ぎっくり腰専門 アークス整体院

腰痛と心理的要因|アークス整体院

腰痛と考え方

  1. 腰から離れた場所が原因となる腰痛の考え方治療では腰だけを見るのではなく東洋医学の考えにもとづいて全体を捉える必要がある。病気をみるのではなく病人をみることが必要
  2. 虫歯治療と腹痛治療からの間違った対策私たちは生きて行く中で様々なことを経験を通じて学習します。間違った学習を参考にしていることはたびたびあります。そしてそれが致命的になることもあるのです。
  3. 坐骨神経痛がしつこい理由は治療のモチベーションせっかく治ったと思ったらまた繰り返す。どうしていつまで経っても治らないのだろうか?
  4. 痛みを治したければ腰の症状に囚われてはダメ腰痛の治療ではその場の痛みを軽減する対症療法と、根本的な原因を改善する根本療法があり、両者を混同しているといつまで経っても治らない。
  5. 腰痛の対応で最大に心がけるべきこと腰痛の治療ではやりすぎに注意し、何事もほどほどに抑えることが不可欠。
  6. ぎっくり腰は発生は減らせるがなくならないぎっくり腰はディスユーズ・ミスユーズ・オーバーユースという3つの背景から構成され、発生を減らすことはできるが完全に防止することは人間技では不可能
  7. 腰痛習慣は分かっていても変えられない仕事や家庭の中で負担を蓄積して生じる腰痛、他人の面倒を受け持つのが仕事なので如何しても逃れることは出来ない。しかし、周囲の理解一つで大きく症状は変わる。
  8. 腰痛患者にとってのもっとも優しいアドバイス十分な知識を与えるためには何事も文庫本一冊200ページぐらいの内容を理解する必要がある。そんなに一遍には覚えられない。そんなときにはその都度不明なことがあるときに聞くことが良い。
  9. 腰痛の根本治療に絶対必要な考え方良いと思われる方法を片っ端から試そうとするのではなく、まず論理性に着目する考えが必要
  10. 腰痛とモチベーション仕事のモチベーションを高めるためには人を後押しする二つのモチベーションに着目しよう。
  11. 腰を大切にするとは?腰を動かさず甘やかすことではない。自分の責任の範囲で怪我に気をつけて厳しく鍛えることも必要。
  12. 腰痛治療を機械修理と考えるのは間違いか急性期治療では機械修理と考えないと治療家の成長がそこで止まってしまう。慢性期治療では内面的なケアを重視するべき。
  13. 腰痛対策の心がけについて腰痛対策では「なぜ腰痛になってしまうのか?」という自問自答を繰返すケースが多いが、意外にも低いところに手を伸ばすときに腰を曲げてしまっているだけのことが多く毎日繰返す動作を根負けせずにきちんと膝を曲げて足の力で持上げることが必要です。

