ぎっくり腰専門 アークス整体院

サイトマップ72

◆基本★基礎知識編、★痛み科学

◆原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

  1. ぎっくり腰は腰部に巡る感覚神経の障害腰に巡る感覚神経が刺激に過敏になると痛みを強く訴えてぎっくり腰になります。
  2. 慢性腰痛はきっかけなく生じる。これといったきっかけがなく腰に痛みが生じるのが慢性腰痛の特徴
  3. 腰痛防止の腹筋力仰向けに寝そべった状態で腰を持ち上げて1分間その状態を保てるかどうかと言う検査法
  4. 筋肉の衝撃吸収作用立ち上がったり歩くだけならそもそもそれほど体には筋肉は必要としません。急いだり速度を高めたときに足元から発生する衝撃を吸収するために筋肉が必要となります。
  5. ぎっくり腰の痛みを増幅する他動運動ぎっくり腰の痛みの多くは自分の筋肉以外の他動運動によって強くなる
  6. ぎっくり腰の防止における動作学習運動の学習は認知→連合→自動相という段階を追って習得を進めなければならない
  7. ぎっくり腰のコルセットの巻き方コルセットの巻き方は痛みのあるところにあてがうようにすること。不快に思う場合は装着を止める。
  8. 冬は屋内運動で腰痛対策寒い季節は屋内に閉じこもってしまい動かないため肥満して腰痛になりやすい。出来るだけマシンエクササイズなどで腰痛の防止につなげよう
  9. 腰が引けると腰痛になる腰が引けた姿勢でいると力が入らなくなり腰痛に陥りやすくなる
  10. 悪い習慣と腰痛腰痛は精密検査で悪いところを発見できないが、日常習慣に悪いところは必ずある
  11. 内転筋と腰痛内転筋が弱って固くなると股関節に外旋が加わってO脚になる。すると膝のが外に開いて足腰の軸がガタガタになる
  12. ぎっくり腰はジッとしていると起こるジッと座ったりとまった状態から咄嗟に動こうとするとギクッと痛めてしまう。
  13. 脳機能から見たぎっくり腰の慢性化の仕組み痛みとは一種の感情の一つであり、強烈な痛みは脳に記憶されると辛いトラウマとなって体を過度に緊張させてしまう。
  14. 乗り物とデスクワークのぎっくり腰の違い慣性の作用を考えることが必要
  15. 根拠の無い不安心因性腰痛の特徴
  16. 腰椎椎間板ヘルニアは高齢者にもあるヘルニアは若い人に多いとされるが、高齢者に少ないわけではない
  17. 視力と腰痛視力が衰えるほど顔をうつむけて文字を見ようとし、背を丸めて腰を痛める。
  18. 寒くて動かないと血流が低下して腰痛になる寒いシーズンは屋内に閉じこもって動かないので血流が悪くなりやすいです。
  19. 冬場こそ腰痛治療のチャンス寒い冬場は代謝が高いので脂肪を燃焼して腰痛を改善しやすい。
  20. 子供にも腰痛は起こる腰痛を起こすのは高齢者だけではない。
  21. ストレス性ぎっくり腰を防ぐには体型を考慮する神経症タイプのぎっくり腰は体型と密接な関係がある
  22. 関節硬直のぎっくり腰仕組み運動神経が興奮しすぎると関節硬直が起こる
  23. 腰を痛める理由は体重そのものではない体重が重いとぎっくり腰に陥り易いといわれるが、行動や動作に重さが支障を来たしているのであって、重さそのものによって腰を痛めるわけではない
  24. ぎっくり腰は痩せの方が多い太っている人の方が多いと誤解されがちだがぎっくり腰の全体数では圧倒的に痩せている人の方が多い
