ぎっくり腰専門

中野区の出張の整体はアークス整体院へ
ぎっくり腰と重心の関係

ぎっくり腰は力を有効に発揮できないことで生じる。
したがって重心を意識する。
重心とは

  1. 体があらゆる方向に自由に回転しうる点、
  2. 身体各部の重量が相互に平衡である点、
  3. 基本矢状面・基本水平面・基本前頭面の3つが交差する点。

出張整体とは?


辛いぎっくり腰。
患ってしまったときには何とか治療を受けたい。
そうお考えになられるものです。
最寄の病院や治療院に駆け込みたい。
でも、腰が余りにも痛い。
痛くて通院すらできない。
このようなことは意外にも多くあります。
こんなときに役に立つのが出張整体です。

自力で通院することが困難な方、
小さなお子さんがいる方、
ペットを預かってくれる人がいないとき、
などとても重宝します。

ところが、出張整体は意外に知られておりません。
自然治癒までひたすらに寝る。
10日以上自宅で寝て過ごされる方は多いです。
受診される方の中には
『ぎっくり腰を患って10日以上寝たきりでした・・・
仕事も行けません。
大変でしたよ。
ようやくこうして通院できるようになったんです。』
と仰られる方もおります。
『でも出張整体があるんですよ。』
このように御伝えしますと
『それは気がつかなかった・・・
誰か教えてくれれば利用したんですけど・・・』と
知らずに寝たきりでいた。
想定外で諦めてしまう方もおられます。
出張整体に考えが至らない。
それほど冷静さを失ってしまう。
それがぎっくり腰でもあるのです。
もしも身の回りでそういった方がいた。
そのときには一言教えてあげると喜ばれることでしょう。

ぎっくり腰と重心の関係

中野区の皆様方、
ぎっくり腰を防止したいですよね。
そののために重心についてお話させていただきたいと思います。

ぎっくり腰と言いますと、
つい体力のひ弱な女性や、
高齢者のなってしまうもの。
力仕事をする男性がなるもの。
このように限られた方にだけ起こるイメージを抱いてしまう。
しかし、そうではない。
意外なことに力仕事とは無縁の方にもおこります。
例えばデスクワークに多く発生します。
しかし、一番大きな側面は力学的な要因です。
そして力学ではもっとも重要なことがある。
無視することができないのが重心です。

力を有効に使えないことでぎっくり腰が起こる。

重心がどうしてぎっくり腰に関係するのか?
それは力を有効に使えないから。
力を使えないからぎっくり腰が起こります。
力が不利に働く。
すると、ぎっくり腰が起こってしまう。
こういうものだと思ってください。

重心の条件①体があらゆる方向に自由に回転しうる点

では重心とは具体的にはどういうものか?
いくつか条件があります。
これから上げてゆきましょう。
重心は目に見えないものです。
それ故に無視されてしまいがち。
ですが理解しておくと正しい動きの目安となることでしょう。

1つ目の条件ははこれ。
体があらゆる方向に自由に回転しうる点

例えば鉄棒です。
図をご覧になってください。

鉄棒で回転するとします。
両手を伸ばした状態から図の円に沿うよう回転する。
前方でも後方でも良いです。
回転することはできますでしょうか?
猿ならお手のもの。
ですがきっとできません。
これは持っている握り部分と、
体の比重の最も重たい部分が離れているため。
図は例え話であり本当に実施しないでください。
怪我をするリスクがあります。

ところが次の図をご覧ください。

この図のようにヘソ下が鉄棒に密着する位置。
こうなるとかなり多くの方がグルンと回転できます。
後はお尻を持上げたり足を振上げる動作のタイミングです。
タイミングさえ合えば成人の体力ならばできるはずです。

このように両者を比較する。
このときに明らかに回転しやすいところにある。
それが重心であると思ってください。

腕力が幾らあっても直線的な力で回転運動にはならない。

物体は回転運動をすることで力の方向を集中させるできます。
そして重たい胴体を自由自在に動かせます。
手足が幾ら筋肉がモリモリでも回転しなければダメ。
直線的な動きでは効率的な動作にはできません。