腰痛とストレス

  1. ストレス腰痛の痛みの強さ精神的な不安や恐怖などからもたらされる腰痛
  2. 腰痛とストレス反応精神的なストレスがもたらす体への影響は大きく、現実に体に加わる力・体に加わるダメージよりもはるかに大きな悪影響を体に与え、心身を蝕んでしまう。
  3. ストレス腰痛を減らす処世術ストレス腰痛を減らすためには仕事で成功を収めようと必死になるよりも好きなことを仕事にするようにした方が良い。
  4. ストレス反応説腰部の痛みやお尻の痛みなど特定部位が決まって痛くなるひとでは日頃からなんらかの体のクセを持っており、その部位の神経ネットワークが密になっているため局部的に興奮性が高まって特定部位に痛みを引き起こしてしまうことがあります。
  5. 子育てストレスによる腰痛腰痛の中には子育てのストレスによって生じるものがある。特にお子さんのストレスでは子供に嘘を付かれたことに腹を立ててしまうことがある。
  6. ストレス腰痛の代表的な随伴症状胃腸不良や睡眠不足、頭痛などイライラしたときに見られる症状がもたらされる。
  7. ストレスを受けると痛みは強くなる痛みの発生には2つの条件がある。ストレスは疼痛閾値を低くして痛みを増強させる。
  8. ストレス反応と腰痛体の不調はストレスからもたらされることが多い。同じストレスでも人によって肩こりや膝痛など異なる病態を引き起こす。腰痛はその人特有のストレス反応のひとつでもある。
  9. 被暗示状態とストレス腰痛腰痛を患う人はストレスを感じやすいが、周囲の人に自分の話を聞いてもらえないこと。他人に認めてもらえないことに苛立ちを感じていることがある。しかし、話を聞いてもらえないことは決して学力や知識が不足しているからではない。
  10. 正直者は腰痛になる腰痛を患うものは絶対にウソはいけないと頑なに本音を言う。そして自責の念に駆られてストレスに病んでしまい腰痛に陥る。
  11. ストレスが不注意を招いてぎっくり腰を起こすストレスは心の悩みをつくり、些細なミスを連発させたり、判断力を鈍らせたり、悩みから長期的に体調を崩して腰痛を起こり安くする。
  12. 腰痛対策でのストレスとの向き合い方富を少しでも多く得ようとすると他人との争いが生じるためお互いにストレスによって消耗し合い、心病むまで不毛な争いが起こってしまう。最低限のものを求めるようにすればお互いに健康に共存できる。
  13. 精神的ストレスによる腰痛の根本的改善法精神的ストレスが腰痛を起すことは専門家なら異論を挟まない。ストレスは仕事に伴うことではあり減らすことは出来ないが、影響を少なくすることは可能。体力とストレスの感じやすさの関係に着目することが良い。
  14. ストレスによる腰痛を防止する方法:家庭内での会話男性は出来るだけ仕事の悩みを家庭に持ち込まないようにする。
  15. ストレスがぎっくり腰を招く仕組みストレスは疲労を加速させて、不注意を招く。
  16. 仕事でストレスを抱えるとぎっくり腰になりやすいストレスでイライラしたり、感情が不安定になると脳の痛みを調整する中枢が働かなくなって本当なら些細なものでも痛みを強く感じてしまうことがある。
  17. 痩せている人のぎっくり腰防止のストレスケア痩せている人ではチマチマしたストレスケアよりも定期的にドカンんと大きな爆発をさせるケアが大切

心因性腰痛の特徴

  1. 心因性腰痛の種類心因性腰痛の種類には精神病・神経症・境界型がある
  2. 心理腰痛の発生タイミング心理面から由来する腰痛では信じられないタイミングで痛みを発することがある。その発生のタイミングは2つ
  3. ぎっくり腰とがっくり腰の違いぎっくり腰は突発的な腰の痛み発作の総称、がっくり腰は心理的な要因で起こる特殊型
  4. 心因性腰痛は力みによって起こる心がなぜ痛みをもたらすのか?それは恐怖心が体の緊張を生じさせるから。
  5. 心因性腰痛の簡単な目安となる水平運動体を動かしたときに腰に痛みが出る。でも手足を床に沿わせた状態で水平方向に動かしたタイミング
  6. 普段は全く痛くないのは心理腰痛日常生活では全く痛みが表れないけれども、仕事や部活動など緊張する場面になることですぐ腰痛に陥ってしまうなら心理腰痛
  7. 本当は心因性腰痛なのでは?心因性腰痛の特徴
  8. 腰痛患者の症状自慢について承認欲求を満たしたいという人ほど自分の体の症状の重さを自慢されることがある。
  9. 心因性のものの特徴動作と一致しない痛みが特徴であり精神的ストレス緩和のためのリラクゼーション療法が有効なことがある。
  10. P心因性腰痛の性差は?女性に多い。だが、男性に少ないわけではない。男性にもある。そしてそれは結構な頻度。腰痛の正体は恐怖症でもあるから。

