ぎっくり腰専門 アークス整体院

下肢症状について

結論:足がつらい人は座り方を気をつけて。お尻の神経が圧迫される座り方をしてませんか?

腰痛と下肢症状

腰が痛いと、かばった動きをします。これによって足に痛みを来たすこともあります。まっすぐ立てなくなり、偏った姿勢になると足の筋肉も偏って使われて痛くなるのです。



腰痛と下肢

腰を患う方の歩き方を見ると歩幅が極端に狭くなっていることがあります。体が不安定だと歩幅が狭くなり、腰も患いやすいです。



下肢症状

明け方に急激に気温が下がると、冷えによって足がつることあありますので気をつけてください。



つまづきやすい

腰が曲がっていると足が上手くもちあがりません。簡単につまづいてしまうので、姿勢を気にしましょう。



下肢の痺れ・痒み・異常感覚

足がかゆい方、水虫だとお思いになられることが多いですが、実際にはかゆみは痛みの仲間なんです。足の神経が急に刺激されるとかゆくなることがあります。



下肢の疲労

足が疲れてくると、膝が棒立ちになります。棒立ちになると膝のバネが損なわれ、膝や腰を患いやすくなります。



ふくらはぎの症状

ふくらはぎが衰えると、お尻に痛みをもたらすといわれています。体の中では特に鍛えてもらいたいパーツの一つです。



脚長差

格闘技や野球では必ず右構え・左構えと、人それぞれの得意な構え方があります。この構え方の左右差が脚長差をもたらします。「力の弱い人」ほど構えを多用します。



下肢の対処

簡単に出来る対処法として座り方を意識する方法があります。骨盤が倒れたまま座ると足の神経を圧迫して不具合を起こすこともあります。



脚・足・下腿関連


案内ページ
腰痛の部位メニュー|アークス整体院
店舗案内
案内サイドメニュー|アークス整体院
案内サイドメニュー|アークス整体院
腰痛の部位別のメニュー
腰痛の部位別のメニュー
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体