ぎっくり腰専門 アークス整体院

腰痛と寝る姿勢について

側臥位の女性

著作者: ThalesEGO

結論:側臥位は、あお向けに寝たときの半分以下しか、布団と接さない。体の緊張が抜け難い。

仰向けの寝姿勢と腰痛

寝る姿勢の中ではオーソドックスな姿勢です。布団と接する面積が最も広いので体の緊張が抜けてリラックスしやすいです。腰が曲がっている人では膝を立てた状態で寝ると腰が休まります。



うつ伏せ(下向き)と腰痛

スプリングマットレスで寝ると腰を患います。うつぶせで腰が反ってしまうから。一晩中反り続けると腰の関節が炎症を起こし、痛くなります。



側臥位に寝る姿勢と腰痛

側臥位で寝続けると体が不安定で緊張が抜けません。抱き枕を使って体を安定させたり、膝を立てて仰向けに寝るなど楽に寝られる工夫をしましょう。



腰痛のときの寝方についてまとめます。

仰向けになって膝を重ねた布団や枕の上に乗せます。膝を立てたポジションを取ることが良いといわれます。



その他の寝る姿勢

介護の現場では、床ずれを防止するために2時間に1回、介助者が体位変換をさせると言います。同じポジションが続くと体重で圧迫された箇所の血流が途絶えてアザができます。



寝ているだけで腰が痛い

寝て腰が痛いときには「内臓の病気の疑いがある」と、腰痛の文献では紹介されることがあります。でも、横に寝そべるだけでなく、身ともにリラックスしないと痛みは強くなるものです。



腰痛のときの寝返り

人はじっと止まっていると血流が停滞し、コリを生じさせます。適度に寝返りをしたり、気がついたときだけでも右向きから左向きに変えるなど、体位変換に努めましょう。



※ふろく

ぎっくり腰がスプリングベッドで悪化したら?

ぎっくり腰で倒れた女性

「ぎっくり腰になったら、とにかく寝ろ!」
ネットを拝見すると、
もっとも多いアドバイスの一つです。

ところが、その通りに寝ているのに、
腰が余計に痛くなったとします。

このときにさらに検索してみると、
どうやらスプリングベッドが、
腰に悪いことを知ります。
スプリングマットレス

スプリングベッドは
新婚のときに買われます。

新居へと引越しの際に
奮発して購入
されたことです。

どうして悪化させるのか?
ぎっくり腰を悪化させてしまう理由としては、

スプリングマットレスが、
沈み込んでしまうから


こう記されます。
でも、医学界では、
どうやらスプリングベッドが、
腰痛の原因になることは、
実証されておりません。

つまり、スプリングベッドが、
ぎっくり腰を悪化させる根拠もなければ、
腰痛にとって良いという根拠もありません。

ではどうしてそのように言われるのか?
考えてみると、腰を痛めた患者さんは、
心理的に不安定です。

沈み込みの大きなスプリングマットレスは、

患者さんの不安を助長しやすい。

だから腰の痛みにつながるのではないか?
こう考えられます。

つまり、スプリングマットレスが
腰に悪いという説は、

ハッキリした科学の裏づけはなく、
心理的な影響に
留まるものだと考えられます。


少々の沈み込みの有無が、
腰痛にそこまでの差をもたらすとは
考え難いです。

マットレス内部の空洞による、
冷えがぎっくり腰を悪化させている。

では何が腰痛を悪化させてしまうのか?
はっきりとした医学的な根拠は
証明できませんが、
私が思うには、
腰痛に明らかな影響を与えるものは、

マットレス内部にある、
大きな空洞だと考えます。

マットレス内部の空洞

マットレスの中には空洞があります。
空洞には床からの冷気で冷やされた
冷たい空気が豊富にあります。

床に直接寝そべるよりは、
冷気の影響は受けませんが、
体温が、冷たい空気に冷やされます。

床と空洞、
空洞と体の間で、
熱の伝導が起こります。
床とマットレスの熱の移動
床は底冷えしています。
この冷気は、マットレス内部の空洞を冷やします。
空洞内部の冷えが、体温を奪い取ります。

寝ているうちに僅かな熱の漏れが続きます。

冷えは細胞の働きを妨げます。
冷えて固まった筋肉は
傷めた患部の治癒を妨げます。

ぎっくり腰の患者さんでは、
症状の悪化が起こりうるわけですね。

空間がつながっていると、
熱の対流が起こる。

ではどうして、このようなことが
起こるのでしょうか?

これはマットレス内部の空洞が、
一つにつながっているからです。

内部の空間が、
いくつかに「間仕切り」
されていれば、
まだ熱の漏出は少ないです。

でも完全に一つの空間なので、
内部でグルグルと熱が動きます。
そして、底冷えした床との間で熱の
移動が起こります。

なので、マットレスを
購入するときに内部が、
いくつかの層になっているものを
選ぶべきでしょう。

ぎっくり腰では、マットレスの上に
毛布を敷く、
マットレスの下にダンボールを敷く。

内部が区分されているものを
購入すると良いです。
ですが、今すでにぎっくり腰を患っていると、
今すぐに、どうこうすることはできません。

仮にネットで注文しても、
到着するのには
最短でも数日は掛かります。

またマットレスは高価で、
めったに買い換えられる
ものではありません。

これでは長期的に考える
問題となってしまいます。

では、現在ぎっくり腰を
患っている人は、
どういった対策を
するべきなのか?

このときには
マットレスの上に
毛布をしいてみましょう。

毛布を何枚か敷くと、
毛布内部の空気の粒が、
熱の対流を防止してくれます。

毛布の熱の断熱
図の茶色い層は毛布です。

毛布の上には体で温められた
温かい空気があります。

毛布の下には床で
冷やされた
冷たい空気があります。

毛布の内部には
空気の粒があります。
マットレスとは異なり、
空間がつながっていません。

なので、体から
熱が漏れ出すことを
防いでくれます。

体温が保温されて
漏れがありません。
腰の調子が安定することでしょう。

また、マットレスの下に
ダンボールを敷いてみることも
断熱として期待できます。
マットレスの下のダンボール
図では、マットレスの下に
ダンボールの茶色い層があります。
これが床や、ベッド下の
冷えを遮断してくれます。

また、マットレスの上にダンボールを
敷くこともできますけど、
寝心地が悪いので除外します。

どうでしょうか?
ぎっくり腰になったとします。

自宅のベッドで寝ていて、
腰の痛みが悪化したとします。
このときには

毛布を敷いてみる。

そうすると、ぎっくり腰の治癒にとって
少なからず良い影響を
与えるのではないかと考えられます。

腰の治癒がなかなか得られない方は、
一度試してみるとよいかもしれません。

寝姿勢関連



案内ページ
睡眠・寝る|アークス整体院
店舗案内
案内サイドメニュー|アークス整体院
案内サイドメニュー|アークス整体院
睡眠・寝る
睡眠・寝る
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体