腰痛の心理的影響

  1. 心因性腰痛は甘えているのか?精神的な要因で引き起こされる過剰な緊張や恐怖心が原因して起こる腰痛は、患者が甘えていたり、お嬢様育ちだから陥ってしまうのだろうか?主婦で家庭に収まり何もしていないから起こるのか?
  2. 腰痛患者は甘えていない。痛みは無視できない感覚腰痛患者は客観的に見たときに甘えているようにしか思えない。しかし、そのように見えてしまうのには腰痛ならではの理由がある。
  3. 精神的緊張と腰の痛み緊張そのものが痛みを引き起こすこともあるが、それ以上に緊張が体の力みによる強張りを作り上げて、全身の衝撃緩和のバネとしての働きを損なわせてしまう。
  4. ぎっくり腰と心身ぎっくり腰を患うものは心と体のつながりを心身二元論としてみていることが多い。実際には切り離せるものではない。
  5. 良いということはすべて試したが治らない医療不信に陥っている可能性を考える必要がある。
  6. 感受性によるもの痛みの感じ方には個人差が大きい
  7. 心の囚われと腰痛の関係痛みへの不安や恐怖、周囲の奇異の目などへの心の囚われが極端な回避行動を生じさせて足腰の衰えに拍車を掛けてしまうことがある。
  8. 心理的な腰痛を招く思い込みについてストレスが原因で腰痛を起こすときには原因を特定することが必要。思い込みによって自分が重病だと信じていることが多い。
  9. 慢性痛患者にみられる「逃避―回避モデル」痛みが恐怖を招いて心の囚われが生じ、心の囚われが痛みを敏感にし、敏感になると恐怖心が強くなるというひとりでに症状が悪化を辿る悪循環を持っている。
  10. ぎっくり腰と心理・社会的要因多忙な仕事に追いかけられて仕事に対してのやりがいを感じられないと腰痛が悪化する。逆にやりがいを持って取り組むほど腰痛が少ない。
  11. 心理的な腰痛の判別心理腰痛は誰もが認めたくはないが、どのような痛みにも情動の変化は必ず伴う。本人が認めない限り絶対に治療が開始されることはない。心理腰痛は物的証拠がなく状況証拠の積み重ねしかないため治療が遅れやすい。
  12. 作業中に痛い痛いという腰痛患者の心理地味で単調な仕事が続くと人はウンザリして痛みを訴える。仕事にゲーム性を持たせるとなぜか痛みが治まることが多い
  13. いつまでも満たされない思いが腰痛を招く心因性腰痛の背景にある満たされない思い。どうして満たされないのか?その背景にあるエディプスコンプレックスについて。
  14. 腰痛心理学なぜ現代医学で腰痛が重視されるようになったのか。画像検査が無かった時代では、患部の中を見れなかったため原因が分からなかったが、画像検査で調べられるようになってもやっぱり分からない。だから目に見えないものは心理的なものだろうという考えに至った。
  15. 慢性腰痛は自信を失っている慢性的な腰の痛みを訴える方は実際には痛みではなく自信を喪失していることがほとんどであり、些細な日常動作で腰を患ってしまった経験からトラウマになっていることがある。

治療の考え方

  1. 治療の取り組みの姿勢について先生に治してもらおうという考えも大切だが、自分でも努力する気持ちが必要。受身になっていて誰かが治してくれるというものではない。
  2. 働きすぎて疲れたときの考え方儲かって沢山仕事がある会社では稼げるうちに命一杯稼ごう。
  3. どんな病気をも治す大事なこと病気を治そうという考えでなく、治ったらどんなことがしたいのかに目を向けることが重要
  4. 治療に望む考え方腕の良い先生を一生懸命にインターネットや口コミで探そうと熱心になることは良いが、特殊な技術を求めるよりも前にもっと自分で出来ることにも着目するべき。精神的な依存は甘え以外の何ものでもない。
  5. 考え方は?健康は自分で守る。しかし、正しい方向性には専門家は不可欠。
  6. 従来の医療の考え方一定期間様子を見て手術は誤り。安静は体の機能を低下させる。
  7. ぎっくり腰は、他人事ではない他人事のように思えてしまうことであるが20年前から人生で80%が経験すると呼ばれ、高齢化・少子化・機械化が加速される現代ではほぼ100%の人に関係する疾患となっている。決して対岸の火事だと思わず若いころから積極的に腰部を鍛錬することが求められる。
  8. 陥りがちな排他的活動患者の多くは、痛みや痺れなどの恐怖におびえ排他的活動を取りがちになる。着眼するべきものとは?   
  9. 心理腰痛治療の心がまえまず一発完治は最初から難しいためじっくりと時間をかけて取り組む必要がある。
  10. 生活習慣病改善の心構え|①基本3要素最も基本的な3要素は運動・栄養・休養です。

