ぎっくり腰専門 アークス整体院

腰痛患者に見られる様々な姿勢|アークス整体院

結論:良い姿勢は、意識次第で誰にでも手に入れられる。

頬杖・たて肘・よりかかる姿勢

肘に体を預ける姿勢は背中が丸くなりますし、筋肉を働かせません。長期に渡って続くと腰の衰えを招きます。やはり背筋を正して筋肉を働かせると腰が衰えません。

X脚・O脚(ガニ股)

脚の骨が完全な「垂直」にあると、少ない力で姿勢を保てます。X脚やO脚では脚の軸が曲がるため、力を使わないと姿勢を保てません。足腰が緊張して腰痛を招きやすいです。

姿勢の悪さ

姿勢が悪い人は、「生まれつき悪い」と考えます。良い姿勢のひとをうらやむこともあるでしょう。しかし、良い姿勢は「意識の問題」です。疲れますけど姿勢を正し続けましょう。

固定姿勢・同一姿勢

筋肉は動くときにポンプのように血液を送り出します。動かずに止まっているとポンプが働きません。血流が停滞し、足腰の関節や筋肉が次第に弱ります。

姿勢矯正・姿勢対策

姿勢では頭に着目します。頭はボーリング球よりも重いから。頭をまっすぐに保ち、安定させると肩や腰の負担を軽減できます。

腰痛になりやすい姿勢

人によって腰痛になりやすい姿勢は異なります。背の低い人は上を見上げ、腰を反らした姿勢で痛めます。背の高い人は下を見下ろし、腰を屈めた姿勢で痛めます。

良い姿勢

例えば自転車は止まっているときに最も不安定です。動いていると安定が増します。物体は一定の速度で動いているときが最も少ない力で安定するのです。

その他姿勢

立っているときに腰がつらくなったとします。軽く膝をまげて腰を落とす。1分間ほど背を丸く保ちます。すると、腰の疲労が抜けます。

案内ページ
店舗案内
案内サイドメニュー|アークス整体院
案内サイドメニュー|アークス整体院
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体