例えば柔道や重量挙げの選手のように筋肉がムキムキだった。
それなら腕力で胴体を引き寄せることができます。
ですが、せいぜいしがみつく程度です。
胴体を僅かに数十センチ動かすぐらいでしょう。
発生させられる力は直線的です。
加速が付きません。
だから何も利用につながりません。

回転運動を発生しやすくするためにロンベルグ肢位を取る

大きな胴体をコマのように素早く回転する。
だからこそ加速によって強い力を生じさせる。
これによって思う存分に動くことができるのです。

ぎっくり腰を患ってしまう方には共通点があります。
それは家事や仕事で水平に回転している。
水平回転を重視したスタンスを取っている。
足幅を狭くしたロンベルグ肢位を取っております。

ロンベルグ肢位
ロンベルグ肢位とは足幅のスタンスを極端に狭くすること。
コマの軸のように機敏に回転する。
回転することを重視した構えです。
多くの方が多忙な毎日を過ごされている。
『手足が何本も欲しい』
こうお思いになられることだと思います。
そのときには無意識に自由自在に回転させられるポジションを選ぶ。
重心位置の安定したポジションを無意識に選ぶ。
ためにそのようになっているのです。

ロンベルグ肢位は水平に対応、縦回転には向かない

ところがロンベルグ肢位は問題点があります。
水平に回転するのには向いています。
ですが、縦回転をするのには不利だということ。

問題になるのは水平回転を重視したポジションのときです。
このまま急に腰を屈める。
すると不安定になります。
だから安定を保つために腰の筋肉が過剰に緊張する。
緊張した筋肉が抵抗となる。
抵抗が動きを妨げてしまう。
このまま無理矢理動くと腰の負荷となる。
結果的にぎっくり腰をもたらすわけです。

ロンベルグは水平には良いです。

ところが縦に回転する前屈ではとても不安定。
安定を保つために腰の筋肉に緊張が生じます。

この緊張が抵抗となる。
そして腰に負荷を与えぎっくり腰が発生するわけです。

縦回転に対応したオープンスタンスに変化する

ではどうしたら腰の負担を軽減できるのか?
ここでは足幅を前後に大きく開いてみる。
オープンスタンスを取っていただくことです。

足幅を広くして安定を高めます。
すると前後に腰を屈める動作が楽になるはずです。
体を回転しやすいスタンスを取っているときには、
重心が安定している。
こう思っていただければと思います。

②身体各部の重量が相互に平衡である点

次の条件を挙げますと、それは
身体の各部の重量が相互に平衡である点
です。

左右均等に立っているとします。
このときには各部の重量は相互に平衡が保たれております。
安定が高い。
ですので足腰の筋肉が力まずとも立ち続けられます。
この状態が続けば疲労度は少ない。
そして、ぎっくり腰の発生を防止できます。

動くことで左右の重量の平衡が変化し、胴体を傾けて補う。筋肉の不均衡を生じさせる。

ところが立ったままでは何もできません。
必ず動きます。
動けば左右の重量が変わります。
左右に偏りが生じます。
だからそれを補うために筋肉に緊張を強いるのです。

左手を持上げると体が右に傾く
例えば片手を持上げます。
すると左右の重量が不均衡になります。
左腕が外に出た分だけ左半身に体重が偏る。
無意識で偏ったバランスを立て直そうとする。
そして胴体を右に傾ける。
こうすることで均衡を保とうとします。
するとどうでしょうか?
右足に体重が乗っております。
だから左足を軸に体を回転させることができません。

右半身が緊張する
右足に体重が乗る。
この状態を保つために右半身に緊張が生じます。
すると常に右半身に肩こり、腰痛、膝痛などが起こる。
数多くの不調を来たすようになります。

