ぎっくり腰専門 アークス整体院

職場・仕事での腰痛対策

結論:腰痛は社会の理解が得られない。

腰痛と職場・会社

腰痛をお持ちの方は、どんな職場にも一人はおられます。一番困ることは「理解」が得られないこと。「甘えている。」とだけ思われたり、差別や偏見の目でみられがちです。



ドライバーと腰痛

ドライバーはデスクワークと違って、一旦走り出して渋滞につかまると休憩が思うように取れません。「腰が持つだろうか?」と、長時間の運転に心配をされます。



力仕事・肉体労働と腰痛

力仕事は若いうちは喜ばれます。手っ取り早く家族を養えます。しかし、加齢と供にきつくなる。そして熟年になって再就職に苦労します。そういったことは早くから想定しておきましょう。



農業の腰痛

低い姿勢を余儀なくされる農業、土をいじる仕事は腰を痛めやすいです。でも、「冷え対策」はできます。冷えを防ぐだけでも腰の痛みは軽減するはず。

立ち仕事の腰痛

立っているときには、体は前に倒れる力が常に働きます。倒れないように背中や体の裏面の筋肉を使います。なので、よくストレッチし、セルフマッサージを取り入れましょう。



腰痛ビジネステクニック

仕事は作業能率が低いと、休む時間が取れなくなったり、残業をしたりと無理を重ねることになります。作業能率を高められれば休む時間も確保できるのではないでしょうか。



職場での腰痛対策関連



案内ページ
腰痛と仕事|アークス整体院
店舗案内
案内サイドメニュー|アークス整体院
案内サイドメニュー|アークス整体院
腰痛患者の仕事
腰痛患者の仕事
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体