  25. 腹筋とぎっくり腰腹筋そのものがぎっくり腰を防止することはない
  26. 嫉妬とぎっくり腰人には様々なストレスがありギックリ腰を招いているが最大の悩みにつながるのが嫉妬心でもある。
  27. ぎっくり腰は固いところに着目する自分では体が柔らかいと感じているのにぎっくり腰を繰返すケースでは得意な動作と苦手な動作を理解出来ていないことが多い
  28. 反ったときのぎっくり腰は腹筋が固い腰を反らしたときにぎっくり腰に陥ってしまうケースでは腹筋が固くて腰の動作を制限しているため腰の関節を痛めてしまう。
  29. 座高の短縮とぎっくり腰座高が低い人ほどぎっくり腰を起こすリスクが高い
  30. 骨粗しょう症の見えないギックリ腰のリスク腰が曲がった高齢者の多くが患っている骨粗しょう症。ちょっとした転倒が骨折を呼ぶため、安易に外出すらできなくなる。常に恐怖心と共に暮らすため足腰の筋肉が緊張して損傷しやすい
  31. ハムストリングス腰痛太腿の裏のハムストリングスが固くなると腰を屈める動作が困難になってしまう。
  32. 衝撃に脆くてぎっくり腰に陥り易い人背が高い人ほど重心が高くて足が棒立ちになりやすい
  33. ぎっくり腰の痛みをもたらすもの痛みをもたらす大きなものは伸張反射
  34. 子供のぎっくり腰子供の腰痛では腰椎分離症と心因性腰痛を疑うことが必要
  35. ぎっくり腰でヘルニアと診断された誰にでも歳相応のヘルニアはある
  36. 精神的な要因が影響している頻度は3割多かれ少なかれ精神的な影響がぎっくり腰ではあるが、精神面から由来する痛みをが主体となるものは3割ほどある。
  37. ぎっくり胸胸椎の高さや肋骨付近が痛くなることをぎっくり腰ならぬぎっくり胸と呼ぶこともある。
  38. ぎっくり腰嘔吐ぎっくり腰の痛みを放置すると脳の痛み中枢が自律神経の変調を招き、気持悪くなることもある。
  39. 腰椎の強固な状態腰椎の連結の強固な状態は腰を軽く彎曲した状態でお腹をやや突き出す。
  40. 集中力とぎっくり腰食後のボンヤリした時間帯は集中力を欠いてぎっくり腰に陥り易い。
  41. 排便に時間が掛かると腰痛になる腰痛防止に必須の腹筋が弱い人ほど排便に時間が掛かる。
  42. 胸が硬いと猫背になり腰痛を起こす大胸筋が硬いと猫背になる。猫背は腰の緊張を招いて腰痛を起こす。
  43. 心因性のぎっくり腰の特徴心の不調が原因の腰痛は色んなところに症状が飛び火する
  44. ぎっくり腰と間違い易いもの類似する坐骨神経痛または神経症との間違いが多い
  45. 遠心性収縮とぎっくり腰ぎっくり腰の痛みは手足などを不意に降ろしたときに筋肉が引き伸ばされながら力を発すると痛みを生じます。
  46. ぎっくり腰発生の力ぎっくり腰の発生の力は常に生じる僅かな力の積み重ねで生じる慢性痛、急激な力で1回で生じる急性痛、そして度重なる力によって生じる亜急性痛がある。
  47. 肥満者は無理に動くとぎっくり腰が悪化するお腹がでっぷりしていると何もしていなくても腰には相当な負担が加わっている。
  48. 脳の衰えは座りすぎによる歳とともに脳からの運動命令、脳機能の働きの低下によって力が落ちてぎっくり腰に陥りやすくなる。しかし、脳機能が衰える背景には座りすぎによる足の衰えが関係している。
  49. 肥満者のぎっくり腰防止のストレスケア肥満者のストレスケアでは一挙にドカンと発散することよりも日頃から小まめなガス抜きをすることが良い