思考回路・思考パターン

  1. 慢性腰痛患者の思考傾向『痛い!痛い!』とおっしゃられるが腰の痛みの原因が何であるか知らず・・
  2. ぎっくり腰と思考パターン痛みにはストレスからもたらされる体の緊張が関係しており、間違った思考パターンによって些細なことで緊張を作って痛みを引き起こしていることがある。
  3. 危険回避思考レントゲンの画像所見の背骨の変形だけを指摘されても怖がるだけで、何もしなくなって逆に悪くなる。
  4. 自動思考に着目しよう精神的に疲れやすい人、ストレスを感じ安い人が気をつけるべきことが自動思考
  5. 心理的傾向患者は意志が弱い・・・心が弱い・・・怠けている・・・諦めている・・・精神が薄弱に思えてしまうが本当はとても心が強くイバラの道を敢えて選んでいるからこそ苦しんでいる。もっと楽に生きる方法について
  6. 認知の歪みストレスが腰痛を招くが、何でも感でもストレスを感じてしまう人もいる。ストレスを感じやすい人の多くで認知段階での歪みを持っている人は多い。
  7. 認知の歪みによるもの体の痛みをお持ちになられ通院治療をしている3割の患者にみられるのは認知の歪み。今回のメカニズムを覚えれば強力な催眠術を使えるようになります
  8. 慢性腰痛の思考慢性的な腰痛持ちでは頭の中が常に痛みのことでいっぱいになっており、それ以外のことを考える余裕がなくなってしまっている。
  9. 慢性腰痛患者にみられる全か無かの思考白黒ハッキリ付けることにこだわると治療は難航する

主義・思想・価値感

  1. 腰痛に絶対になる人の布団を使わない価値観布団を使うという当然の価値観が欠落していると腰痛になってもなぜなったのかすら分からないで困ることになる。
  2. 根本的な原因は価値感多くの場合陥ってしまう原因を分かっているが人それぞれの価値観によって着手することが困難に思えてしまっている。
  3. 姿勢の価値観姿勢に対しての価値感が背景にある。背中が丸くなるのは普通の姿勢であらず
  4. 価値観の溝陥る患者とそうでない方には大きな価値観の溝がある。
  5. 運動する人は変わり者という価値観多くの方にとって体を動かすというのは労働のことであり、町を走ったり一円にもならないことを軽んじている価値観のものに腰痛持ちが多い。
  6. 完璧主義と腰痛完璧主義な人はいいわけばかりで何事も行動を起そうとしない。中途半端なことや考えを変えることを許そうとしない
  7. 完璧主義は極端故に腰痛が治らず完璧主義は痛みを0にすることにこだわるため、0にならない治療は価値のないものだと判断し、結果的に極端な刺激の強い治療を求めるようになる。
  8. 優性思想と腰痛背が高い人だけがスポーツをするべきだ。男性は優れて女性は劣っている。高齢者は社会のお荷物だ。障害者は死んだ方が良い。などという優生思想の価値観は他人や社会的な衝突が大きくストレスを感じやすい。腰痛に陥る可能性が高い。
  9. 腰痛患者は精神論を軽視するインターネットや本など近年では情報収集をするツールは沢山あり、知識や技術を見につけることが容易になった。技術を重視するが精神性を軽視するようになる。精神論だけは人から直接にしか学ぶことはできない。
  10. 完全主義はストレス腰痛に苦しむ完全主義者ほど腰痛が長引き易く、痛みにこだわりすぎるために僅かにでも痛みがあれば許せない気持ちを抱く。また、1回で完治することをもとめたりと現実的な考えからかけ離れており、ストレスを抱えやすい。
  11. 腰痛治療におけるパターナリズムの弊害父権主義、相手のためを思って良かれと治療家が主体となって患者さんの治療を決めてしまうこと。本当に良くなったとしても患者さんにとって迷惑なだけのこともある。
  12. 仕事で忘れてはいけない価値観どんな商品やサービスを提供するときでも絶対に忘れてはいけないことがある。それは・・・・

