ぎっくり腰専門 アークス整体院

腰痛の早期対処

結論:セルフケアでは「納得」を求めないこと。「なんとなく心地よい」と思えるだけで十分だと考えよう。

腰痛のときのアイシング・冷やす処置

細胞は、一定の温度がないと活動できないといわれております。なので、冷やすことは細胞の活動を妨げて治癒を遅らせると近年考えられています。鎮痛には有効ですが、鎮痛だけなら、湿布など別の方法も選べるはずです。



ぎっくり腰ケア

皆さんがご自分で、ぎっくり腰をケアしようと思うのでしたら、どんなケアにも通じることですが、「気持ち良い」と思えるもの。心地よい範囲。快適だと思えることを行うようになさってください。人から「あれがいい」と言われても鵜呑みにしないでください。



腰痛ケアの考え方

どんな治療方法にも通じることですが、「限度」というものがあります。自分では「ちょっと物足りない」というぐらいに留めることが理想だとお思いになってください。納得するまでやることは、逆効果です。



間違ったケア

ぎっくり腰に陥ると、不安を紛らわそうとして、様々なことを行う傾向があります。熱い湯に漬かろうと考えたり、氷でキンキンに冷やそうとしたりする。不安を払拭し、排除しようと思う「執着」が痛みをさらに悪化させます。



腰痛の受傷早期のケアについて

管理者用ページです。ご覧いただく内容をご用意しておりません。




案内ページ
腰痛の対応・対処|アークス整体院
店舗案内
案内サイドメニュー|アークス整体院
案内サイドメニュー|アークス整体院
ぎっくり腰の急性期の対応・対処
ぎっくり腰の急性期の対応・対処
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体