って過ごす習慣は足腰の衰えを招くため腰痛を防止したいなら立って過ごす趣味を持つことが良い。
  96. 境目は腰の曲げ伸ばしの負担が集中する場所腰痛患者は日常で足の指の力を使わないため胴体の力を補助的に用いて腰に負担を蓄積する。
  97. 症状の経過 キン→ジ→ナイ→ヘン→シン症状は筋肉⇒靭帯⇒関節内障害⇒変形性関節症⇒精神病という順序で進行する。
  98. お尻の痛みの原因はインバランス筋肉が伸張された状態と収縮した状態の差(インバランス)がお尻の障害を招く。小まめに立つことでインバランスを是正する
  99. 坐骨神経痛にヘルニアが多い理由は姿勢ヘルニアは前屈みによってもたれ、足腰が衰えると前屈み姿勢を多用し、椎間板が歪みやすい
  100. 腰を丸めると背骨の靭帯が肥厚して狭窄症になる腰を丸めて過ごしていると次第に腰骨を連結する靭帯が牽引ストレスに対抗して肥厚し、神経を圧迫する
  101. 運動は腰痛の発生を減らすが痛みは取らない運動は腰痛の予防効果はあるが今現在痛みがある状態を治癒させる効果はない。
  102. 運動は急性腰痛を悪化させる運動は腰に良いとは言うが急性期に行うと痛みがただ悪化する。
  103. 急に横になると眠れない体を起こしているときの血圧に慣れている状態から急に寝転ぶと頭に血流が巡りすぎて鼻が詰まって睡眠が障害されてしまう。
  104. 腰の低い位置の痛みの予防法ふくらはぎの踏ん張る力を鍛えるとお尻や腰の低い位置の痛みを防止することが出来る。
  105. 腰痛になりやすい男性の価値観男なんだから見た目なんてどうでも良いという価値観が肥満症による腰痛をもたらす
  106. 痒みがあるなら腰痛に注意足に痒みがあるときには腰の血流が悪くなっている
  107. 代償行動と腰痛ストレスは腰痛を起こすがストレスそのものが腰痛を起こすのではなく、ストレスによる代償行動が腰痛に間接的に影響する。
  108. 腰の高い位置の痛みに関係するもの腰の高い位置の痛みはデスクワークで背を丸めると痛くなるし、胃腸の障害でも痛くなる
  109. 脳内モルヒネで慢性腰痛を改善しよう運動にネガティブな感情を抱くと脳内モルヒネの分泌が妨げられて体を動かしたときの苦痛が大きくなる。
  110. 下行性疼痛抑制系で腰痛を撃退笑いには痛みを軽減する作用がある。
  111. オヤツが痛みを和らげる仕組み食べるときの幸せの感情が痛みを軽減する。
  112. ぎっくり腰で病院に入院する意味はないぎっくり腰で病院に入院しても寝ているだけで自宅で過ごしていることと違いがないので意味はない。
  113. ファミコンミニは腰痛治療に良いか脳内のやる気ホルモンの分泌を促して痛みを軽減する
  114. 春のぎっくり腰にもご注意を春は花粉症によるクシャミでぎっくり腰を起こすことがあるので早めに耳鼻科に通って治療を受ける。
  115. 筋膜性のぎっくり腰の特徴筋肉を触ると引き攣るような反射や圧痛点を見る。
  116. 化粧品店・水商売での腰痛対策ハイヒールを義務付けられている職場では休憩中は出来るだけローファーを履く
  117. 子供・若者の慢性腰痛を防止する方法スポーツによる腰痛と勉強による腰痛があり、勉強では悪い姿勢からもたらされるものが多い
  118. 腰痛の防止の姿勢調整仕事に熱中していると悪い姿勢を取るため職場単位で声を掛け合うと良い。
  119. 食事中のぎっくり腰の防止口を食器に近づけて背を丸めると腰を痛めるため、食器側を口に近づけると良い。
  120. 痛みを感じやすい患者の特徴痛みの恐怖心で体に力を込めるほど痛みが強まる
  121. 腰痛治療における安静とは安静とは日常生活における最低限の行動に留めること
  122. 安静にしても腰痛が悪化する安静の姿勢を勘違いしていることが多く、膝を立てて枕を膝下に挟むことが安静保持に良い。
  123. 安静の間違い、体位への囚われ安静とは力を抜くこと