◆部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

  1. 腰痛対策におけるしなやかな骨盤しなやかな骨盤の動きがあると腰の負担が少ない
  2. 仙腸関節調整が有効な腰痛腰痛の中でも病名がつけられるような腰痛には仙腸関節調整が有効となることが多い
  3. ぎっくり腰でふくらはぎの外側が痛くなる理由腰が痛いときには関節間力を利用して力を使わずに立とうとする。ところが左右への安定を補うためにふくらはぎの外側の筋肉が無理を強いられてしまう。
  4. 骨棘ではなく腰の血流が腰痛を招く腰骨の老化によって起こる棘が腰痛の原因ではなく、腰の血流が悪くなることが腰痛を招く
  5. 膝を曲げるとぎっくり腰にならない膝を曲げて低くに手を延ばすことは腰の負担を減らすと共にハムストリングスの緊張を減らして骨盤の可動域を広げてくれる。
  6. 腰椎の連結状態腰椎の連結は腰骨が前彎曲になること強固になり、腰を曲げた状態ほど後彎曲になる。
  7. 股が開かない人はぎっくり腰になりやすい体が固くて股が開かない人は内転筋という筋肉が固すぎる特に腰を曲げる動作に気をつけましょう

◆症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

  1. 前屈障害型がヘルニア・後屈障害型が狭窄症であらず。腰を曲げて痛ければヘルニアで、反らして痛ければ腰部脊柱管狭窄症だというが単に体の柔軟性が曲げると反らすでどちらが硬いかの問題だけであり、知覚過敏になった腰椎が硬い動作によって刺激されているだけ。
  2. ぎっくり腰でお尻が痛くなる理由腰が痛いときには無意識で体を防御的に丸くします。すると前傾した姿勢を支えるためにお尻が過度に働いて痛くなります。
  3. 鋭いぎっくり腰鋭くて出所がはっきりする傷みでは太い神経が障害されている。腰骨に近いところが障害されると痛みが強くて動けなくなることもある。
  4. ぎっくり腰の後遺症ぎっくり腰で負った腰部の損傷自体は後遺症とはならないが、痛みの強烈な記憶がトラウマになって後々に不安を残す慢性腰痛という状態に陥ることもある。
  5. ぎっくり腰救急車救急車を呼ぶのは他に手段がないときに限られます。(千代田区 ぎっくり腰)
  6. ぎっくり腰で気持悪いぎっくり腰では痛みによる自律神経反射や体性内臓反射が気持ち悪い症状を引き起こすことがありますが、腰から由来する痛みであれば寝ることで気持悪い症状もすっきり収まることが一般的です。
  7. 皮膚の健康状態と腰痛皮膚の色が一目で分かるほど健康状態が悪いと当然腰痛には陥り易い
  8. 腰に電撃が走る電撃が走るのような腰の痛みには神経障害が関係することもある
  9. 長引く痛みは慢性化を起こす痛みが長引くと動けないため関節が固まったり、瘢痕化を起こす
  10. 治癒とは炎症が治まることであらず腰の痛みが引いて炎症が治まっただけでは治療とはいえない。腰痛を起こす原因を改善する必要がある。
  11. ぎっくり腰の症状の目安は足症状が重たいほど腰から離れた足に症状が出る。
  12. 痒みは腰の血流障害による腰の筋肉が凝り固まると血流が悪くなって足の痒みを起こす
  13. ぎっくり腰の痛みの出やすい時間帯夕方は筋肉疲労による痛み、朝方は血流障害による痛み
  14. 立ったまましゃがめないぎっくり腰体の背面の筋肉が障害されているときや心理的な要因からもたらされるぎっくり腰

◆睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

  1. ぎっくり腰畳で寝るのはダメ?さすがに固い畳の上に直接寝ることはオススメできません。
  2. 畳で寝るのは?腰痛持ちの人にとって柔らかすぎるマットレスは腰に悪いが固すぎて保温性のない畳の上に直接寝ることは体を冷やしたり床ずれを起こしたりと様々な弊害がある
  3. 腰痛の急性期はベッド、慢性期は布団腰の痛みの激しいときには楽に立てるベッド、痛みが治まったら安定性の高い煎餅布団を用いる。

