ぎっくり腰専門 アークス整体院

腰痛症状

結論:腰痛の多くは患部を安定させることで、炎症があっても痛みが治まる

腰部関連症状

痛みの分野では、鋭く反射が起こる痛みを「一次痛」。ジワジワと後から遅れて起こるものを「二次痛」と表現します。どうやら慢性腰痛の患者さんでは本来二次痛のものでも一次痛と同じ反応が見られるようです。



動作時痛について

動いたときにだけ痛みが起こるのでしたら筋肉から由来するものが多く、立ち上がって安定している状態でも痛みが出るならば背骨の固いところを打ち付けていることもあります。



腰痛の症状の程度

症状が強いほど重症と考えてしまうもの。ですが、患者さんの痛みへの拒絶反応が大きい。また、神経の密なところを痛めているだけ。損傷の程度は多くは軽いです。



炎症症状

炎症は「知覚過敏」を起こします。しかし、過敏な箇所に刺激が加わらないように調整すれば、どんなに炎症が強くても痛みは起こりません。



神経症状

痺れとマヒと痙攣(つっている)のと、血管反射(血管がピクピクなる)は混同されやすいです。皮膚血管が痙攣しているだけのものを痺れだと訴える方は大勢います。



痒み症状

痒みは痛みを希釈(うすめる)したものだと思いましょう。急激に暑さや寒さにさらされると皮膚の神経がストレスを感じて痒みを起こします。足先は常に温度変化にさらされるためかゆくなりやすいです。



体の固さによる腰痛症

不安定な体勢や姿勢をとっているときに安定を保とうとして筋肉が働きます。このときに筋肉は緊張します。この緊張が体の動きを妨げて固くします。



腰部疾患による陰部・睾丸症状

睾丸は恐怖やストレスにさらされると縮み上がります。腰を患った恐怖心で縮み上がって陰部に不快感を訴えるものは珍しくありません。



疲労と腰痛

現代人にとって最大の疲労は、「退屈」です。仕事は分業によって成り立つので、単調な仕事が避けられません。ちょっとした工夫によって疲労は減ります。



疲労

「疲労」とは色んな場面で口にします。でもそもそも医学的にはどういったものでしょうか?テレビゲームではHP(ヒットポイント:体力)として数値化されます。体力に該当するものがあります。





案内ページ
腰にまつわる症状別メニュー|アークス整体院
店舗案内
案内サイドメニュー|アークス整体院
案内サイドメニュー|アークス整体院
症状別サイドメニュー
症状別サイドメニュー
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体