多くの方の不調をみると必ず左右どちらかに偏って発生します。
そういったことがあると思います。
ですが、それはその方の偏った体の使い方によるもの。
日頃の些細な体の使い方を見直してみましょう。
そうすると重心の偏りを生じる何かがあります。
ですので意識して修正していくことが大切です。

女性は骨盤の横幅が広いため、体重を片足に預けて補うことが多い

こういった左右の偏りを意識してみます。
すると身の回りにいる女性の多くに偏りが見られます。
『クネンクネン』
と、体を常に片側に傾けている。
こうして過ごしていることを目の当たりにするはずです。

これは手を動かしたときの体重の偏りが細身ほど大きいから。
特に女性は出産に備えてもともと骨盤の横幅が広いです。
だから体勢を傾けるのにより大きく体重移動をしないとなりません。
細身ほど上半身をクネンと反対側に無意識に傾けます。
これにより片側に不調を引き起こしやすいわけです。
線の細い人ほど偏りが大きくなる。
このことをまずは意識してください。
偏り補うために左右を上手に使いましょう。

③基本矢状面・基本前頭面、基本水平面の3面が交差する点

次の条件としましては、
基本矢状面・基本前頭面・基本水平面の3面が交差する点
になるということです。

基本矢状面
基本矢状面とは正中線に沿って体を左右に分断する面のこと

基本水平面
基本水平面とは体を上下に2分する面

基本前頭面
基本前頭面とは体を前後で二分する面のこと。

これらの3つが交わるところに存在するのが、回転運動の軸となる重心となるわけです。

矢状・水平・前頭面の交差する点
3つの面が交差する部分にあるのが重心です。

座っているとき、寝ているときでも重心は高さや位置が異なります。
ですが3つの面が交差するところに安定の要である重心がある。
こう思ってください。
そうすると安定状態を知るための目安となることでしょう。

そして、ぎっくり腰の防止を図る上では、重心位置を

  1. 低くする
  2. 体の中心に来るようにする

これが安定を高めて余計な足腰の負担を軽減します。
そのために不可欠。
こうお考えになっていただければと思います。
それでは最後までご覧になってくださいましてありがとうございました。

中野区とぎっくり腰

東京都の中野区と言えば有名なのは哲学堂公園です。
野球場やテニスコートもあります。
周辺には散策路もある。
気分転換にはもってこいの場所です。
哲学と言いますと物知りのウンチクのようにも思えてしまう。
無駄というイメージを抱かれる方もおられるかもしれません。
ですが、意外にも思うかもしれません。
成功を手にしている方が学ばれている学問でもあります。
この場所には哲学の道があります。
この道を進むことで体を動かすこともできます。
そして哲学を学ぶ機会を得ることができます。
当院からも程近い場所にある。
ジョギングのときには何度も立ち寄ります。
中野区は全般的に下町という印象があります。
ビルが立ち並ぶ都会とは少し様相が変わります。
ですが新宿や渋谷に程近い。
都会で遊びたい、
都会に憧れて上京される人、
そういった方が多く暮らされております。
中野区からぎっくり腰のご依頼は多数いただきます。
ホスト、
飲食店経営者、
など夜の仕事に従事されている方が多かったです。
中野区は電車での移動には比較的不自由します。
むしろ自転車が重宝するエリア。
ですから多くの方が通勤で自転車を利用します。
そのためなのか週末になると足腰に疲労を蓄積してしまう。
そしてぎっくり腰を患う方が多くいらっしゃるのです。
早めに体のメンテナンスを受けていただくことが大切でしょう。