◆対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

  1. ぎっくり腰痛み止めが効かない痛み止めが効かないぎっくり腰の多くは持続的な患部への刺激や、炎症物質が持続的に作られていたり、心理的な影響が強かったり、そもそも炎症が強すぎるなどが関係する。
  2. ぎっくり腰と深部温服を着込んだり熱を外から与えても体の表面が暖まるだけ。深部温を温かくすることが腰痛対策には必要
  3. 腰痛の治療では活動性を高める作業的にならず楽しみながら活動性を高めることを心がけると苦痛なく腰痛を改善できる。
  4. 腰痛治療の自己体温管理法有酸素運動で体温を上昇させて暖かく、尚且つ減量効果で腰の負担を減らせる。
  5. 腰痛防止のブラウン効果温度と分子運動は比例関係にあり、温度が高いほど分子運動は滑らかになるため腰痛は減る。
  6. 起床後の腰痛は布団の中の体操寝起きに急に動き回ると腰痛を起こすので出来る限り布団の中で優しい体操をしてから動くようにする。
  7. 湿布が染みる急に肌に貼り付けると染みるので段階的に様子を見ながら馴染ませるように貼ることが良い
  8. ぎっくり腰マッサージ機発生したときにマッサージ機を使うことはオススメできないが、日頃のぎっくり腰の防止として取り組むことは望ましい
  9. 怠惰な人でもできるぎっくり腰対策どうしても努力したくはないという方はともかくグリップ力のある靴を履きましょう。
  10. ぎっくり腰 プロテインボディービルダーの多くが愛飲されているプロテイン。筋肉の材料になるため飲むことで筋肉をつけようと思うが、筋トレによって得られるタンパク同化作用が無ければ単なる脂肪になってしまう。
  11. ぎっくり腰にロキソニンが効かない一般的にロキソニンは発痛物質と炎症物質を遠ざけることで相乗作用によって現れる痛みを抑えるもの。
  12. ぎっくり腰の温熱療法の期間温熱療法は発生から1ヶ月ほど行うと良い。
  13. 捻る動作を意識すればぎっくり腰を防げる背骨を支点として駒のように回転する動作が腰痛防止に役立つこともある。
  14. ぎっくり腰と膝下枕ぎっくり腰や体の緊張から由来する痛みが生じているときには良肢位を取ることが求められる。
  15. ぎっくり腰通院ぎっくり腰の通院回数、通院期間、通院方法など
  16. 極端な動作に気をつけるぎっくり腰を頻繁に患って慢性腰痛を起こしてしまう人の多くは極端な行動を取りがち
  17. コルセットの代わりになるものコルセットの本来の目的は筋肉を補助することではなく、圧迫感によって痛みを紛らわすこと。圧迫できればなんでも良い。
  18. ぎっくり腰は一瞬だけ注意すれば防げる動き出す静と動の間でぎっくり腰は生じるため予備動作の一瞬に気をつければぎっくり腰を防止することができる。
  19. ぎっくり腰と松葉杖松葉杖があるとぎっくり腰には心強い
  20. 短絡的な対策でぎっくり腰は防げない布団やベッド、シップやお薬などのご相談をいただくことはあってもどういったセルフケアが良いのか?ストレッチの方法が本当にしっかり出来ているのか?などの相談をすることはない
  21. 食事療法は長期的な効果食事療法は短期的な結果は期待できません
  22. 食欲と温度の関係体温が低いほど食欲が過剰になる
  23. 腰痛防止のキッチンの高さキッチンが低すぎると腰を痛めやすいので注意を
  24. 腰骨は立つと休まる腰部の骨格は立っている筋肉が働いているときに休まる
  25. 腰痛ケアと周囲の協力腰痛をケアするときには食事療法など自制が必要となるため周囲の理解が必要になる。
  26. 踏み台に足を乗せると腰痛を防げる片足を台の上に乗せると腰の緊張が緩和されて腰痛を防止することが出来ます。
  27. 立ち飲み屋の腰痛には踏み台立ち飲み居酒屋では腰が反って腰を悪くするが、踏み台に片足を載せると腰の反りが軽減されて腰痛を防止できる。
  28. ぎっくり腰防止の小まめな動作の目安固定姿勢が続くとぎっくり腰に陥り易い。体が無意識にモジモジし始めたら軽い運動をすると良い
  29. 腰痛対策は柄の長いものを使おう腰の痛みを改善するためには柄の長い道具を使って中腰にならないようにすることが良いとされる。
  30. 腰痛は急性期の対処がその後を左右する腰の痛みの激しいときには無理をせずすぐに背中をよりかけたり寝転ぶことで腰を休めよう
  31. 病院と一般治療家の腰痛治療の違い病院は教科書的なものを求め、治療家は優れた治療効果を求める。
  32. 腰痛と周囲の助力腰痛に陥ったときには諸外国では積極的にチップを払って助力を求める
  33. 靴底と腰痛靴の踵側が磨り減っていれば腰痛に陥り易い。
  34. お金を掛けないぎっくり腰の防止法お金を掛けない方法としては出切るだけ屋内運動器具などを用いて体を動かすこと。ダイエットにもなり、冬場の暖房代の節減ともなる。
  35. ひざ掛けによる腰痛対策足には脂肪が付き難く寒さに弱いためひざ掛けで足を温めると腰痛対策になる。
  36. 腰痛防止と呼吸息を吐きながら腰を曲げると深く曲がる
  37. ぎっくり腰防止には食事制限が良い痩せて腰痛を防止するには運動よりも食事制限の方が効果的です。
  38. ぎっくり腰防止のスプリットとワイドスタンスの使い分け縦に足を開くことと横に足を開くことの違い実際にやってみると良く分かる

