ぎっくり腰専門 アークス整体院

サイトマップ71

ぎっくり腰と腰痛のみ受け付けております。

コラム:

結論:

整体の依頼

ぎっくり腰の施術依頼はこちら
090-2413-0651
電話1本で緊急出張します。
24時間対応

  1. 歩幅が狭い足腰が衰えるほど少ない筋肉を補うために常に足が棒立ちになる。すると歩幅が狭まってしまう。
  2. 椎間板ヘルニアを放置する一度出来てしまった椎間板ヘルニアを引っ込めることは自然吸収されるまで待たないといけないため時間が掛かるが悪い姿勢をみなおしたり、腰に負担の加わる動作を避けることが大切。
  3. ぎっくり腰の温熱療法の目的温熱療法は代謝を活発にして治癒を促進する。
  4. 斜めに動けばぎっくり腰を防げる直線的な動きは力が弱い。上半身と下半身を使って捻るように斜めに動くと力が強くなり腰痛を防止できる。
  5. 鈍いぎっくり腰ぎっくり腰の痛みでもズーンと鈍い痛みでつかみどころがない漠然としたものでは細く広範囲にネットワークを広げる深部痛覚を障害していることがある。
  6. ぎっくり腰の治りかけのケアについて治りかけのときには無理な運動は心がけるが腰に負担を来たさない範囲で痛みに比例した対応をとりましょう
  7. ぎっくり腰の定義ぎっくり腰にハッキリとした定義はありませんが、急性腰椎捻挫のことをぎっくり腰と読んでいることはたびたびあります。
  8. ぎっくり腰と水泳リハビリとして取り組むことは良いが急性期の痛みを水泳で治そうとすることには無理がある。
  9. ぎっくり腰防止は動かす動作と逆を辿って戻す動作開始は曲げてから捻る、だけど戻すときには斜めに戻す。こういった行きと帰りの動作が異なると腰の負担となる
  10. 自動車運転によるぎっくり腰前方に進むときの力によって常に後ろに体が引っ張られるため体の前面の筋肉が固まることが多い
  11. 最初は慎重に体を慣らす初めて行う運動や、慣れない動作、久々の運動をするときには先ずは最初に慎重に体を運動に慣らすことをしましょう。
  12. 一人暮らしのぎっくり腰一人暮らしのぎっくり腰ほど苦痛が大きいものはない。非常時に備えてお金や非常食をいくらか備えておくことが良い。
  13. 病み上がりの腰痛病気や風邪などの病み上がりは体力を消耗しており筋肉がコチコチなのでぎっくり腰を患いやすいので注意しましょう。
  14. ぎっくり腰で太腿の裏が痛くなる太腿の裏が痛くなるのは腰を丸める姿勢を取ることによってもたらされる
  15. 足の長さとぎっくり腰歳とともに足が長くなったと感じている人は要注意
  16. お尻の痛みと大転子触診大腿骨の大転子を触診することでお尻にみられるぎっくり腰の痛みの原因を確かめることが必要
  17. 前傾姿勢の原因腰が曲がる前傾姿勢は骨盤の前傾があり、股関節に拘縮を持っていることが多い。大まかに言えば意識の問題と、背骨の老化によるものがある。
  18. ヘルニアと会社腰椎椎間板ヘルニアで仕事を休むことは誰にだって起こりうることであり、背骨の椎間板は歳相応の変形を持っている。
  19. 慢性腰痛と筋肉の長さ慢性腰痛患者では生まれつき筋肉が短い。
  20. 腰の神経損傷が酷すぎると痛みを感じない腰の神経を患うと痛みを感じるものだが、余りにも酷くなると損傷した神経が機能を失って痛みすら感じなくなる
  21. 理想的なストレッチの加減軽く痛みを感じるまで伸ばしたらそこから軽く数ミリ戻すと良い
  22. ストレッチの範囲ストレッチには痛くない範囲、自分で動かせない範囲、痛みが出る範囲などがある。
  23. 痛みの背景となる体の捻れ体を左右に捻ったときに必ず誰にでも左右の動作の硬さの差がある。差が腰痛を招く
