ぎっくり腰専門 アークス整体院

座り姿勢の腰痛対策|アークス整体院

結論:座位は、立位よりも働く筋肉が少なく、腰にとっての負担は大きい。

座り仕事の腰痛対策

座っているときには二つの姿勢を使い分けます。1つは背を丸めた姿勢で、筋肉を休めます。2つめは背筋を正した姿勢で、関節の負担を和らげます。

イス座位

座るときには骨盤が後ろに倒れた姿勢に気をつけます。後ろに倒れると背筋が丸くなるからです。骨盤を立てると背筋がまっすぐになります。

デスクワーク

可能な限り小まめに立ち上がりましょう。同じ姿勢が続くと腰の血流が滞るからです。立ち上がって足踏みをしたり軽い運動をすると血流が良好になります。

イスについて

背もたれのついたイスを使ってください。骨盤を後ろに倒さないように命一杯背もたれに密着して腰掛けます。お尻の真ん中の尾てい骨が座面に触れるとお尻が痛くなります

床座位

腰痛持ちの方は床に腰掛ける暮らしは避けるべきです。できれば洋式、イスを用いることが理想。とくに胡坐で腰掛けると背中が丸くなって腰痛が悪化します。

正しい座位

出来るだけ骨盤が後ろに倒れないように腰掛けます。骨盤を起こして背筋を正すこと。顔が肩より前に出ないように注意します。

座位全般

座ることは立つことよりも楽だと考えられています。ところが、立っているときの方が、骨盤の筋肉が働くため、腰椎に加わる負担は軽減されます。

案内ページ
店舗案内
案内サイドメニュー|アークス整体院
案内サイドメニュー|アークス整体院
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体