ぎっくり腰専門 アークス整体院

運動理論

結論:実施者が治療家から独立し、治療に「依存せずに済む」のが運動。

運動理論

「運動嫌い」というだけで、治療方法のうち、大半の選択肢を失います。運動は正しく行えば数年の歳月は掛かりますが、確実に効果が得られます



腹筋運動

多くの方がたるんだお腹にコンプレックスを抱きます。ところが、これを腹筋運動で改善しようというのは間違いです。(腰痛と腹筋の関係については別カテゴリーです。)



ストレッチの効果

ストレッチは一見するととても簡単。でも、細かな部分が重要になります。同じ動作をしていても、効果の出る人と、無駄な時間を費やす人がいます。



柔軟性の必要性

柔軟性はほんの1センチ改善するだけでも、スポーツスキルでも大きな差となります。それは柔軟性が安定に大きく関係し、安定すると強い力が出るからです。



ストレッチ理論

絶対にやってはいけないことは、反動を使って強引に「ギュッ」と筋肉を引っ張ること。筋紡錘というセンサーが反射を起こして筋肉を固くするからです。



腰痛患者の体操

テレビでは「この体操が良いですよ」、と様々なものが紹介されます。しかし、自分にとってどの動きが鈍くて、どの動きが得意なのかを見極めないと費やす時間が無駄になります。



レジスタンストレーニング基本

ウェイトや抵抗を用いる鍛錬法。ウェイトを持つ運動は「キツイ」と思いがちですが、実際には負荷調整次第で楽にできます。根気のない人にこそ向いています



レジスタンストレーニング理論・抵抗負荷運動

代表的なものに「ルーの3原則」があります。運動は適度に行うと発達する。やりすぎたり・不足すると衰えます。適度な方法も、いくつかの条件の元に行われる必要があります。



腰痛とスクワット

筋トレ効果はきわめて高いです。短時間で限界まで追い込めます。しかし、やり方を誤る方が多いので推奨しません。やりすぎてぎっくり腰になる人もいます。僕も過去になりました。



ウェイトトレーニングのコツ

筋トレにとりくんでみた。効果は実感できている。だから、もっと伸ばしたい!という方向けの方法です。例えば、インターバルの時間をたっぷりとる。すると、筋肉を限界まで追い込めます。



アスリート向けの内容

どうしたらトップアスリートになれるのだろうか?肉体を限界まで追い込んで筋肉を肥大させるには?競技ルールに抵触せず、合法的な方法で飛躍を遂げたい!



運動理論関連



案内ページ
腰痛改善の運動・ダイエット|アークス整体院
店舗案内
案内サイドメニュー|アークス整体院
案内サイドメニュー|アークス整体院
腰痛対策の運動・ダイエット
腰痛対策の運動・ダイエット
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体