ストレス

  1. BS-POP精神的ストレスがどれぐらい関与しているかを判定するテスト法、本を読んでいる中で役に立つと思ったので個別に記録しておきたいと思いました。どんなタイプのぎっくり腰でも痛みがあればストレスを感じないはずがありません。
  2. フィーリンググッド効果対人ストレスによって腰痛を患うことが多いが、ストレスを減らすためには人間関係そのものも大切だが、周囲の環境も対人関係に作用する。
  3. 子供の最大のストレス小さなお子さんの腰痛ではお子さんの最大のストレスであるお母さんを独占できない苦しみがある。
  4. 原因であるストレスの軽減について子育てにおけるストレスの緩和として考え方に着目する。
  5. パレイドリアパレイドリア(変像)によってストレスを感じてしまったり、認知に歪みを抱くことで普通の人なら気にならないような些細なことにストレスを感じてしまっていることが多い。
  6. 病院で精神的なストレスが原因と言われるケース精神的な虚無の状態になると快楽ホルモンのドーパミンの分泌が減って苦痛を感じやすくなる。
  7. 家庭のストレスを減らす方法夫婦円満に行くためには家庭でのイスの位置に気をつけてみよう。
  8. ストレスとの関係カルシウム不足はイライラしたり肝機能を低下させたり睡眠不足を招く。腰痛のキッカケとなりうる。
  9. ストレスロスに着目しよう現代人は効率を求め生産性をどれだけ高められるのかが大切となる。生産性を高めるためにはロスにも着目する必要がある。
  10. ストレスが背景となるものストレスは社会につきもの。身を焦がすほどのストレスとどのように向き合うべきなのか?
  11. 最大のストレスとは患者が抱える心の闇、生きているからこそ味わい続ける無限に続く地獄とは
  12. 精神的ストレスとの関係多くの人が認める精神的ストレス、実際には精神病になりかかっていることがあまりにも多い、心と体のつながりについて学習しよう。
  13. ストレスの考え方ぎっくり腰は疲労やストレスによってもたらされるがストレスの無い人間はおらず仮に全くなければ人は虚無となってしまう。
  14. 家族との生活によるストレスから由来する腰痛の改善方法親世代と一緒に暮らすときには加齢による身体機能の低下があることに配慮をする。

恐怖

  1. どういった恐怖があるの?最大の恐怖は無知、いつまでこの状態が続くのかと闇雲に不安を抱いてしまう。
  2. ぎっくり腰は恐怖体験による回避行動が再発をまねく 痛い経験をすると過度に恐怖心を抱いて極端な逃避反射、回避行動、動かない生活習慣を取るようになり腰痛を再発させやすくなる。
  3. ぎっくり腰の恐怖最大の恐怖は無知であること。予期せぬことなので全く心の準備が出来ていないため不安を抱く
  4. 想像力が腰痛を起こす人は知らないことを過度に恐れ、不安を抱くもの。最悪の想像をすることでストレスを蓄積して腰を患うこともある。
  5. 無知からの脱却について腰痛患者の最大の問題点は無知から過剰な恐怖心を抱いてしまうこと。恐怖心の多くは学習によって克服することができる。
  6. 腰痛患者の運動の恐怖について足腰が衰えると歩くときのバランスが不安定で転倒の恐怖から運動療法が出来ない。
  7. 転んだら骨折しそうで怖い高齢者に多い骨折は手首、腕の付け根、股関節、背骨の4箇所です。

