ぎっくり腰専門 アークス整体院

腰痛職業問題

結論:仕事の腰痛は患ったものが「泣き」を見る。リスクは自分で回避しなければならない。

腰痛と仕事

腰痛に陥ったときに、「恐怖」を抱き、現実逃避を考える方もいれば、逆に「抵抗」、攻撃を示す人もいます。つまり会社を相手取って裁判を起こそうとお考えになられるのです。



腰痛患者と社会のギャップ

社会は腰痛に理解がありません。腰痛を持ちながら働くためには「理解ある職場」を探す努力も必要です。



腰痛による退職・解雇

腰痛の理解のない職場ですと、急な腰痛で休むことでクビにされることもあります。クビにされれば離婚に至ることも。職業選択を誤ると大変なことになります。



腰痛による休み・欠勤・休暇・復帰

お休みするときには、腰痛の理解が少ないことを前提に考える必要があります。ムダに長く休むとクビにされるので多少痛くでも最短の日数で復帰するのが一般です。



腰痛による進退・転職

腰が痛い。でも、今現在何とか働けてはいる。しかし、「長期的な視点」で考えることも必要。無理は長続きしません。腰を本格的に患い働けなくなる人もいるのですから。



腰痛持ちの力仕事への就職相談

現時点で腰痛をお持ちになられる方が、今後何十年も力仕事を続けることは難しい判断だといえます。職業訓練を受けて違う仕事を目指すことも検討してみましょう。



腰痛患者の職業選択

世間一般的には「軽作業」と呼ばれるものを行います。例えば商品の仕分け、交通量調査など、肉体の負担の少ない楽なアルバイトをします。



ヘルニア患者の職業選択

腰痛の中でも深刻なヘルニアでは、マイペースに働ける「ポスティング」が良いでしょう。食べて行くよりも自分のペースで体を動かしてリハビリついでに働きます。



腰痛持ちを雇用する会社経営者・事業主・上司

職場の上司が、腰痛持ちの方にお悩みになられることがあります。突然欠勤されてシフトに穴が開いたり、従業員さんの欠員にお困りになられます。



腰痛職業問題関連


案内ページ
腰痛と仕事|アークス整体院
店舗案内
案内サイドメニュー|アークス整体院
案内サイドメニュー|アークス整体院
腰痛患者の仕事
腰痛患者の仕事
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体