◆運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

  1. エアロバイクで腰が痛くなった自転車ではペダルを漕ぐときに体重移動を強いられてしまう。
  2. 筋トレは時間がないと出来ないのか時間を大切に使う気持ちがあれば何とかなる
  3. ぎっくり腰の防止と対策の運動法則の違い運動法則を上図に利用してより楽に作業をこなすのがぎっくり腰対策であり、ぎっくり腰防止の筋トレでは逆に運動法則を利用せずに実直に自力を伸ばすことが求められる
  4. 後屈障害型腰痛のストレッチ頚椎の前面→脛の背面→膝の前面→股関節を反らす→胴体を反らすという具合にパーツ分けして伸張します。
  5. 小筋群だけを選択的に鍛えることはできない関節を支える作用を持つ小筋群が主に痛みを発するが小筋群だけを選択的に鍛えることは理論上できない。
  6. 運動で体温を上げれば腰痛を防げる起床後に急に大きな動作をすると腰を痛めやすいので優しい体操で体温を高めよう
  7. 適度な運動が腰痛対策になる腰痛対策のためにはまったくの無負荷よりもある程度負荷を与えたほうが体の故障を防げる
  8. ミルキングアクションでぎっくり腰を防止じっと動かずにいると血流が停滞するが動くと筋肉が血流の循環を作る
  9. ミルキングアクションで腰の強張りを解消じっとして過ごしていると腰の筋肉が強張ってしまうため筋肉を動かして循環を良くして強張りを解消するとぎっくり腰を防止できる。
  10. 腰痛ケアの運動感覚腰痛を防止するためには①気持よい、②痛いけど気持ち良い、③痛いのうち痛みは避けるようにする。
  11. 一日八千歩が腰痛防止の目安運動をしすぎても、まったくしなくても腰痛を招く。
  12. 体のクセを意識したぎっくり腰防止のストレッチ日頃座っている姿勢やたている姿勢などのクセを意識して固くなっている筋肉をストレッチすることが良い
  13. 腰痛ダイエットと高強度トレーニングお腹をへこませると腰痛の予防になるが過剰な食欲を抑えるには高強度トレーニングをすると体内のグリコーゲンが血液に満たされて空腹が収まる。
  14. 高強度刺激法強い強度のトレーニングは脳を興奮させる。
  15. 腹筋は安全性の問題でぎっくり腰防止にならない腹筋運動は反動を使いやすく、弱った腰に加速をつけた動作をすることで咄嗟に動作を中断できないため取り返しのつかない怪我を招くこともある。
  16. ぎっくり腰のリハビリ腰に響かない範囲での運動から徐々に行える運動を変化させて行く

