ぎっくり腰専門 アークス整体院

ぎっくり腰の基礎知識

ページ結論:ぎっくり腰で救急車を呼ぶと、長期入院しか選択肢がなくなる。内容へジャンプ

ぎっくり腰の代表的な質問事項
ぎっくり腰の定義
医学系基礎用語

付録:ぎっくり腰は間違った対処により、
取り返しがつかなくなる人もいる。

このページでは、
ぎっくり腰になられた方の
「代表的な質問事項」
についてまとめております。
具体的な内容はそちらをご覧になって
いただきたいのですが、

ぎっくり腰では、とにかく間違った対処によって、
悪化をたどる人、取り返しのつかないことをされる方が
多いです。

そして、腰痛持ちの方の一部に
間違った医療機関の
対処によって
「手術」をされた方もおられます。

ここで代表的な誤りをお伝えすると、
ぎっくり腰に陥ったときに、
冷静さを欠いてしまい、
すぐに「救急車」を呼んでしまうことです。

自宅で寝て過ごせばよいものを、
知識のなさから救急車に
緊急連絡をする。

そして病院に「緊急搬送」されてしまう。
ところが問題なのは、
緊急搬送されたのことです。

現状の救急車は、
病院への「行き」専用です。

つまり、
「片道」しか、搬送してもらえません。

1回病院に搬送されてしまえば、
帰りは「自力」で移動しないといけません。

タクシーに乗って帰るのが大部分ですが、
ともかくベッドから起き上がって僅かにでも

自力で歩けないと、家に帰れないのです。

病院の病室はしんどいです。
腰が治るまで病室のベッドで寝て過ごす。

プライバシーのない場所で過ごす

数日間、何もやれることがない。
テレビを見るのすら
「有料」です。

「早く家に帰りたい!」

涙を浮かべながら、
そう思ってしまう。

そして、先生に言います。
「先生、いつになったら治りますか?」

医者はこう答えます。

「いつになるかは、
分かりません。」

途方にくれてしまう。
そして、患者はこう口にするのです。

「じゃあ、分かりました。
手術してください。」

こうして、十分な判断をせずに、
手術に踏み切ってしまうことがあります。

ここで大切なことは、
ぎっくり腰になって救急車を呼ぶと、

自力では帰れないということ。

閉塞された入院生活を
余儀なくされること。


精神的な消耗が著しいです。
安易に救急車を呼ばず、
少し様子を見ること。

経過を観察すること。

これが必要だと言えます。

腰痛基本事項
案内ページ
腰痛基本事項
店舗案内
案内サイドメニュー|アークス整体院
案内サイドメニュー|アークス整体院
基本知識|アークス整体院
基本知識|アークス整体院
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体