力学

  1. 防止における重心の考え方柔道や体操では頻繁に耳にする重心、一般人では無頓着なことが多い。
  2. 安定性年をとって足腰が衰えてしまったと考える方の多くが意外にも力学的に不安定な状態で過ごしている
  3. 体がふらついてすぐ腰痛になる安定性が低下して腰の負担が増加するから。
  4. 一軸法で安定を養い腰痛を防ぐ腰の筋肉が立位の安定を保つときに働くほど腰痛を起こす。安定を高めると力を使わないため柔らかな腰の筋肉が保たれ、衝撃に強くなる。腰痛も起こらない。
  5. ベビーカーの押し方腰が引けて手だけで押すと腰を悪くする。
  6. テコとの関係重たいものを持上げようとするからなるのではなく、腰を深く屈めることでテコのアームの距離が延長されることで生じる。
  7. 陥り易い腰が引けた動作について『腰が引ける』というのは腰部の変形を表す言葉ではなく、緊張や恐怖のあまり慎重になり過ぎることで両手を遠くに延ばして相対的に手から腰の位置が離れてしまっているために、物を持ち上げるときなどに腰に充分に力を入れられなくなってしまうことを言う。
  8. 正しい腰部の荷重バランス椎体8.5、椎間関節1.5の8.5:1.5の比重になることが良い。
  9. スペースの広さと腰痛スペースが広いほど腰痛になり難く、狭いほど腰痛になりやすい
  10. ぎっくり腰防止で見直すべきは安定性安定性を高めると少ない力で立位姿勢を保てるため腰周りに余力が生まれぎっくり腰が減ります。
  11. 腰の力の有効な使い方対象物を腰に密着して扱うと力がしっかりとつたわる。またボール投げなどでは体を反対方向に反動を使ってから伸展・側屈・水平回旋・屈曲と可能な限り沢山の筋肉を動員するようにすることが良い。
  12. 軸捻力と腰痛の関係背骨は駒でいうところの軸のように回転する。人体では様々な方向に背骨は動くため背骨は椎骨が24個連なって各部で背骨に加わる力を分散して局所に力が偏らないようにしている。軸捻力を保つために必要となるのが椎間板であり、椎間板の内部の髄核が芯として機能する。デスクワークなど悪い姿勢を取り続けていると芯が歪んで軸捻力が失われて局所に負担が集中してぎっくり腰を起こしてしまう。
  13. ぎっくり腰にならないための力の使い方腰を入れた動作の重要性について
  14. 腰痛になりやすい人のスタンス相撲取りのようなどっしりと腰を落として足を開いたワイドスタンスは安定性と力の発揮に優れるが直線的な動きにかぎられてしまう。フィギアスケーターのようなクローズスタンスは機敏な動作ができるだ安定性が悪く力の発揮が弱い
  15. 姿勢でもっとも重視するべきが重心重心が偏移するとバランスを保つために悪い姿勢を取って腰を痛めます。

原因別

きっかけ①スポーツ、②生活場面、③交通事故・怪我、④家事労務、⑤クシャミ、⑥共通

腰痛メカニズム●原因概要、●腰痛メカニズム、●筋肉メカニクス、●ボディーメカニクス

ヘルニアヘルニア(●新説、●過去説、●運動、●きっかけ、●気をつけたいこと、●症状、●対応、)

椎間板、腰部脊柱管狭窄症椎間板(●腰痛と椎間板、●腰部椎間板)、腰部脊柱管狭窄症(●狭窄症、●症状、●対応)

坐骨神経痛①●坐骨神経痛、●筋トレ・運動、●筋肉、●判別が必要な病気、●股関節疾患の判別、●仙腸関節障害との関係

坐骨神経痛②●兆候、●一般症状、 ●随伴症状(坐骨神経痛だけの特有のものでない症状)、●対応、●セルフケア、●生活習慣、●医療機関の実情

持上げ動作●きっかけ、●持ち上げ・持ち運び、●持上げる方法、●無理のある考え方、●考え方、●持上げる仕事、 ●抱っこ腰痛)

体型●やせ型の力学的要因、●痩せ型、●肥満、●その他体型

力学●力学、●慣性、●偏り

筋肉(総論)●筋肉と腰痛、●深層筋、●筋肉全般(腰痛と関係しないもの)、●筋肉量、●腰部筋群

筋肉(個別筋)●背筋、●下後鋸筋、●多裂筋、●腰方形筋、●腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)、●大腿四頭筋、●ハムストリングス、●中殿筋、●臀筋群、●腹筋、●高齢者と腹筋