  24. 腰椎以外の可動域低下が腰痛を招く腰椎そのものではなく骨盤や背中などの腰以外の可動域低下が腰椎に負担を与えて腰痛を招きます。
  25. 腰部以外の可動域低下と腰痛の関係骨盤や腰椎以外の箇所が動かなくなることで相対的に腰椎が悪くなることもある。
  26. 脚長差と腰痛腰痛を患うのは脚長差による体の偏りが原因しており、脚長差が生じる背景には利き手が関係する。世界人口の9割は右利き
  27. 腰痛防止の筋トレの運動範囲運動範囲を浅い・中間・深いと分けると運動しやすくなる。
  28. 利き手の左右差と腰痛利き手の左右差によって偏った腰の疲労が生じる。弱った右手を強化することが良い。
  29. 効率的で短期間に鍛える方法短期間で鍛えるには弱いところや左右差などに着目して弱点だけを重点的に鍛えること
  30. 安静が腰痛を招く安静に動かずに過ごしていると次第に体の組織が硬くなって腰痛に陥りやすくなる
  31. 関節症の腰痛は水分補給と運動老化に伴い体内の水分保有量が減少すると椎間板が萎むため水分補給をして簡単な運動を心がけると良い
  32. 股関節の曲がったクセが腰痛を起こす股関節に曲がったクセがあると着地の衝撃を吸収できなかったり、腰の反りを助長して腰に痛みを起こす
  33. ぎっくり腰は上半身の重さで起こるぎっくり腰の多くは手荷物の重さではなく自分の上半身の重さによって起こる
  34. 足腰の柔軟性低下は上肢の障害を招く足腰が硬くて動かなくなると上肢の無理な運動を招いて手や肘の故障を起こすこともある。
  35. 悪い姿勢が腰痛を招く腰痛を起こす人の多くは総じて悪い姿勢を取っているものである
  36. 姿勢の悪さは生まれつきではない姿勢は生まれ付いてのものだから仕方ないと腰痛になることを諦めるが意識次第で変えられる
  37. コルセットは腹筋に注意するコルセットを無闇に使うと腹筋が落ちる。でも腹巻としてゆるく巻けば落ちない
  38. 肋椎関節とぎっくり腰肋骨と背骨の境目の関節が酷使されることで背中に痛みを来たすこともあります。
  39. 膝が曲がるとぎっくり腰になるぎっくり腰を起こしやすい人の多くは膝が曲がっており足腰の力を常に動員しているため腰が弱っている
  40. 腰痛患者は半月板を痛める腰痛を持っている人は膝が伸びきらないため膝の隙間にある半月板という軟骨を痛めやすい
  41. 杖は指導を受けよう腰痛のときの杖はただ量販店のものを使っても効果は得られない。指導を受けて使おう
  42. 腹横筋が体幹を固定する重たい荷物を持つときには腹横筋による体幹固定が上半身と下半身の力の伝達を可能にする
  43. 大殿筋ストレッチの股関節操作大殿筋のストレッチは股関節を組んで屈曲・外転・外旋させる
  44. 腰痛治療における呼吸法の意味合い腰痛の治療では呼吸の操作はリラックスや治療家とのコミュニケーションを円滑にする目的がある
  45. 腕の力と腰痛の関係腕立て伏せが1回も出来ない人は総じてぎっくり腰では重症化する。寝た状態から起き上がれない
  46. ぎっくり腰は起きるときに痛い寝ているときに起き上がろうとして腰に痛みが走ることがある
  47. 仙腸関節脱臼によるぎっくり腰仙腸関節の脱臼によってお尻に痛みを生じることもある。
  48. 水分過剰摂取と腰痛水分の過剰摂取をすると体が冷えて腰痛に陥りやすくなる
  49. 腰を入れて腰痛を防止する腰痛を防止するためには腰を入れる動作を意識し、腰椎だけが先行した動作をさける
  50. 仙腸関節脱臼重傷な腰痛では仙腸関節と呼ばれる部分が脱臼を起こしていることがあります。
  51. 仙腸関節の歪みと全身仙腸関節に歪みが現れると腰痛と共に全身の不調が起こる