  124. 介護腰痛は膝を付いた姿勢で防げるしゃがむと膝の負担となり、腰を屈むと腰の負担となる。膝立ちになると膝・腰共に楽
  125. 反り腰になる理由反り腰は姿勢保持のために体の背面の筋肉を酷使することで背面が短縮して起こる。
  126. 痛みの原因はインバランス筋肉の偏った使われ方が腰痛を招くため正しい姿勢は正しい動作を心がける。
  127. 効率的に腰痛を防止する腰痛は使いすぎる部位に起こり、使わないところにはほとんど負担が掛かっていないため使うところと使わないところのバランスを取る
  128. 原因の分からない慢性腰痛の正体筋肉の偏った使われ方が関係する。
  129. 腰痛の個人差痛みが強烈なものほど予後が良く、痛みが地味なものほど治療に長期を要する
  130. ぎっくり腰の温熱療法の時間加熱時間は概ね15分、一旦温めたら、次回は数時間の間を設けてから行う。
  131. 腰を捻ってぎっくり腰になることは少ない一般人が日常生活を過ごす中では捻る動作で生じるギックリ腰は珍しい
  132. ぎっくり腰防止は普遍的な内容に着目するべき個別の特有の動作に着目してもぎっくり腰は防げない。何事にも共通する内容こそぎっくり腰対策では着目するべき。
  133. 前面筋と背面筋タイプのギックリ腰痩せ型の人は背面筋群を酷使し、肥満型は前面筋群を酷使する
  134. 高齢者のぎっくり腰腰を反らす動作や立ち上がる動作など腰を屈めた状態から伸ばすときに腰を痛めることが多い。
  135. ぎっくり腰防止と骨盤運動ぎっくり腰を防止するためには骨盤の運動に着目する
  136. 関節硬直によるぎっくり腰の注意点主動筋と拮抗筋がお互いに緊張すると関節が固まって動かなくなるが、このタイプでは僅かに関節を動かしただけで過度な伸張反射を引き起こすため注意が必要。
  137. 急に動くとぎっくり腰を起こす筋肉には強制停止装置が備わっており、それが過剰に働くことで腰を痛めてしまうので急に動かないように気をつけよう。
  138. ぎっくり腰授乳ぎっくり腰中なのかどうかは別として動物がお乳を与えるように寝転んで与えることが腰の負担を防止する上で好ましい
  139. 腰の片側や真ん中の痛みはヘルニアであらず大部分のものは関節に起こった僅かな関節包の炎症
  140. 赤ちゃんがぎっくり腰になった小児科につれて行ってみてもらいましょう。
  141. 太腿の裏が痛くなる理由は加齢太腿の裏の筋肉はバランスを保つために緊張をするが加齢によって筋肉が衰えると姿勢を支えるのが困難になってぎっくり腰に陥りやすくなる。
  142. 背の高い人のぎっくり腰を起こす歩き方身長が高い人ほど重心が高くなって不安定になるため足が棒になりやすい。足が棒になることで膝の衝撃吸収作用が働かないため腰に衝撃が走ったときに頻繁に腰を痛める
  143. 腰が曲がるとつまづいてぎっくり腰になる腰が曲がると足が前に持ち亜がらなくなるためつまづき易い。つまづいて踏みとどまろうとしたときに腰を痛めたり、尻餅をついてギックリ腰を起こすこともある。
  144. ぎっくり肋骨咳をしたときに起こりやすい肋間筋の筋攣縮がぎっくり肋骨
  145. ガニ股と腰痛膝が外に曲がると骨盤周囲の筋肉が緊張して腰の動作を妨げてしまう
  146. 腰痛とプールプールは肥満症があって膝や腰の負担が懸念される人や、高齢者のように転倒による怪我のリスクがある人、最寄に手軽な環境のある方にオススメできる方法
  147. 腰を痛めない持ち方膝を使った動作を心がけましょう。腰を屈める動作が当然になっていると腰を何度も痛めます。
案内ページ
店舗案内

※現在「滞在中」の階層ボタンは反応しません。

案内サイドメニュー|アークス整体院
案内サイドメニュー|アークス整体院
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体