内科●内科・内臓、●心臓・血管・脈管系、●胃腸、●糖尿病・血糖、●自律神経(交感神経・副交感神経)、●呼吸器系、●風邪・感染症、●遺伝、●その他原因、●原因が分からない

高齢者関連●腰痛の仕組み、●腰痛対策、●筋肉・筋力、●その他、●骨粗しょう症

女性・子供●月経・生理、●女性、妊娠、●産後、●子供

心理①腰痛(考え方、ストレス、心因性の特徴、心理的影響)、●治療の考え方、●思考回路・思考パターン、●主義・思想・価値感、●ストレス、●恐怖

心理②●怒り対策、●感情、●対人関係、●防衛機制、●不安、●心理分析、●メンタルケア、●その他心理、●行動指針、●精神病、●脳医学

自然●季節・時期・自然要因、●寒さ、●暑さ、●朝方・早朝、

店舗案内事務的内容・店舗案内

最新ページ最近書いた内容を書き溜めておく場所

基本★基礎知識編、★痛み科学

原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

重点ページ

※特に力を入れて書いたページ(登場人物はすべてフィクションです)

  1. 池袋 ぎっくり腰〔ぎっくり腰で立てない〕理由脊柱が硬直し、柱のようになる。背中を丸められないと、体がテコでいう不利な状態になってしまう。足に体重移動ができないため立てない。
  2. 板橋区 ぎっくり腰〔30代漫画家男性のぎっくり腰〕長時間腰掛けて漫画を執筆する男性、座り続けると筋肉の協調性が損なわれてわずかに歩いただけで腰を患うことがある。
  3. 渋谷区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰の一番の恐怖とは?〕いつまでこの痛みが続くのか、先が見えない痛みの不安が、人を恐怖に駆り立ててしまう。
  4. 千代田区 ぎっくり腰〔トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった〕便秘がちの女性では排便に力を使い果たしてぎっくり腰を起こすことがある。潔癖症で便座に腰掛けられない人は腰を患う。    
  5. 荒川区 ぎっくり腰〔デッドリフトで腰を痛めた30代男性〕仕事の休日の日にトレーニングジムで体を鍛えようとして逆に腰を患ってしまう。
  6. 杉並区 ぎっくり腰〔建築デザインをする男性のぎっくり腰〕東京オリンピックに向けて建設ラッシュが続く中で過労からもたらされたぎっくり腰だった。関節可動域が明らかに低すぎるケース
  7. 北区 ぎっくり腰〔仕事の出張でぎっくり腰になった〕荷物を持上げてぎっくり腰になる典型。しかし、軽い荷物でも、自分の体重を含めた重量に着目する。上半身の重みが一番の凶器
  8. 台東区 ぎっくり腰〔中国人観光客、モンファさんの症例〕言葉が通じない外国人であっても決して失礼は許されない。ぎっくり腰の治療はコミュニケーションは必須です。
  9. 豊島区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰のときの寝返りの方法〕両手両膝を持上げたり、テコのように使うと楽に寝返りが打てる。介護テクニック
  10. 文京区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰になったらどうするのか?〕慌てて救急車を呼ばないように気をつけましょうね。冷静になることがまず必要です。
  11. 中野区 ぎっくり腰〔生後間もない赤ちゃんの抱っこでぎっくり腰になった〕抱っこのしすぎでぎっくり腰になった症例。背中の僧帽筋から由来する症状だった。
  12. 練馬区 ぎっくり腰〔車から降りるときにぎっくり腰になった〕車から降りようとして腰を捻ってぎっくり腰になった症例。仕事の出張の出発直前に腰を痛めてしまう。
  13. 世田谷区 ぎっくり腰〔腰方形筋によるぎっくり腰〕ブラジルから帰化した江川さん。小屋暮らしの貧しい少女時代だった。日本での忙しい日々でぎっくり腰を患う。
  14. 目黒区 ぎっくり腰〔子育ての疲労によるぎっくり腰〕まさかの40代での第三子の出産、ようやく外で働けると思った矢先の出来事だった。子育ての過労からぎっくり腰になる。
  15. 新宿区 ぎっくり腰〔座っているとお尻が痛くてたまらない〕お尻の中殿筋に筋スパズムが生じたものがある。痙攣した筋肉は股関節を曲げることで引っ張られると強烈な拒絶反応を起こす。
  16. 江東区 ぎっくり腰〔スチュワーデスのぎっくり腰〕長いフライトの最後で腰を痛める。話ぶりから、単なるぎっくり腰ではなく、心因性腰痛であることがわかる。
  17. 港区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰予防に必要な栄養素は?〕鉄分やたんぱく質も大切だけどそれ以上にカルシウムが必要。カルシウムは日本人全てが不足しているから。
  18. 足立区 ぎっくり腰〔ブロック注射で治らないぎっくり腰を改善した〕藤田さんの症例、脊柱起立筋が痙攣を起していた。ブロック注射でも直らないが筋肉の末梢牽引で痙攣は取れた。
  19. 墨田区 ぎっくり腰〔3歳の娘を抱っこしたらぎっくり腰になった〕体重の24%を上回ると腰を痛めるリスクが高まる。ところが3歳ぐらいで24%に達してしまうためぎっくり腰になった。

