ぎっくり腰専門 アークス整体院

膝の仕組み

結論:膝を使う人ほど腰を痛めない。

腰痛と膝

日常生活で、低くに手を伸ばす場面があれば、必ず膝を曲げる動作を心がけてください。腰を曲げる人は腰を患います。



膝が痛くなる動作

膝を患う人の多くは、膝の症状が相当進んでから、治療院を受診されます。手術しか手段がなくなってから治療院めぐりをされる方もおられます。



膝痛仕組み

関節の軟骨が削れて剥がれ落ちて、炎症が起こるといわれることがあるのですが、多くの場合違います。座りすぎる日常が関係してます。



膝痛と筋肉

膝痛では筋肉によって引き起こされる痛みも珍しくありません。また、膝は筋肉が少ない部分なので冷えの影響を受けやすいです。



膝の関節軟骨

膝の関節は、動くことで呼吸をし、栄養を得ています。面倒くさくて座り続ける生活では、軟骨が弱ってしまいます。かといって急に激しい運動をしても弱った軟骨が壊れます。



膝の半月板

膝には半月板というクッションがあります。例えばスポーツで急にターンをする。膝をねじりながら曲げ伸ばしすると痛めることが多いです。



膝と足首・足関節・足底

膝を患う方では、足がO脚となっており。足の外側に偏った体重が加わっていることがあります。すると膝の内側の負担が増します。足首が安定すると膝も楽になります。



膝痛と肥満・体重・ダイエット

「体重を減らせ」と病院で指導されて、ダイエットに取り組む人は居ますが、間違ったダイエットによって症状が悪化する人は多いです。



膝痛心理学

特有の心理傾向があります。膝痛の患者さんは多くの人に嫌われます



膝関連|アークス整体院


案内ページ
腰痛の部位メニュー|アークス整体院
店舗案内
案内サイドメニュー|アークス整体院
案内サイドメニュー|アークス整体院
腰痛の部位別のメニュー
腰痛の部位別のメニュー
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体