  52. 上位腰椎の動きで下位腰椎の負担を軽減腰の下位腰椎に炎症があるときには患部を直接治療できないこともあり、上位腰椎を治療することで改善されることもある。
  53. 仙腸関節機能障害による腰痛骨盤の仙腸関節が障害されると骨盤がロックして腰椎の負担が増えることで腰痛を起こす
  54. 仙腸関節障害による側弯姿勢仙腸関節が障害されると脚長差が生じ、代償から側弯が起こる
  55. 腰痛と骨盤傾斜骨盤が傾斜することで腰椎の動きが制限されてしまう。
  56. 座り姿勢による関節破綻現代人は座ることに慣れすぎて老化すると立てなくなる
  57. 動力学的腰痛と静力学的腰痛きっかけのある腰痛が動力学的腰痛、きっかけを持たないものが静力学的腰痛
  58. 骨盤前傾と腰痛骨盤が前傾すると体の動きが制限されて内臓なども障害されるよ
  59. 足腰の衰えと感覚機能の低下足腰が衰えるのは感覚機能が低下することによるもののため簡単に努力では防止できない
  60. バランス能力と腰痛バランス能力が低いと腰周りの筋肉が頑張りすぎてぎっくり腰になる
  61. バランスと腰の緊張バランス能力が低いほど腰の緊張して腰の動作をさまたげる
  62. 足首と股関節の安定保持の仕組み足首の関節は第一調整機関、股関節は第二調整機関として安定を保持し、足首の能力が低下すると股関節やお尻を悪くする。
  63. 踵に体重が乗ると腰痛になる高齢者は踵に体重を乗せるため後方重心となり背を丸めてバランスを取ろうとする。
  64. 高齢者の腰痛対策はアキレス腱をストレッチする高齢者の腰痛対策ではアキレス腱が縮んでつま先に体重が掛けられなくなっていることが多い
  65. つま先が地面をとらえないと腰痛になる高齢者はつま先が地面をしっかりと捉えておらず腰の負担が加わりやすくなっている
  66. 腰痛治療の自分で出来るストレッチ自分でストレッチをするときには腰以外のところを痛くない範囲で伸ばす
  67. バランス能力と腰の抵抗バランス能力が低いほど安定を腰の筋肉で保とうとするため腰が緊張して動作を妨げる
  68. 冬場の釣りは腰を痛める寒い冬場に座って屋外で釣りをしていると冷えと体の硬直により腰を痛めやすいです。
  69. ぎっくり腰防止の足踏み効果ぎっくり腰を防止するためには足踏みをして体を小まめに動かすことが良いです。
  70. 腰痛と胸部苦悶感腰痛を患う人は背を丸めているため胸骨と鎖骨の間に過剰な圧迫が生じて胸が苦しくなる
  71. 転倒の恐怖と腰痛腰痛対策では足腰の衰えによって転倒が怖いというネックがある
  72. マッケンジー体操は姿勢矯正効果丸くなった腰は痛めやすいためフラットに矯正するのがマッケンジー体操
  73. 予備動作で止まればぎっくり腰は防げるはっきりと分かる動作を幾ら気をつけてもぎっくり腰は防げない。むしろ見えない動作で腰に気をつけるべき
  74. ぎっくり腰散歩散歩は受傷2週目ぐらいから徐々に始めると良い。最初は気分転換ぐらいのつもり
  75. ぎっくり腰歩ける歩ける段階のうちに色々と対応すると本格的なぎっくり腰になっても困らない
  76. 長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる運動をしているときには体温が上昇します。途中で辛くなって休憩をするとその間に体温が冷えてぎっくり腰を起こしやすくなりますので息が整うぐらいの短時間の休憩が良いでしょう。
  77. ヘルニアの立ち仕事は?訓練に時間が掛かっても座ってできる仕事を選ぶべき
案内ページ
店舗案内
案内サイドメニュー|アークス整体院
案内サイドメニュー|アークス整体院
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体