力学

防止における重心の考え方

安定性

体がふらついてすぐ腰痛になる

一軸法で安定を養い腰痛を防ぐ

ベビーカーの押し方

テコとの関係

陥り易い腰が引けた動作について

正しい腰部の荷重バランス

スペースの広さと腰痛

ぎっくり腰防止で見直すべきは安定性

腰の力の有効な使い方

軸捻力と腰痛の関係

ぎっくり腰にならないための力の使い方

腰痛になりやすい人のスタンス

姿勢でもっとも重視するべきが重心

原因別

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板、腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然

店舗案内

最新ページ

基本

原因別

部位別

症状別

睡眠・寝る

対応・対処

運動・ダイエット

仕事

姿勢

息抜き用

東京都

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰

東京都豊島区南長崎3-15-12 402

◆ぎっくり腰の緊急依頼
→電話番号
090-2413-0651

重点ページ

※特に力を入れて書いたページ(登場人物はすべてフィクションです)

池袋 ぎっくり腰ぎっくり腰で立てない

板橋区 ぎっくり腰30代漫画家男性のぎっくり腰

渋谷区 ぎっくり腰ぎっくり腰の一番の恐怖とは?

千代田区 ぎっくり腰トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった

荒川区 ぎっくり腰デッドリフトで腰を痛めた30代男性

杉並区 ぎっくり腰建築デザインをする男性のぎっくり腰

北区 ぎっくり腰仕事の出張でぎっくり腰になった

台東区 ぎっくり腰中国人観光客、モンファさんの症例

豊島区 ぎっくり腰ぎっくり腰のときの寝返りの方法

文京区 ぎっくり腰ぎっくり腰になったらどうするのか?

中野区 ぎっくり腰生後間もない赤ちゃんの抱っこでぎっくり腰になった

練馬区 ぎっくり腰車から降りるときにぎっくり腰になった

世田谷区 ぎっくり腰腰方形筋によるぎっくり腰

目黒区 ぎっくり腰子育ての疲労によるぎっくり腰

新宿区 ぎっくり腰座っているとお尻が痛くてたまらない

江東区 ぎっくり腰スチュワーデスのぎっくり腰

港区 ぎっくり腰ぎっくり腰予防に必要な栄養素は?

足立区 ぎっくり腰ブロック注射で治らないぎっくり腰を改善した

墨田区 ぎっくり腰3歳の娘を抱っこしたらぎっくり腰になった