ぎっくり腰専門 アークス整体院

立位での異常姿勢について

結論:立っているときに腰が痛い人は、出来るだけ両足を開いて立つこと。足幅を広く取ると姿勢が安定し、腰の負担が和らぐ。

立位姿勢での腰痛

気がつくといつも片足に体重を預けた休めの姿勢をしていませんか?また、立っている状態を観察したときに膝が軽く曲がっている。こういった方は腰痛になりやすいです。



立位姿勢の腰痛の対策 s

立っているときの足幅に着目しましょう。足を開いて立つと安定が高まるので腰の負担が減ります。






側弯姿勢・くの字姿勢

武道では強い力を出すために「構え」を作ります。力が弱い人では、日常の場面で「構え」を作ります。強い力を出すために構えるため、体の片側に偏った痛みを起こすのです。



その他立位姿勢

腰痛は立ち上がるときに痛みが生じます。上半身が斜めになって局面に強い痛みを生じるのです。一旦立てば痛みが楽になるものが大半です。



腰痛と立位関連

腰痛は立ち上がるときに痛みが生じます。上半身が斜めになって局面に強い痛みを生じるのです。一旦立てば痛みが楽になるものが大半です。



案内ページ
腰痛と姿勢|アークス整体院
店舗案内
案内サイドメニュー|アークス整体院
案内サイドメニュー|アークス整体院
姿勢について
姿勢について
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体