料金施術料金や出張料金などはこちらから

口コミ多くの方にご利用いただいております。口コミは、どんなに自慢しても手前味噌なので控え目にご案内します。

総合案内ページここから案内ページを辿っていただくと分かりやすいです。

良くある質問概要はクリックしてご覧ください。

施術内容可能な限り丁寧に施術を行うように心がけております。

適応範囲腰の痛みなど幅広いものに対応してますのでご相談をください。

お断りするものまずはご相談をください。

店舗アクセス都営大江戸線の「落合南長崎」、もしくは西部池袋線の「椎名町」駅から徒歩で来院できます。

ご予約前の諸注意可能な限り丁寧・真摯に対応しますのでご安心ください。

店舗案内事務的内容・店舗案内

今日の一言治療とは関係のない、その日思いついたこと。思ったことを、思ったままに書き綴るページ。

最新ページ最近書いた内容を書き溜めておく場所

基本★基礎知識編、★痛み科学

原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

重点ページ

※特に力を入れて書いたページ(登場人物はすべてフィクションです)

  1. 池袋 ぎっくり腰〔ぎっくり腰で立てない〕理由脊柱が硬直し、柱のようになる。背中を丸められないと、体がテコでいう不利な状態になってしまう。足に体重移動ができないため立てない。
  2. 板橋区 ぎっくり腰〔30代漫画家男性のぎっくり腰〕長時間腰掛けて漫画を執筆する男性、座り続けると筋肉の協調性が損なわれてわずかに歩いただけで腰を患うことがある。
  3. 渋谷区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰の一番の恐怖とは?〕いつまでこの痛みが続くのか、先が見えない痛みの不安が、人を恐怖に駆り立ててしまう。
  4. 千代田区 ぎっくり腰〔トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった〕便秘がちの女性では排便に力を使い果たしてぎっくり腰を起こすことがある。潔癖症で便座に腰掛けられない人は腰を患う。    
  5. 荒川区 ぎっくり腰〔子育てと仕事でぎっくり腰になった〕荒川区の男性。生まれたばかりの子供は短時間睡眠を繰り返す。そのため睡眠不足から腰の筋肉が痙攣してしまう。
  6. 杉並区 ぎっくり腰〔建築デザインをする男性のぎっくり腰〕東京オリンピックに向けて建設ラッシュが続く中で過労からもたらされたぎっくり腰だった。関節可動域が明らかに低すぎるケース
  7. 北区 ぎっくり腰〔仕事の出張でぎっくり腰になった〕荷物を持上げてぎっくり腰になる典型。しかし、軽い荷物でも、自分の体重を含めた重量に着目する。上半身の重みが一番の凶器
  8. 台東区 ぎっくり腰〔中国人観光客、モンファさんの症例〕言葉が通じない外国人であっても決して失礼は許されない。ぎっくり腰の治療はコミュニケーションは必須です。
  9. 豊島区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰のときの寝返りの方法〕両手両膝を持上げたり、テコのように使うと楽に寝返りが打てる。介護テクニック
  10. 文京区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰になったらどうするのか?〕慌てて救急車を呼ばないように気をつけましょうね。冷静になることがまず必要です。
  11. 中野区 ぎっくり腰〔生後間もない赤ちゃんの抱っこでぎっくり腰になった〕抱っこのしすぎでぎっくり腰になった症例。背中の僧帽筋から由来する症状だった。
  12. 練馬区 ぎっくり腰〔車から降りるときにぎっくり腰になった〕車から降りようとして腰を捻ってぎっくり腰になった症例。仕事の出張の出発直前に腰を痛めてしまう。
  13. 世田谷区 ぎっくり腰〔腰方形筋によるぎっくり腰〕ブラジルから帰化した江川さん。小屋暮らしの貧しい少女時代だった。日本での忙しい日々でぎっくり腰を患う。
  14. 目黒区 ぎっくり腰〔子育ての疲労によるぎっくり腰〕まさかの40代での第三子の出産、ようやく外で働けると思った矢先の出来事だった。子育ての過労からぎっくり腰になる。
  15. 新宿区 ぎっくり腰〔座っているとお尻が痛くてたまらない〕お尻の中殿筋に筋スパズムが生じたものがある。痙攣した筋肉は股関節を曲げることで引っ張られると強烈な拒絶反応を起こす。
  16. 江東区 ぎっくり腰〔スチュワーデスのぎっくり腰〕長いフライトの最後で腰を痛める。話ぶりから、単なるぎっくり腰ではなく、心因性腰痛であることがわかる。
  17. 港区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰予防に必要な栄養素は?〕鉄分やたんぱく質も大切だけどそれ以上にカルシウムが必要。カルシウムは日本人全てが不足しているから。
  18. 足立区 ぎっくり腰〔ブロック注射で治らないぎっくり腰を改善した〕藤田さんの症例、脊柱起立筋が痙攣を起していた。ブロック注射でも直らないが筋肉の末梢牽引で痙攣は取れた。
  19. 墨田区 ぎっくり腰〔3歳の娘を抱っこしたらぎっくり腰になった〕体重の24%を上回ると腰を痛めるリスクが高まる。ところが3歳ぐらいで24%に達してしまうためぎっくり腰になった。

