ぎっくり腰専門 アークス整体院

腰痛と個別筋|アークス整体院

背筋

個別の脊柱起立筋が沢山寄り集まって背筋を構成します。



下後鋸筋

背中と腰の境目にあるインナーマッスルの一つです。背中がつらいときに患う筋肉として多いです。



多裂筋

脊柱起立筋の中でも骨格の軸となる部分を支えている筋肉であり、ほとんどの腰痛に随伴して罹患する筋肉の一つです。



腰方形筋

腰の左右偏った痛みを来たすときに患うことが多い筋肉の一つです。



腸腰筋

沢山の筋肉の中でも、多くの治療家に着目されている筋肉の一つです。



大腿四頭筋

多裂筋と同様に、ほとんどの腰痛で大腿四頭筋に何らかの障害をみます。



ハムストリングス

立って前屈したときに手根(手のひらの付け根)が床に届かない人はまず罹患していると考えるべき筋肉です。



中殿筋

足を引きずって歩いているように見える人、ドラム缶が歩いているような印象の人、ロボットのような動きの人に罹患が考えられる筋肉です。



臀筋群

ペッタンコな扁平尻をしている人は要注意です。



腰痛と腹筋

腹筋運動については別カテゴリーです。病院で「腹筋を鍛えなさい」と指導された人は要チェックです。



その他個別筋

筋トレが苦手な人でも、全身の残された筋肉を活用できればきっと筋肉不足を克服できます。



腰痛を起こす筋肉に関連する内容

管理者用ページです。ご覧いただく内容はご用意しておりません。



案内ページ
店舗案内
案内サイドメニュー|アークス整体院
案内サイドメニュー|アークス整体院
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体