ぎっくり腰専門 アークス整体院

腰部椎間板と脊柱管狭窄症について

腰が弱った高齢者

結論:
その「片側の足の痛みは」、
腰をかばった動きによって起こる。
偏った力の使い方によるもの。
神経障害は関係しないだろう。

腰痛と椎間板

腰の軟骨の「椎間板」の変形突出が腰痛の原因であると、かつて多くの治療家が言いました。椎間板のズレは姿勢の偏りや筋肉の緊張を生じさせる。痛みの原因とはなりますが、変形そのものが痛みを起こすわけではないと知られてきました。



腰部椎間板について

椎間板は軟骨であり、腰の衝撃を吸収するためのクッションです。腰骨が曲がる原因の多くは、骨自体ではなく、この軟骨のクッションが弾力性を失うことがきっかけになります。



腰部脊柱管狭窄症について

腰部脊柱管狭窄症が腰痛の原因であると今でも根強く信じられています。しかし、日常の工夫によって痛みの大部分はなくなります。背骨が狭窄して神経を圧迫するならばそういったことは起こらないはず。つまり、従来の説が間違っている根拠になります。



腰部脊柱管狭窄症の症状

代表的な症状は痺れ、さらには僅かな距離を歩くと足が痛くなる。でも、それって本当に狭窄症なのでしょうか?腰を患う方の歩き方には代償歩行があります。神経障害ではなく、患部をかばった動きによって痺れが起こるのです。



腰部脊柱管狭窄症の対応

「水泳がよい」と病院で言われて、やってみたところプールでおぼれて死にかかった人もいます。安易な対処をせず、安全第一の方法を追求したい!



付録:狭窄症の主な症状について

このページでは
腰部脊柱管狭窄症について
お話します。

通称で「狭窄症」と呼びます。

この病気では、
「腰骨で
神経が圧迫される」
と医学書では言われます。


私達の体は、脳から脊髄という
太い尻尾が伸びています。

この脊髄から神経の枝が
無数に生えています。
脳と脊髄と神経
図では、脳から脊髄が出て、
脊髄から、神経の枝が伸びています。

これらの神経は固い頭蓋骨や、
背骨、骨盤の骨で守られています。
背骨の内部にある神経
腰部脊柱管狭窄症では、
腰骨の辺りが、
加齢によってつぶれてくる。

腰骨が下図のようにつぶれて
ふさがってくる。
ふさがることを「狭窄」と言います。
腰骨が狭窄している図

狭窄することで、
足に巡る神経が
圧迫されます。

主な症状は足の痺れ。
腰の症状ではない。

この圧迫が、足に痺れを
もたらすと言います。

狭窄症の主な症状は、

「足の痺れ」です。

腰の病気ですが、
腰を主症状とすることは稀です。

原因は、腰で神経が
圧迫されるからと言われるが・・

狭窄症では下半身に見られる痺れ、
違和感、冷え、つっぱりなど
多彩な症状をみます。

従来説では、腰部を巡る神経が、

腰骨で圧迫されてしまう。

腰で背骨の神経が圧迫されて、
神経に障害をもたらす。
だから足の症状を見るといいます。

実際の患者は弱った腰をかばって、
腰の反りを軽減している。

ところが実際の患者さんは違います。
背骨の狭窄が原因して、
足に痺れを見るのではありません。

「腰が弱っており、かばった姿勢をとる。」

だから足に痺れをみます。

神経が障害されているのではなく、
かばった姿勢が足に痺れを
もたらしてしまうのです。

ではどうして、
かばった姿勢をとるのか?

それはまっすぐに立つと、
腰の筋肉を安定に
働かせるからです。

例えば、下図のように
まっすぐに立ちます。
まっすぐに立つと腰が反る

まっすぐに立つと、
必ず腰が反ります。
反った状態は常に不安定です。

腰の筋肉が持続的に
働いて安定を保とうとします。

腰が弱い人だと、
すぐに腰がつらくなってきてしまいます。

これは別段、腰の病気ではなく、

「単なる腰の衰え」

によるものです。

腰の弱った人は、
まっすぐに立ち続けることが
つらいです。

だから無意識に
膝を軽く曲げます。
背中に軽く丸みをもたせます。
腰が弱い人は反りを軽減して立つ。すると膝が曲がる
図では、背中に丸みを持たせ、
腰の反りを減らしています。

腰の反りを軽減すると、
膝が曲がってしまう。
足の筋肉の不必要な働きを招く。
足の痺れにつながる。

腰の反りがなくなると、
膝が軽く曲がります。

腰部脊柱管狭窄症の患者様では、
足に痺れが起こりますが、

多くの場合は、膝が曲がっているために、
筋肉が不必要に働いて、
筋肉が痛みを起こします。

この筋肉痛が、足の表面の皮膚に
ストレスを与えます。
このストレスが、アレルギー反応のように
患部周辺の血管を痙攣させます。

この血管の痙攣を多くの患者さんは、

「足が痺れている」

と実感しているのです。
狭窄症の足の痺れは、
腰の弱さが大本の原因であり、

足腰の安定を改善することで、
痺れが起こらなくなることが多いです。

腰部椎間板・腰部脊柱管狭窄症関連
案内ページ
腰痛の原因別
店舗案内
案内サイドメニュー|アークス整体院
案内サイドメニュー|アークス整体院
原因別サイドメニュー|アークス整体院
原因別サイドメニュー|アークス整体院
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体