料金施術料金や出張料金などはこちらから

口コミ多くの方にご利用いただいております。口コミは、どんなに自慢しても手前味噌なので控え目にご案内します。

総合案内ページここから案内ページを辿っていただくと分かりやすいです。

良くある質問概要はクリックしてご覧ください。

施術内容可能な限り丁寧に施術を行うように心がけております。

適応範囲腰の痛みなど幅広いものに対応してますのでご相談をください。

お断りするものまずはご相談をください。

店舗アクセス都営大江戸線の「落合南長崎」、もしくは西部池袋線の「椎名町」駅から徒歩で来院できます。

ご予約前の諸注意可能な限り丁寧・真摯に対応しますのでご安心ください。

店舗案内

今日の一言

最新ページ

基本

原因別

部位別

症状別

睡眠・寝る

対応・対処

運動・ダイエット

仕事

姿勢

息抜き用

東京都

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰

◆店名:

アークス整

◆所在地:

東京都豊島区
南長崎
3-15-12
402

◆最寄り駅:

・西武池袋線
「椎名町(池袋駅から1駅)」、

・西武池袋線
「東長崎」、

・都営大江戸線
「落合南長崎」、

◆ぎっくり腰の緊急依頼
→電話番号
090-2413-0651

重点ページ

※特に力を入れて書いたページ(登場人物はすべてフィクションです)

池袋 ぎっくり腰ぎっくり腰で立てない

板橋区 ぎっくり腰30代漫画家男性のぎっくり腰

渋谷区 ぎっくり腰ぎっくり腰の一番の恐怖とは?

千代田区 ぎっくり腰トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった

荒川区 ぎっくり腰デッドリフトで腰を痛めた30代男性

杉並区 ぎっくり腰建築デザインをする男性のぎっくり腰

北区 ぎっくり腰仕事の出張でぎっくり腰になった

台東区 ぎっくり腰中国人観光客、モンファさんの症例

豊島区 ぎっくり腰ぎっくり腰のときの寝返りの方法

文京区 ぎっくり腰ぎっくり腰になったらどうするのか?

中野区 ぎっくり腰生後間もない赤ちゃんの抱っこでぎっくり腰になった

練馬区 ぎっくり腰車から降りるときにぎっくり腰になった

世田谷区 ぎっくり腰腰方形筋によるぎっくり腰

目黒区 ぎっくり腰子育ての疲労によるぎっくり腰

新宿区 ぎっくり腰座っているとお尻が痛くてたまらない

江東区 ぎっくり腰スチュワーデスのぎっくり腰

港区 ぎっくり腰ぎっくり腰予防に必要な栄養素は?

足立区 ぎっくり腰ブロック注射で治らないぎっくり腰を改善した

墨田区 ぎっくり腰3歳の娘を抱っこしたらぎっくり腰になった