ぎっくり腰専門 アークス整体院

腰痛の食事・栄養

結論:食事療法は長期的に腰痛を改善する。

腰痛と食事・栄養

食事療法といったら、そもそもは長期的な取り組みだと考えてください。昔のアニメ、ポパイがほうれん草を食べるように短期間で、見違えることはまずありません。



食事による長期的な腰痛対策

日本人に不足しがちな栄養素を3つあげることができますか?それだけ覚えていただければこのカテゴリーは成功だと考えています。



腰痛と飲み物

何を飲むのかというよりも、とにかく「温かいもの」を飲む。人の体の病気の大部分は冷えによってもたらされるのですから。家事でお皿洗いや洗濯などの水仕事をしたら、お茶で一息つきましょう。



ダイエットと食事

10代のダイエットは食べずに痩せようとする方法をとりがち。でも、30代を過ぎたぐらいから大きくリバウンドします。安易に絶食するのは止めましょう。



サプリメント

サプリメントは賛否が分かれます。でも正しい摂取の仕方を知らずに、賛否を論議することは無駄でしょうね。



腰痛対策とプロテイン

運動で体を鍛えている人がプロテインを飲むことは間違いなく効果があります。ただし、ボディービルダーのように飲みすぎるのは危険。肝臓を悪くします。






腰痛治療のカルシウム

カルシウムが骨の材料であることは、多くが知るところ。では、吸収を高めるためにはどういった方法がありますか?いくつ上げることができますか?



腰痛治療におけるお酒

「お酒はどうするの?」これは腰痛の患者さんからきわめて多い質問です。しかし、すでに、ご紹介したページを先にご覧になりましょう。読むのが面倒くさいのでしたら「禁酒」してください。SNSを使って一人ひとりに、一問一答しないと、理解が図れないのが酒飲みの質問です。酒が良い悪いではなく、「学ぶ」ことを覚えてください。



腰痛治療におけるたばこ

僕自身、過去にニコチン中毒だったことがあります。毎日タバコを1箱吸っていました。どうやって克服したのかをご紹介したい。実は健康を害したり、タバコ代以上の損失があったのです。



偏った食生活

偏った食生活をしていると、腰痛を起こすことがあります。例えば栄養が欠乏していて腰が痛くなることもあります。こういった例外に関しては、食事療法で短期的に改善することもあります。



糖質と腰痛

疲れたときには甘いものを食べたくなるはず。美味しいケーキをたらふく食べたい欲求は若い女性は多くがお持ちになる。人はなぜ甘いものを食べたいのでしょうか?糖質はいくらでも食べることができますよね。



腰痛と食事療法


案内ページ
腰痛の対応・対処|アークス整体院
店舗案内
案内サイドメニュー|アークス整体院
案内サイドメニュー|アークス整体院
ぎっくり腰の急性期の対応・対処
ぎっくり腰の急性期の対応・対処
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体