◆仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

  1. 腰痛と人員配置適材適所で人を配置すれば腰痛のある人も十分に働くことが出来る
  2. 腰痛でも出来る職業一般的には腰掛けて取り組むデスクワークをするが、それすら自分のペースでないと出来ないときにはフリーランスとして自宅に居ながら企業から仕事を取って作業をする仕事をされることが一般的
  3. 力仕事のぎっくり腰の筋肉の状態力仕事でぎっくり腰に陥るときには主動筋と拮抗筋の働きの協調性が保てていない
  4. 腰痛持ちの仕事職安で実施しているトライアル雇用を利用してみることも一つの方法

◆姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

  1. 背骨の歪みにはリブハンプ検査おじぎをした状態の背中の左右の高さを検査すると背骨の歪みが分かる
  2. 骨盤後傾の改善筋肉由来のものや椎間板由来のもの、骨由来のものなど色々ある
  3. 腰痛と姿勢による柔軟性悪い姿勢は柔軟性が低下、良い姿勢は柔軟性が高まる姿勢が腰痛に左右する
  4. 蹲踞姿勢腰を落として身構えた状態、いわゆるヤンキー座りは腰痛を診断する判断基準になりうる。
  5. 座位からの腰の動作はお尻を浮かせる座っているときに腰を動かそうとすると股関節運動が使えないためアッサリと腰を痛めてしまう。
  6. 腰を休ませる姿勢と働かせる姿勢腰痛を治療するためには休むときと働くときの姿勢を上手に使い分ける必要がある。
  7. うつむくと腰が反る下をうつむくほど背中が丸くなってバランスを取るために腰骨が後方に反り返って腰に負担が掛る
  8. 背中を丸く出来ないと腰痛で歩けない腰が痛いときには背を丸くすると痛みが緩和される。しかし背を丸めていると背中が緊張してやがて棒のように背中が真っ直ぐになり丸く出来なくなる。
  9. 背中を丸めた腰の動きに注意腰を曲げた状態は腰の連結が緩いため不意に腰を動かすと腰を傷めやすい
  10. 腰を反らして腰椎を安定させる腰椎は腰を反らすと連結が強固になって安定化される。
  11. 全体が丸くなると腰痛になる体全体が丸くなって高齢者のような姿勢になると腰痛に陥り易いです。
  12. ガニ股は腰痛を招くガニ股は膝が曲がるため足腰の筋肉の負担となる。

◆息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

  1. ぎっくり腰を防ぐお金の使い方お金を使うときに投資・消費・浪費の2つの勘定科目を区分するとお金に悩まなくなる
  2. 腰痛は独身男性に多い独身男性が腰痛になりやすいのではなく、腰痛を持っていることで婚期を逃した人に腰痛患者が多い
  3. 腹筋女子割れたお腹を目指して腹筋を鍛える女子が増えているらしい

分類不能

  1. ぎっくり腰の治療では安全性を重視します。優しい治療で安全な療法も可能です。
案内ページ
店舗案内

※現在「滞在中」の階層ボタンは反応しません。

案内サイドメニュー|アークス整体院
案内サイドメニュー|アークス整体院
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体