ぎっくり腰専門 アークス整体院

腰痛と心理的要因

腰痛と考え方

商売で優劣に左右するのはいかに無駄のない合理的な考え方をするかです。合理性に欠ける人は無駄なことをしていても、そこに気がつくことなく一生他人に搾取されます



腰痛とストレス

ストレスは目に見えません。しかし、人体にとって最も有害であり、病気や死を招くのも、みなストレスです。



心因性腰痛の特徴

「気のせいだろう。」、そう思うアナタ。心を患わない腰痛は一つもありません。



腰痛の心理的影響

ぎっくり腰の患者さんに「心が原因です」と言えば、確実にバカにされ信用を失います。だから言いません。しかし、安心させるだけで痛みは確実に半減します



腰痛治療の考え方

短絡的な考えを抱きやすい。例えば、一瞬痛みが治まれば治癒と思う。立ち上がり、痛いと「再発した」と言います。正しい考え方がないと治りません。



腰痛と思考回路・思考パターン

見下されている!嫌がらせを受けている。のぞき見られている。盗聴器をしかけられた。セクハラを受けた。お尻をジッの見つめられた。そんなアナタ!
世の中はアナタに興味がありません



腰痛と主義・思想・価値観

例えば、同性愛者は、異性を好きになりません。それは価値観だから。でも価値観に気がつかない人は、「病気なのだろうか?」と深く悩みます。



ストレスについて

「仕事だからストレスは避けられない!」いや、そんなことはありません。「ネット回線が遅い」のと同じです。予測すれば、工夫できます。



腰痛と恐怖

恐怖がなぜ腰痛に関係するのか?それは人の行動を変えてしまうから。腰痛持ちやヘルニア患者とは「恐怖症患者」であると断言します。



腰痛と心理関連

管理者用ページです。ご覧いただく内容をご用意しておりません。



案内ページ
腰痛の原因別
店舗案内
案内サイドメニュー|アークス整体院
案内サイドメニュー|アークス整体院
原因別サイドメニュー|アークス整体院
原因別サイドメニュー|アークス整体院
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体